2019年01月12日

朝から美術館で

 ちょっと事情があって、せっかくだからということで朝から美術館に行くことにしました。お目当てはこれ。
2019011201.jpg

 ところが、娘の作品が展示されているらしい情報をさとから聞いたものの、前日に確認したところそうではないのだとか。なんということだ。別の作品展に出展したということだったらしい。

 ではせっかくだし、こういうのでも見てみるか。21美なんて、超久しぶりだし。
2019011202.jpg

 ところが、開館が9時からだと思っていたのに、なんと10時からだった! しかも、チケットをただでゲットしてしまってから気づく。う〜ん。でも、日々いそがしいというか、することいっぱいいっぱいで追い詰まっている感じがするからこそ、朝から美術館ってのもいいんじゃないかなぁ。娘の作品がなくても、いろいろといい作品はたくさんあるだろうし。

 そこで開館までの間、チケット売り場から見えるプールを見る。このプールも美術作品のうちです。
2019011203.jpg

 開館すれば、そのプールの下に入れます。
2019011204.jpg

 もちろん、上から見ることもできます。
2019011205.jpg

 この部屋も作品。この日は晴れていましたが、雨が降れば部屋にも雨が降り込みます。晴れた冬の日の寒さが部屋を満たしているのですが、茶色の部分の石材は座るとぬくもりが伝わってきます。静かに座って、しばらく天井を見上げていました。
2019011206.jpg

 場所柄これさえも美術品に見えてきます。でもこれは、エレベーターの底部だったりします。
2019011207.jpg

 ついでにこれも見てきました。詳しくはこちらから。宇治野宗輝やザイ・クーニンの作品に、特に強く見入ってきました。ただし、公式サイト内の写真と同じような展示にはなっていますが、全く同じではありません。特にザイ・クーニンの船は写真とは異なり、白い壁の展示室で展示されているので、写真とは全く異なる印象を受けるはずです。
2019011208.jpg
posted by てつりん at 21:33| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月09日

stay with me?

 わたしの記憶が正しければ、ユーミンのことを最初にちゃんと知ったのは、オールナイトニッポンの土曜日でした。もしかしたらそれ以前から、松任谷由実という人物名だけは知っていたのかも知れないけれど、80年代にたくさんあった歌番組にはまず出なかったから、たぶん知らなかったんだと思う。

 では、オールナイトニッポンを最初に知ったのはいつ頃なんだろうかと。確実に聴いていたという記憶があるのが、月曜日のデーモン小暮と、金曜日の鴻上尚史。鴻上尚史については、月曜から金曜までのパーソナリティの中で、唯一何をしている人なのかがわからなくて(当時)、なんだか気になってた記憶があるなぁ。ドラクエの曲に歌詞をつけて、歌ったりしてたよ。

 ちなみにわたしの記憶が確かならば、月曜日から金曜日まではこんな感じでしたよ。思い出せるってことは結局、全部聴いてたってことだな。ここの読者様とわたしが、同時代だったって接点はあるのかなぁ。
月曜日:デーモン小暮 でも、その前に中島みゆきがいたってことは、聴いてた頃に知ってた
火曜日:とんねるず
水曜日:小泉今日子 または 藤井郁弥
木曜日:ビートたけし でも、本人があんまりいなかった記憶がある
金曜日:鴻上尚史
土曜日:松任谷由実

 そしてちゃんと調べてみたところ、藤井郁弥と鴻上尚史は同時代ではなかったことを知る。あと、大槻ケンヂは2部のイメージがあったけど、1部だったんだねぇ。2部というと土曜の2部は川村かおり(当時)で、ロシアじゃなくてソ連の話をよくしてたのを覚えている。その後川村カオリが亡くなったと聞いたときは、名前の表記が当時と違っていたために同一人物だと思えなかったのか、なんだか信じられなくて、ショックだったなぁ。

 さて、なんでANNの話なのかといいますと、長く土曜の夜に君臨したユーミンですよ。ファンクラブのサイトで、過去の会報が以前から少しずつ、順にアップされています(会員じゃないと見られません)。で、ここ最近は、ユーミンを聴くようになった頃のものがアップされるようになってきていて、よりおもしろいのですよ。例えば、ANNの放送を苗場からやってた話とかね。そこに、ファンクラブのスタッフもいて、アイランドの STAY WITH ME が流れてきた(つまり放送が終わった)とかね。

 アイランドの stay with meって、すっかり忘れてましたよ。カラオケで歌ったりしてたのに。すっごい名曲。イントロのギターのリフがまた、せつなかっこいい感じ。


 それにしても沖縄のバンドだって認識はなかったなぁ。またそのうちに、カラオケにでも行くか。行くヒマがあるかどうかはさておき。そして曲名の表記をあれやこれやと直しながら書きましたが、全部大文字と全部小文字、そしてStay with Meってのの3通り、バンド名もアイランドとisland、Islandの3通りがありました・・・。密林で手に入れようとすると、island の stay with me になっているジャケットが表示されますが、文字は全部大文字です。これを書くきっかけになった会報(1992.5.28発行)の表記によると、「エンディングの曲、アイランドの『STAY WITH ME』が流れます」だそうです。
posted by てつりん at 22:29| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月06日

おいしそうなランチを探して

 結局土曜日の夜は、廃村ネット探訪で更けていきました。何をやってたんだか。楽しかったけどね。

 さて、白紙状態で迎えた日曜の朝。会社で仕事を始めて間もなく、ひらめきました。頭のなかの「行ってみたいお店リスト」に書き加えられ、その後3〜4年は忘れられていたであろう店の名を! その名はビストロレガル(お店の公式サイトへ行けます)。

 う〜ん、ホームページを見てもおいしそうだ。しかも、内容の割にかなりリーズナブル。これは行くしかないな。入店したらマダムたちがいっぱいで、おっさんひとりで行くのは場違いな気もしないでもない感じがしたけれど、お店そのものは肩肘張る感じではない。落ち着いた、ゆったりとした時間が流れていきそうです。しかも日曜でもランチをやっている! そのなかでも、魚のランチを頼んでみました。

 大根が入ってるんだって。でも、言われなければわからないというか、ほんのり甘くて優しい感じの味です。
2019010601.jpg

 続いてはサラダ。ドレッシングはフレンチだそうです。きっと自家製に違いない。もっと食べたいくらいでした。
2019010602.jpg

 そしてメイン。魚はスズキとサーモン。魚の皮をこんなにおいしいと思ったのは、もしかしたら初めてかも知れません。ソースには山椒が入ってるんだったかなぁ。パンとライスを選ぶことができますが、ここはパンで、ソースを余すとこなくいただく。様子を見て、パンのおかわりを聞いてくれました。
2019010603.jpg

 最後は220円追加で、この日は5種類だったかから選べるデザートのひとつ、チョコテリーヌ。これが220円追加でいただけるなんて。もし単品だったら、コーヒーとあわせて600円でも驚かないレベルですよ。
2019010604.jpg

 ちなみにこれで、1600円です。舌にもお腹にも、心にもおいしいものを食べるって、いいものですね。ひさしぶりにそんな気分を味わった気がします。
posted by てつりん at 22:49| Comment(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おいしそうなランチを探して廃村へ

 非公式な仕事始め第2日目に向けて、そしてさらに翌日の公式な仕事始めに向けて、きょうはいいところでランチを食べる計画を立てようとしました。

 まずはグーグルマップ。会社の近くを表示させ、拡大してこれは!と思う飲食店を片っ端からチェックします。大通りから1本入るだけで、よさそうなお店が現れるものなんだねぇ。未知の飲食店を複数発見したものの、ここへ!という決め手にかけたまま時間が流れていきました。

 そうこうするうちに地図は山奥へ。この蕎麦屋は過去に行ったことがあって、いいお店なんだけど、今回はあくまで未知のお店を狙いたい。大学の頃だったかに気になっていて、後日行った山奥のお店はどうなっているかと調べたら、すでになくなっていました。印象的な名前の店で、確かプレスリーとか、貴重な洋楽のレコードがたくさんあったはずなんだけど。カレーがうまかった気がするんだけど。

 別のルートをさらに山奥へ進むと、以前到達したものの道路崩落のためだったかでそれ以上は奥へ進めなかったダムよりも、さらに奥へ進めることがわかりました。やるなぁ、グーグルストリートビュー。
2019010605.jpg

 わたしの記憶が確かなら、祖母はかつてこの界隈で生まれ育ったらしいけれど、そこは今ではダムの底らしいです。しかも、どのダムかも今となってはわからないし、いつまで住んでいたのかもわからない。どんなに最近のことと推測しても、戦後間もなくまでの話だと思う。父が生まれたのが1947年で、その頃には駅近くで商売をしていたはずなので。でも今思うと、祖母の姉妹は川を下るってわけじゃないんだろうけれど、川沿いの道を市街地方向へ下っていった先のエリアに住んでいたなぁ。

 さらに進んだその先には、分校の閉校記念碑がありました。閉校したのはわたしが生まれるよりも前のことで、たぶん地域の地名なんだと思われる校名にも聞き覚えがありませんでした。で、調べたところ、廃村探訪サイトにたどり着いたのでした。

 廃墟紹介とか、廃墟探訪サイトってありますよね。例えるならば今の軍艦島に対する視点のような、貴重な文化遺産や、そこに確かにかつて存在した人々の暮らしに敬意を払うスタンスのサイト。一方、肝試し実況レポのような、薄気味悪いところに行ってきました系のサイト。どっちかというと後者の視点のものや、そっち寄りのサイトばかりのイメージがあったので、ちょっと新鮮な視点でした。しかも古い地形図や古書などから、往時の集落の模様まで紹介していたり、大学の先生が登場したりと、なかなかアカデミック。今は誰もいないけれど、ここにはかつて、確かに人々の暮らしがあったんだよと。

 山を分け入っていくような知識や経験、体力がないので、廃村に行ってみたいとは思わないなぁ。そもそもうちの家訓は「山をなめるな」と定められていたはず(笑)。でも、多くの廃村に残された離村の碑に記された文は、読む人の心を揺さぶるものがありましたよ。離村して、何十年も経った平成の世になって、当時を知る高齢者が立てたようなものにもまた、こみ上げてくるものがありました。もしかしたらわたしのルーツも、どこかの廃村にあるからかもしれません。


 あれ? 結局ランチはどうなったの!?
posted by てつりん at 22:35| Comment(0) | 仕事っぽい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月05日

すべらない仕事始め

 うちの会社は一応、カレンダー通りの休みです。一応ね!

 というわけできょうは、非公式に仕事始めでした。いや、きのうはせっかくの平日休みだったから、出勤するのがもったいなくってねぇ。きょう出くわした同僚には、意味ないんじゃないみたいなことを言われたけれど、正月休みが3日までなのと4日までなのの違いですよ。年末年始の連休が1日長くなるかならないかの違いですよ。大事なことですよねぇ。4日に何をしたってわけでもないんだけど、今年の目標は健康第一で。そのためには適度に休むというか、休むときには徹底的に休むようにしていきたいのですよ。

 そんなわたしを横目に、娘は人生初のスキーを楽しんできたらしいですよ。うらやましいねぇ。丸1日(実質4時間)のレッスンに食事、スキー一式とリフト券がついて5000円ですよ。同じことを苗場で大人がやったなら、2万くらいコースじゃないのかなぁ。よっしーは、雪遊びエリアを満喫していました。
2019010501.jpg

 なおわたしは、スキーしてない歴30年以上になりますね。スキー場に通う歴なら、10年以上になるというのに(爆)。今のところ最後に滑ったスキー場がまだ残っていて、そこで娘が人生で初めて滑ってきたというのもなんだか不思議な感じがするのです。
posted by てつりん at 22:11| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月04日

新春早々

 うちのデミオに気になる点があったので、いつものマツダ販売店へ行ってきました。ちなみに気になる点というのは、これ。去年の終わり、30日あたりだったかからのことでした。
2019010401.jpg

 レンチマークが点灯するのは点検やオイル交換の時期を示していたり2万km走行で燃料フィルターの水抜きが必要だったりすることは知っています。でもさぁ、点検とオイル交換は書いてないけどつい先日、12月の終わり頃に行ったはずなのだ。水抜きは去年の夏に、敦賀の販売店でやってもらっているからまだまだのはずなのだ。

 ちなみにこのレンチマーク、自分で設定して、いつ点灯させるかを決めることができます。○か月後でも、走行○kmでも、どっちでも。正直最初は販売店がご丁寧に3000kmにしてあったので、5000kmにしたことがあったくらいだし。ちなみに今回については、オイル交換のときに再設定をしていなかったみたいで、オフになってました。なので今回は、6か月と4500kmに設定しておきました。

 というわけで、自分で直そうと思ったんだけど、正直よくわからないというのが本音。しばし、販売店でまったりします。おめでたい感じの箱ティッシュをいただきました。
2019010402.jpg

 ところで上の写真をよく見ると、これまで見たことのなかったお菓子が。マツダ特製クッキー(仮称)だ。クッキーではなく、個包装の袋にプリントされているので、もしかしたらCX-5・・・だよね? もしかしたらそれ以外の車種もあるかもしれません。

 結局のところ原因は、オイル交換をしたという情報を、きちんとクルマに反映させなかったことによるものだったかな。つまりこの一件からは、自分で設定できるタイミング以外でも、隠しコマンド的にメンテナンスの時期(レンチマークが点灯する時期)を設定できるってことだと解釈したんだけど、どうなんだろうか。便利な機能満載で、わたしのような者にとってはものすごいハイテクカーだと思っちゃうんだけど、ハイテクすぎてちょっと窮屈というか、ちょっと面倒。そんなことを初めて、思ったのでした。
posted by てつりん at 22:38| Comment(0) | デミオ(4代目DJ型) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月03日

2018年12月 月例報告

 もう昨年のこととなってしまいましたが、先月はこんな感じでお越しいただいておりました。この場をお借りしてではありますが、厚く御礼申し上げます。

1.Yuming Surf & Snow in Naeba Vol.32 399(1)
2.カテゴリ:プレマシー(2代目CR型) 79(2)
3.デミオにおける適切なスマホ環境について 37(3)
4.簡さんのお茶 29(ー)
5.[mixi]ウォルドルフ人形 製作日記5日目 29(13)
6.カテゴリ:試乗記・クルマ談義 26(ー)
7.2018年11月 月例報告 24(ー)
8.カテゴリ:粉瘤との戦い 23(9)
9.カテゴリ:手作り 22(4)
10. カテゴリ:北野食堂全品制覇への道 21(8)

※アクセスが同数でも、訪問者数の差で順位が上に来ている場合があります

訪問者数 949(11月 903)
ページビュー数 5,609(11月 3,263)


 結局、ずいぶん昔の苗場の記録が1位を取り続けた2018年でした。今年、2019年が Vol.39なわけで、ということは2012年のものですよね。2013年も2014年も2016年も2017年も2018年も行ってるということを思うと、なんだか不本意なのですがそれはそれでしょうがないか。まぁ今年も行きますので、ちゃんと記録は残したいと思います。

 ところで、ふと気になったので、3枚ほど貼っておきます。
2019010301.jpg
画像の出典はこちらから

2019010302.jpg
画像の出典はこちらから

2019010303.jpg
画像の出典はこちらから

 いつの間に、「Yuming Surf & Snow」の部分が、全部大文字になったんだろうと思ってね。とりあえず昨年のチケットによると小文字(Vol.32の表記と同じ)なんだよね。というわけで、ユーミンの情報というとここ。調べたところ、Vol.35〜37は大文字。それ以前は基本小文字なんだけど、Vol.27だけは大文字。Vol.29 は、「Yuming SURF & SNOW」と、ちょっと別のパターン。

 まぁ、だからどうだって言うんだよ! のコーナーでした(笑)。今月もこんな感じで、たわいのないことを不定期に書いていこうと思います。
posted by てつりん at 16:28| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月02日

初売りに行ってきた

 お年玉をいろいろといただいたちびっ子たちの行くところということで、近所の家電量販店に行ってきました。

 このお店、かなりこぢんまりとしているのですが、じっくり見ると特定のカテゴリーの商品に特化している感じがすごい。例えばおもちゃとか。もうちょっと詳しく書くと、なにげにガンプラの品揃えがすごいんだけど、プラモデルの量の割にクルマのプラモデルが少ない。レゴの品揃えが少ないけれど、プラレールの品揃えは多い。きっと、効率よく売場づくりをする目利きみたいな人が、スタッフにいるような気がしてならない。

 いろんなアクシデントがありました。長女が、買いたい物がないというのに買い物はしたいという展開から、家で2個めの人生ゲームを買ったり。長男を見ていろと言われ、その間に一緒に相談しながらおすすめトミカセレクション3台を選んだのに、「そんなの買うって言ってなかったでしょ〜(いやオレは聞いてないけどね)」と、さとに却下されたり。

 で、わたしもこれを買いましたよ。最後の1台だったので、なんとなく直感的に。ホントはスポーツカーにハマっている長男のために、トミカ3台セレクションを選んだ際の最初の1台だったんだけどね。3台で900円だったんだけど、1台だけ。
2019010202.jpg

 なんで2019初詣往復切符の半券も一緒に写っているのかというと、番号が偶然2355(日産ゴーゴー)だから。でもステッカーを貼るには老眼なのかわからないけど目がやばいので、ついでに指先もヤバイので、そのままになっています。
posted by てつりん at 18:03| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

あけましておめでとうございます

 タイトルだけでなく、本文でもあけましておめでとうございます。

 いきなりですが今年の抱負。無理のないように、とにかく健康に気をつけて1年を乗り切りたいと思います。

 そんなことを思うのは、正直去年の年末というか12月あたりに、ちょっとやばいかなってものを感じたから。そうねぇ、かつてあったのの入り口のようなものを見た気がしたよ。あとは31日に、ちょっと近所の自販機に行っただけなのに、闇の中で力いっぱいコケた。思わず路上で「痛い〜」とうめいてしまった。ところが、幸か不幸か、その場には誰も通りがからなかった。とりあえず痛かっただけで、今も痛いけど、それ以上でもそれ以下でもないんだけど、なんとなく気をつけたいと思ったのでね。

 なお「健康に気をつけて」の部分には、働きすぎないということも含まれています。昨年は更新頻度が低すぎた。いまだに昨年の振り返りが書けてないくらいだし。そんなわけで今年もぼちぼちいきますよ。


 ところで、新春恒例の初詣に行ってきました。新年早々クルマに乗るってのがあんまり好きじゃないので、ことしは全行程公共交通機関で。
2019010101.jpg

 写真は帰りに乗った電車です。バス→電車→バス→神社と乗り継いで出かけました。帰りはもちろん、その逆で。
2019010102.jpg

 運転士さんの真後ろでした。でも、よっしーはそんなに興味がなかった感じだったなぁ。
2019010103.jpg

 いつも行く神社で、何度も見ていたはずの景色なんだけど、「元帥伯爵東郷平八郎謹書」って書いてあります。すぐそばに、いよいよ高校受験の甥っ子がいたので、「東郷平八郎って知ってるか?」って話を振ろうかと1mmくらいだけ思ったけれどやめた。地域の総合テスト(志望校選びの参考になると言われている)で、150点くらいだったらしいからね(爆)。
2019010104.jpg


 というわけで今年もよろしくお願いいたします。ここを御覧の皆様にも、よいこと満載の1年でありますように。
posted by てつりん at 17:28| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月31日

2018年10大ニュース(3位〜1位)

 きょうは3位から1位まででございます。


【3位 ナガシマスパーランドのプールに行く(8月)】

 正直、こういうレジャー施設のプールには行きたくないと思っていました。だってさぁ、取引先とかと出くわすのが面倒でねぇ。さらに言うと、だらしない樽ボディをわざわざ披露しに行く理由がない(爆)。でもねぇ、どんな心境の変化か、行ってもいいかなって思ったんですよ。だから3位。

 ちなみにわたしのなかでも家族のなかでもかなり好評だったので、個人的には来年以降も行っていいかなって思ってたりします。そうねぇ、お昼ごろに、唐揚げとかレンコンチップスとかフライドポテトとかでビールを飲んで、そのまま昼寝ってのが最高にたまらない。夜は敷地内に、結構いいお風呂もあったし。ただ娘たちは、隣接する遊園地も気になっている感じでしたね。


【2位 疲れからくるものなのか、驚きのミスを頻発させる(秋以降)】

 「驚きのミス」が何だったのかは、言えるわけないですね。でも、今振り返ると、なんでそんなことをしたのかとか、なんでその程度のことを見落としたのかと思うようなことばかりです。ミスってそもそも、そういう性質のものだと思うけどね。

 まぁ、勤務時間の長さについては相当やばい水準だったのです。支社長から警告まで受けていますから。ただ、言い訳するわけじゃないけど、わたしの勤務時間には数字のマジックみたいなものは一切ない。もし何かあったときには、下手に数字をごまかしてたりするほうがよっぽどまずいと思っているから。でもさすがに常軌を逸していたなぁと思うので、自分でもなんかやばい感じがしていくのがわかったので、12月以降は相当セーブモードで稼働中です。追い込まれていくと、変な攻撃性が発動されるようになっていくんだということがわかったことが、収穫だったのかもね。


【1位 30年以上ぶりの徳島県へ(7月)】

 おまえも死ぬぞって話と、徳島ラーメンを食べまくってきた話の2本立てでできています。が、結局のところ、何をしに徳島県まで行ったのかは謎のまま終わっているというね。仕事のネタを仕込みに行ってたのでした。ちなみに仕込んだネタは、7月当時想定していたものとは別の形になりましたが、ちゃんと役に立ちましたよ。

 ところで行った場所は、リンク先にも書かれていなくて、「とある美術館」としか書いてありませんが、今をときめく大塚国際美術館です。世界各国の名画の、精巧なレプリカが多数展示されています。中はものすごく広くて、でも外から見えるのは建物のほんの一部。山の中に埋まっているという表現が一番しっくり来るのかなぁ。確かわたしは朝から、夕方近くまでいたと思うんだけど、館内で随時行われる説明会などのイベントまで参加していたら、もっと滞在できたと思う。入館料は美術館にしてはものすごく高いんだけど、絵画の中の人と同じ服装をしての記念撮影とか、うちの娘にも楽しめそうなので、行ってみる価値はあると思います。

 しかしこの美術館が、一種の聖地のようになるとまでは思わなかったなぁ。な〜んて、そんなことを言えること自体が、さかのぼり更新だってことがわかっちゃうんだけどね(爆)。米津玄師が歌っていた場所は、入館して長いエスカレーターを登ってすぐ、最初の展示室なんだけど、レプリカとはいえあまりの迫力に、わたしはその場に2〜30分くらいいた気がします。


 というわけでこんな感じの2018年でした。来年はどうなるのかなぁ。ここを御覧の皆様も、ご覧じゃないけど周りにいらっしゃる皆様にも、よいお年を!
posted by てつりん at 22:58| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする