2017年12月10日

とりあえず生きてます

 いろんなところでほぼ消息を絶った状態になって1か月。なんとか生きております。

 もうねぇ、書くネタはあるんだけど、書く時間がないままに流れていきます。なんでそんな状態になるのかというと、まずはあれやこれやとすることが多すぎる状態にあるからです。で、その隙間を縫うように、息抜きのような仕事のようなイベントを入れてしまって、書くヒマがないのに書くネタだけは増えていき、かといって書くヒマがあるわけではないので、消化不良になっていくと。あとは、しょうもないことであっても書かないでいると、指先がなまるというか、文章を書く筋力が落ちるというか。書くことから疎遠になってしまうと、ダメなものなんだなぁってつくづく思いますね。

 ちなみに、ポッキーの日を最後に消息を絶ってから、今までの間に起きた大きめの事件としては、下記のようなものでした。

・県外出張に行ってきた × 2
・それに付随して、あれやこれやのお楽しみを盛り込んできた
・(別館では書けますが、わたしの正体に関わるのでこれについてはスルー)
・帝国劇場に行ってきた
・ついでにというにはなかなかのビッグイベントなんだけど、沢田教一の写真展にも行ってきた
・ボーナスの明細を見て、総支給額と手取りの違いの大きさに驚いた
・さとがいない

 なおさとは、別のところで楽しくやってますよ。いないことで発生するアクシデントも、なかなか楽しませてもらっています(笑)。詳しいことはそのうちに書くかも。
posted by てつりん at 22:51| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

ポッキーよりも1本多い

 出張の帰り。うちのデミオが走行11111kmを達成しました。奇しくもなんとこの日はポッキー&プリッツの日。こっちのほうが1本多いな(笑)。
2017111101.jpg

 次は、、、12345あたりでしょうかね。

 ちなみに家を出てから帰るまで、0時から2日後の23時過ぎまでの72時間ほどで、1200kmくらい走っています。よく走りました。どこで何をしてきたかの詳細についてはわたしの正体がってことで書けないけれど、お楽しみの部分なら断片的に、おいおい書いていくかもね。
posted by てつりん at 23:36| Comment(0) | デミオ(4代目DJ型) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

9999

 うちのデミオが、走行9999kmを達成しました。ホントは出張中に達成かなって思った時期もあったのですが、それとは別件で最近、別の会社の人との打ち合わせが結構あって、その関係でこの日の達成となりました。
2017110701.jpg

 9999kmを達成したら、10000kmはあっという間です。もちろんこの日のうちに達成でした。長い長い5ケタ生活の始まりです。
2017110702.jpg

 そしてあすから県外出張で、あっという間に次のキリ番を取ってしまう予定です。
posted by てつりん at 23:23| Comment(0) | デミオ(4代目DJ型) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

ズタズタになってきました

 先日、うちのプレに乗ったときのことです。運転席付近のエアロパーツに、こんな傷あったっけ・・・? ってね。

 この話をさとにしたところ、先日言ったじゃないかと言われました。そうだっけ?と思ってよくよく聞いてみると、確かに言っているんです。でもその時の表現は、「フロントのバンパーにバンパーの仕事をさせてしまった」というもの。いや、バンパーじゃなくて、エアロパーツだし。バンパーは確かに欧州ではほかのクルマに付着させて押したりするのに使うこともあるらしいけれど、そもそもエアロパーツでそんなことはしないし。

 それよりもいつの間にか、ナゾの自作ツイーターの網が取れているのです。助手席をこよなく愛する、よっしーの仕業なのはわかっているのですがね。左右の写真を並べると、一目瞭然ですな。
2017110301.JPG 2017110302.JPG

 このツイーターは前のオーナーさんが取り付けたのでしょうね。ところがある日、販売店で音が出ていないことを指摘される。まぁ、そもそも音が出てなかったと思うので、よくできたダミーとして特に気にすることもなく乗っていました。ところが、どうも配線があるのに音が出てないんじゃないかということを後に指摘され、それでも放置していました。そしたら、なんと、網が取れたことをきっかけになのか、よっしーが触ったことで覚醒してしまったのか。音が出るのなんのって。正直、うるさいくらいですよ。しかもその音がまた割れまくりのビビりまくりで、耳障りなことこの上ない。

 家族で遠出の予定は今のところないからいいのかも知れないけれど、快適なクルマ生活に関わる部分だと思うので、個人的には早急に直したいと思う部分だな。2万もあればちゃんと音の出るものにできるんじゃないかと思うんだけど。
posted by てつりん at 23:50| Comment(2) | プレマシー(2代目CR型) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

第4次

 第4次安倍内閣が成立しましたねぇ。個人的にはこの「第4次」って響きに、「えっ!?」ってものを感じたのです。あっ、こういうところですからもちろん、政治的な話はなしですぜ。

 いやね、第4次◯◯内閣って、わたしの知る限り伊藤博文と、5次まであったはずの吉田茂くらいしかないはずなんです。桂太郎も、近衛文麿も、佐藤栄作も、中曽根康弘も3次までだったはずだし。記憶ではそれ以上出てこなかったので調べたところ、ほかにも鳩山一郎とか池田勇人、小泉純一郎もでしたが。

 第4次◯◯内閣ってそういう意味では、わたしのなかでは日本史のなかにしか存在なかった。そうだなぁ、大震災というものはかつて関東大震災しかなくて、それこそ日本史のなかにしか存在しなかったはずなのに、その後阪神淡路大震災とか、それだけで十分おなかいっぱいな感じなのに、さらに東日本大震災を見てしまったような感じかなぁ。あっ、第4次安倍内閣と大震災を並べる感じで書いちゃったら、当局ににらまれちゃう(笑)。

 別の話だと、天皇陛下は崩御されるまで天皇陛下なわけであって、それが当たり前だと思っていました。それこそ退位されるなんて、譲位という用語を使われるのかはさておき、日本史のなかにしか存在しなかった。そういうレベルのものを見たあとの後味についての話なのでした。まぁ、それなりに長く生きてると、いろんなものを見る機会はあるだろうね。
posted by てつりん at 22:47| Comment(0) | 仕事っぽい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

2017年10月 月例報告

 先月は、9月よりは書いたかな。書かなかったけど書けたはずのネタもあって、若干心残りな部分もあるのですがね。それでもこんな感じでお越しいただいておりました。この場を借りてではありますが、厚く御礼申し上げます。

1.Yuming Surf & Snow in Naeba Vol.32 330(1)
2.カテゴリ:第一腰椎圧迫骨折 142(2)
3.カテゴリ:プレマシー(2代目CR型) 103(3)
4.カテゴリ:粉瘤との戦い 71(4)
5.カテゴリ:中型限定解除への道 66(20)
6.VW Sharanに乗ってきた 64(5)
7.カテゴリ:試乗記・クルマ談義 61(10)
8.VOLVO V40 D4 SE がやってきた 57(9)
9.デリカD:5に乗ってきた 54(6)
9.カテゴリ:こんな夢を見た 54(ー)

訪問者数 1.435(9月 1,386)
ページビュー数 8,621(9月 6,945)


 1位項目の5連覇です。そういえば宇宙図書館ツアーにも9月に行っているのに、すっごいよかったのに、怒涛の9月と回復の10月に流されて書いてないまま今に至っています。書きたいけど書けてない心残りの筆頭レベルのものなんだけど、ああいうものって結構思い出したり、思い出せなくてでも記憶にあるからってことで調べたりして書くと、意外と時間がかかる。そうやって放置されちゃうんでしょうねぇ。帝国劇場でやる「朝陽の中で微笑んで」だって、行く段取りはバッチリだけど、そうやって書かれないまま時が過ぎ去っていくんだろうか。そういうのは避けたいなぁ。あっ、実際に行くのは12月です。

 あとは粉瘤、プレマシー、腰椎圧迫骨折、北野食堂と並んで、かつてさときん帳基幹コンテンツと言われていた中型限定免許が突然の復活。アクセス数で見ると、先月の2倍。あとはなぜか、「こんな夢を見た」も、20位以下圏外から突然の浮上。ランクインしたことは、1度もなかったと思うんだけどなぁ。夢といえば先月は、新しい事業所に異動になって、でもそこへの打ち合わせに行くのに遅刻した挙句、荷物は黒いランドセルに入れて事業所にたどり着くという、精神衛生上極めてよろしくない夢も見た。でも、書いてない。誰か占ってください(笑)。

 今月の展望。2週と5週目に県外出張が確定で、4週目はフェスがあるということで、もう1回怒涛の11月がやってきそうな気がしてなりません。セットリストの構想は数か月前からあって、その部分にぶれはないし公演日までの日程もほぼ完璧。ところが譜面が真っ白という(爆)。絶対、白いワニが来るね。

2017110101.jpg
posted by てつりん at 22:16| Comment(0) | 月例報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

プレミアムフライデー!!!

 そういえばそんな言葉、ありましたねぇ。何がプレミアムですか。うちの会社はいつでも労働時間割増プレミアムですが(爆)。

 でもねぇ、ふと思ったんですよ。携帯に届くこういうメール。よく考えたらそれの原資って、払っている携帯電話料金からのものじゃないかと。せっかくだから、行かないと損じゃないかと。以前コンビニでアイスをもらったことがあったけど、その頃は特になんとも思わなかったけれど、せっかくだから、行かないと損じゃないかと。まぁ、さとに教えてもらったってのもあるんだけどね。

2017102701.jpg

 で、会社の帰りにゲットして、デミオの車内で食べました。いや、お店に着いて停めた枠の隣のクルマの中も、同じことをしている人がいたので。会社帰りと思しき、きまってる感じのかなりキレイな感じのおねぇさんが、車内でアイスを食べてたので。この情景を大幅に省略して書くと、要するにキレイなおねぇさんの隣で、アイスを食べたんだ(笑)。

2017102702.JPG

 暗かったので写真はイマイチですがね。おねぇさんの写真はもちろんありません。でもこれって、ささやかながら、プレミアムフライデーじゃないかと。初めてプレミアムフライデーを感じた夜だったのでした。
posted by てつりん at 23:16| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

保育参観に行ってきた

 会社でお休みを頂戴して、よっしーの保育参観に行ってきました。識別しやすいだろうからという理由で、さとチョイスの、蛍光グリーンの縞模様が入った長袖Tシャツ着用で。

 大きくなったので、小さい子がいる分園ではなく本園で。過去の姉2人も含めて、本園での参観は初めて。ただし、本園と言えどもまだ小さいので、見つかってはいけないのです。見つかってしまったら、それは帰る時間だと思われてしまうのだとか。なので指定の場所に、不審者のように(爆)身を潜めます。

 ところが参観が始まっているとはいえまだ遅刻にもならない8時50分頃。どうもすでに見つかっているのではないかという指摘が。すだれやレースの目隠しの奥に身を潜めているのですが、確かによっしーはこっちをガン見していました。参観のあと、懇談の際に聞いたのですが、最後におうちの人が出てくること(隠れて参観→みんなの前に出てきて一緒に給食→懇談→帰宅の流れになる)はみんな知っていて、同じクラスの子が順番に参観をしているのも知っている。で、よっしー自身は、自分の参観がまだだということもわかっている。さらに、目隠しがある日とない日があるので、そこから今日の参観のあるなしもわかる。その上、きょう保育園に送っていったのはわたしだ。そうした情報や知識を総合して、もしやきょうは自分の参観かもしれないと勘づいていたのだとか。やるなぁ。その一方で、これまでの知識や経験から、保育園にわたしがいるはずがないというのもわかっていて、その狭間であれこれ考えるのだそうです(笑)。

 9時を過ぎました。全員が園庭に出かけるので、それを別室の見下ろせる位置から覗きます。年長の子だったけど、ものすごく鉄棒の上手い子がいてびっくり。姉がそんな感じだったんだろうか。いや、もっとすごい気がする。よっしーはというと、遊具を使ってひたすら滑り台をしまくる。ちょっと登りにくそうにしていた、どんくさい感じの女の子の順番をさり気なく抜かすのを見てしまう。ちなみにこの子が、外にお出かけする時に手をつなぐペアだったのだとか。あとは、両手に別の女の子状態でどこかへ連れ回されたり、砂遊びをしたり。懇談での話によると、上が姉2人だからなのか、そうして女の子とこねこねしていることが多いそうです(笑)。

 10時過ぎ。外の世界へのお散歩に出発します。さっきのどんくさい感じの女の子をすかさず見つけて、手を引いて、整列場所に連れて行こうとします。いつも家の中では下っ端なだけに、突如現れたその上から目線は何なのかと。日頃下っ端だから、相手はどんくさそうだから、ここですかさずおにいさんぶりたいのか!?と思うくらいの勢い。ところが手つなぎがうまく行かず、強引に行こうとして、保育士に注意される。懇談での話によると、お互い右手をつなぎたかったのに、そこの意見が合わなかったゆえのことらしいです。どんくさい感じだなんて言っちゃったけど、それは月齢が低いからだそうで、本人としてはこうしたいという思いを強く持っている、言うことは言うって感じの子らしいです。

 11時頃。お部屋に帰ってきました。再び不審者のように身を潜めます。ところが帰ってきた最初の一瞬を除いて、よっしーを見失う。ほかの子の様子も参観の見どころなのでほかの子も見ていますが、それにしてもいつまで待っても蛍光グリーンの縞模様は現れない。そうこうするうちに気づいてしまったのが、法被を着てたいやき屋さんをしていたこと。お金を受け取ったらレジに入れて、トレイにたい焼きと、お茶を入れて渡します。お茶は急須から入れています。その後店員役はほかの子になり、よっしーはお客さんになったのですが、店員に注文した後に勝手にレジを開けて、そこにお金を入れているところを保育士に見つかり注意される。ついでにお客さんなのにレジの操作もしていましたが、こういう立場の入れ替わりって、なかなか難しいんだろうね。

 11時台後半。給食の準備が始まります。部屋の各地で思い思いに遊んでいた子たちは、一か所に集められます。おはなし+絵本の時間のようです。おはなしの場で、参観しながら笑顔がかわいいと思っていた保育士が、この日35歳になったということを話の流れで暴露される。いや〜、35ですか。まだまだイケますけど(爆)。近くで見たら確かに35かなって感じでしたが、それでもかわいかった。その後全員がいる部屋に呼び込まれて、一緒に給食。給食を食べるなんて、ものすごく久しぶりで、おいしかったなぁ。保育士の話によると、いつもはもっと早くもりもり食べるし、おかわりもするそうなんだけど、緊張していた(保育士談)のか、それとも照れて恥ずかしがっていたのか。完食+汁物おかわりでした。

 懇談、と言っても、なにもないんだけどねぇ。以前もそうだった気がするけど、なぜか興味をもたれやすい気がするわたしの会社についての世間話とかで、つつがなく終わっていきました。
posted by てつりん at 22:28| Comment(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

ちいちゃんのかげおくり

 学校で何をやっているか、ということはあまり言わない姉なのですが、最近話題にするのがタイトルのものです。わたしはやった記憶がないんだけど、82年の作品だからなのでしょう。結構昔から存在するものらしいですね。別の機会に読んだことがあるのですが、読んだ者としては涙なくしては語れないレベルのものだと思います。

 で、姉が話題にするもんだから、ひさしぶりにネットで探して読んでみました。姉の話題の内容は、ひとつはかげおくりができるかどうか(そのような遊びは実現可能かどうか)。個人的にはできるけど、やるんだったら日差しの強い日がいいと思うなぁ。あと、できるならば、やりたくないなぁ。いわゆる、死亡フラグが立つ気がして。ふたつめは、ちいちゃんは死んだのかどうかということ。個人的には死んだと思うけど、別の答えを期待して、「う〜ん、どうかなぁ?」って感じで言葉を濁してみました。ちなみに姉の答えは、「女の子の命が空に消えました(本文の内容)」だから、死んだというもの。あってるんだろうけれど、まぁ、答えとしては特におもしろくはないよねぇ。

 ちなみに、焼け落ちたちいちゃんの家の跡に、はす向かいのおばさんがちいちゃんを置いていくところ(ちいちゃん本人が同意したとはいえ)と、最終的にちいちゃんがひとりで亡くなってしまうことは、戦中の社会状況を知るものとしてはありえないことなんだそうです。あのような時代でありながらも、人は助け合って生きていたので、ちいちゃんのようなことはありえないと。その一方で、作者のあまんきみこ自身が満州から逃れてきた人なのだそうで、国内ではありえないようなちいちゃんの状況も、敗戦前後の満州ではありふれたものだったからこそ、そのような描写になるのではないかとのことらしいです。

 こんな感じで、言い知れぬ理不尽のようなものを、国語の教科書で感じた最初の記憶は、個人的には「ごんぎつね」かなぁ。もしかしたら理不尽が、無常観とか諦観とかに少しずつ形を変えながら、平家物語とか方丈記とかにも続いていくのかもしれません。
posted by てつりん at 00:18| Comment(0) | 仕事っぽい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

CX-8を見てきた

 先日さとの運転によってポールにディープキスをして、その後始末の検討のために販売店へ行ったときのことです。

 何を思ったかいつの間にかさとはちゃっかり(?)CX-8のカタログをもらっていました。そのうえ、週末にプロトタイプだけど、実車を見ることができるイベントがあるってことまでリサーチしていたのでした。カタログを見た感想としてはモノもいいし、あの車格で300万円台前半からというのはなにげにバーゲンプライスかもしれない。でもディーゼルってのは、うちで買おうとする場合において絶対ネックになると思うなぁ。そのうちデミオのレビューと兼ねてキチンと書きたいと思っているけれど、ディーゼルにはディーゼルのよさがあるのは間違いない。その一方で、ディーゼルってのは必ずしも万能ではない。ガソリンやハイブリッドのほうが、ある面でディーゼルに劣る部分があったとしても、間違いなく汎用性は高いんだよね。

 それはさておき、イベント会場にやって来ました。さと曰く、この写真を見て、やってみたかったらしいです。わたしも雨でなかったら、やってたなぁ。
2017101601.JPG
2017101602.JPG

 買うのなら、デリカD:5じゃなくて、これだと思うけどね。手前のはさすがに、やりすぎかなぁと思うけど。
2017101603.JPG

 でもシートのホールド性はかなりよくて、座った感じが気持ちよかったです。そのホールド性をありがたく思うほど、コーナーを攻めたりするのかはさておき。
2017101604.JPG

 なんとお値段家1軒分のスーパーカーまで置いてありました。実車を見たのは初めてです。
2017101605.JPG

 なので前から後ろから、舐めるように見てしまいました。こういうクルマってやっぱ、色気がないとね。
2017101606.JPG

 さていよいよ、お目当てのCX-8へ。なおマツダブースの展示車は、これ以外すべてソウルレッドでした。
2017101607.JPG

 いきなり3列目に乗ろうなんて、マニアの仕業としか思えませんな(笑)。リアドアは80度まで開くそうで、確かに3列目の乗降性、居住性についてはよく考えた形跡が見られます。
2017101609.JPG

 ただし、わたし(身長180cm)だと、頭が天井に当たります。前後左右に関しての居住性は、なかなかいいと思うんだけどなぁ。それでもあくまで、いざという時7人乗れますよというコンセプトのものでしかない気がする。車高が高いだけに、脚を上げないと子どもはキツイと思うし。
2017101608.JPG

 3列目まで使った際の荷室スペースも、深さがあってプレマシー以上とはいえ、この程度。うちの用途に照らして考えると、相当無理があると思うな。
20171016010.JPG

 というわけでCX-8については、マツダらしくもののよさは認めます。道路じゃないから実際のところはわからないけれど、気になるほどのデカさも感じなかったし。ただ、プレマシーの顧客が流れていくものとも思えなかったなぁ。CX-5に対して、いざという時7人乗れたらいいなぁってニーズに合致するものではあるけれど、だったらCX-5でいいんじゃないかとも思ったりするのでした。

 よって、今てつりん家で一番買いそうなマツダ車、10年後にはデミオからこれに乗り換えるつもりでいる、NDロードスターRFと戯れてきたのでした。よっしーが、一番長く運転席に居座ろうとしたクルマでもありました。
20171016011.JPG
posted by てつりん at 00:01| Comment(0) | 試乗記・クルマ談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする