2007年11月30日

Cocco きらきら Live Tour 2007/2008

芸術の秋2007〜ライブ集中旬間〜の第7弾にしてラスト、Coccoのライブに行ってきました。

会場は、2日前にアンジーのライブがあった石川厚生年金会館。石川県では最大のホール系施設・・・といっても、定員は1700人ほどなんだけど。
実は、さとはかなり心配してました。Coccoで、どれほど埋まるのかと。もしかして、ガラガラ??と。
結局、8〜9割ぐらいは入ったんじゃないだろうか。こないだのアンジーのときには上3列ぐらい入ってなかったんだけど、それよりは入ったなーという印象。これなら、また来てくれるかも!と、ほっと一安心。

さて、さとは2日前からかなり興奮しておりました(笑)
というのも、前述の通りアンジーと同じ会場だったので、2日後には、ここにCoccoが!と。いよいよアンジー!じゃなくて、もうすぐCocco−!だったわけです。ごめんね、アンジー。

会社を定時きっかりで退社し、会場に歩いて向かいます。もう、顔はニヤニヤ、口はやや開き気味でふふふという怪しげな声が漏れそうな状態。はっきり言って変態気味で、会場についた頃には汗は流れ落ちそうな勢いだわ、感極まって涙も出てしまいそうだわで、変態気味どころか変態そのものって感じだったんだけど、おとなしく列に並んで開場を待ちます。

そして、いよいよ開場〜〜〜!!!!

まずはガチャガチャだ!!

Coccoのライブのツアーグッズ(?)にガチャガチャがあるんです。そう、あの100円とか200円とか入れてハンドルを回すと透明カプセルに入ったおもちゃが出てくるやつね。
Coccoのガチャガチャの場合は500円なんだけど、前回新潟のツアーに行った時には、かなり長蛇の列&売り切れで出来なかったという悲しい過去があったので、今回は絶対やりたかった。そのために開場に間に合うように行ったんだけど、たぶん知らない人が多かったんだろうなー。
え?まだ準備中?ってぐらい人がいなくて、列はほぼゼロ(爆)
しかも、さとは100円玉を20枚用意していたので(恥)、両替に並ぶこともなくすぐにガチャガチャしました。
しかも、1000円分だけのつもりで2回やって出たんだけど、もう1回並んで500円分。さらに、グッズを購入した後にもう1回・・・で計4回2000円分^^;
会場限定のものやスペシャルなものは出なかったけど、アイテム的にかぶらなかったので大満足。

で、グッズですよ。ふふふ。
このツアーのために、今月出る新刊(マンガね)を無視してお小遣いを温存。買うぜ〜〜〜!!!

20071130002.jpg

パンフ
お買い物袋
手作り螺鈿ネックレス
がま口ポシェット
着ていたので写真にはないけど、黒いTシャツ。
それに前述のガチャガチャの戦利品。
袋についている缶バッチもガチャガチャの戦利品。

締めて・・・まぁ、金額はいっか(照)
黒いTシャツ着て、ネックレスして、かなり痛い人になってました。すみません・・・。
ポシェットは、何に使うのさって言われたけど、えーと、タ、タバコを入れる!?って、タバコ吸わなかったや。まぁ、何かに使いますよ。何かにね。

で、ライブの内容はどうだったのって話ですよね?
えーと、良かったです。終了。

・・・じゃダメか。
Coccoのライブは、Coccoを中心にして、みんな鷲づかみにされる感じなんだよね。1対1の勝負というか。ホール全体の一体感とかじゃなくてね。みんなでワーワー盛り上がるぜって感じじゃないんだよね。わかるかな?
なんか、地下組織の祈祷会とかのイメージ?(笑)

歌はパワフルだし、演奏や演出も良かったし、友達に話しかけるようなMCが愛らしいし、いいお話もあったし、もう本当にかわいい!!

歌姫に百万回のキスと大きな愛を。Love & Peace。
posted by てつりん at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

上り坂と下り坂と

 背骨を折って2か月入院。1か月は寝たきり状態。貧血で倒れたり、看護婦に下半身を洗われたりしました。

 離婚していまはひとり。先月会社もなくなり、求職活動中。でもなぜか有給未消化につき、籍は会社にあります。


 う〜ん、どちらも実話とはいえ、なかなかのインパクトですなぁ(笑)。あっ、後者はわたしのことじゃないですよ。実はきのうの終演後、ロビーでわたしを呼ぶ声が。わたしへの呼び方から、てっきり昔のお客さんかと思ったら、昔の友人でした。いや〜、ずいぶんとごぶさたでしたねぇ。ごぶさただったので数年分の近況報告をごくごく簡潔に。と思ったら、上記のようになったわけですよ(爆)。

 よってなぜ離婚に至ったのか、なんてことは聞いてない。本人は笑いのネタにするくらいで、すっかり心の傷も癒えましたというスタンスだったけど、それがどこまで本当なのやら。わたしは本気で笑ってたけど、後から考えると再会の勢いで痛いネタにしてただけかも知れないし。さとと3人でしばらく歩いたけれど、帰ってひとりで泣いたりするんじゃないかと思うとねぇ。大学で武道とかやってたり、中学〜高校の頃は聖飢魔IIを聴いてたりした硬派な漢なので、ひとりで泣くのはガラでもないと思うが。


 定期的にわたしを怖い気分にさせるネタがあるのですが、この一件でぶり返してしまいました。「なぜ、離婚するのか」ということについて。

 いえね、ほかの友でも離婚したのがいるんだけど、いつの間にか離婚しちゃってたんだよね。つきあってて、別れたりしたこともあるから思うんだけど、こういうのって何かの歯車が狂って、どうにもならなくなって別れることってあるんだよ、と思う。ただ、何がどうしてどうなって歯車が狂うのか、それがはたから見ても、おそらく自分から見ても、わからないのが怖い。

 離婚しそうで、事実夫婦仲は冷え切ってて、いかにも離婚しそうで離婚に至るのはちっとも怖くない。ところが、離婚したと聞かされる相手は、到底そう思えないように見えるから怖い。なぜ破局に至ったのか、後から考えると理由がよくわからない、なんてのが何より怖い。作るのに時間はかかるけど、壊れるのは一瞬って、体験したことがあるだけに怖い。訳がわからないうちに、事態が急転直下して、気がついたら終わってるんだよ。でも、二度と元には戻れなくなってしまっている。

 つまり、一件平穏無事に見えても、どこに破局や離婚への入り口が開いているのかがわからない。人生で言うところの、見えないところにあるという3番目の坂ってヤツが怖いってことだな。で、うちの場合、どういうところにその3番目の坂があるのかを考えてみた。さとから見て堂々巡りで要領を得ない上に、ちっともたいした内容でない義父の長話がイヤだとか。ことあるごとに揺れる、わたしの腹の肉が気持ち悪いとか。わたしはやっぱり、巨乳が好きでしたとか(爆)。こうしたわたしのバカトークに、寒気がするとか。あぁ、どこに第3の坂があるんだろう。知りたくないけど、知りたい気がする。
posted by てつりん at 22:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

アンジェラ・アキ Concert Tour 2007-2008 “TODAY"

 芸術の秋2007 〜ライブ集中旬間〜の第6弾、アンジェラ・アキのライブに行ってきました。

 アンジェラ・アキは2006年さときん音楽賞 新人賞にノミネートされるなど、うちで評価の高い今後が期待されるアーティストでした。「でした」という部分が重要! 4月のライブでは、ピアノ1台弾き語りのみというシンプルな構成ながら、その圧倒的なライブパフォーマンス、行った人にしかわからないであろう絶妙なトークにやられることしきり。うちにおける評価はうなぎのぼりで、さとはその後ほぼ即決でファンクラブに入ったほど。

 ところが。9月に出た2枚目のアルバム「TODAY」を聴いてみるものの、なぜか心に刺さらず。当時の日記でも話題に上っていない、それほどの評価だったわけですよ。もともとCDはいいのか悪いのか、いまふたつくらいよくわからない評価を得ていたわけですが、そんな評価は4月のライブで吹っ飛んでました。しかしこのCDで、またそのよくわからない評価が再燃。「CDは、いいのかな? → ライブはすっごくいいねぇ! → ん〜、やっぱCDはよくないかも」。そんなふうに、評価が流転する不思議なアーティスト。ライブ前にアルバムを聴き込むなどの予習もほとんど行われない、不遇のアーティスト。もしかしたらアンジーのライブに行くのは、これで最後かもねと言ってたのは本当です。これほど行く前から、低い期待感が充満していたライブは珍しいでしょう。

 しかし。この日のステージ上にいたのは、まぎれもなく4月に見た、あのすばらしいライブパフォーマンスを放つアンジェラ・アキその人でした。トークにも磨きがかかり、歌っているよりしゃべっている時間の方が長いぞこれはさ○まさしか!?と思うほど(笑)。前回と異なりギター、ベース、ドラムの構成でしたが、これがまたド迫力の演奏。ユーミンのライブでおなじみ、村石雅行のドラムにやられっぱなしで、アンジーより村石さんを見ていた時間が長かったほど。そして初めて知りましたが、西川進のギターにもやられました。ありきたりの表現ですが、時に激しく、時に切なく。この2人が、いい意味で競り合っているような演奏。そして、それに負けていない、アンジェラの歌とピアノ。ベースは正面右側に対して、うちらは正面左側にいて、ベースの音があんまり聞こえなかったのです。おそらくベースもすばらしい演奏だったのでしょうが。5列目という席ながら、左寄りで音を楽しむには不向きなんだということがよくわかりました。もちろんひとり弾き語りの時間もあり、充実のライブでした。終わったのが22時近くでしたよ。

 この一件で、アンジーのライブパフォーマンスに対する評価は揺るぎないものとなりました。今後とも、ライブに行くことになるでしょう。しかしCDを聴いても、何がいいのか今ふたつわからない。実はミュージシャンは、ライブメンバーと同じなんだけどねぇ。レコーディングエンジニアが悪いのか、収録がおかしいのか、それともほかに原因があるのか。そんな意味で謎のアーティストですけど、ライブのよさは保証しますので、CD買うより先にライブに足を運ぶ価値はあると思います!
posted by てつりん at 23:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

KFCを食べるとき

 2006年さときん音楽賞 新人賞を受賞した期待の実力派アーティスト、indigo blueがiTunes配信限定で3か月連続リリース。その第1弾として、きょうから配信されているのが「Merry Merry」(GarageBand Mix)。indigo blueの曲はほかにも配信されていますが、ほかの曲が200円なのに対して、これはお得な150円。詳しい情報は文中リンクから行ける、indigo blue公式サイトのトップにも掲載されています。

 indigo blueを知らない方も多いと思うのですが、いい曲なのでものは試しに。と言っても説得力がいまふたつくらいに思われるかも知れないので、こういう話を。最初、さとがダウンロードして聴いてました。第一印象として思ったのが、この時期になるとそろそろ流れ出す某KFCのCMに、竹内まりやの曲が例年使われているじゃないですか。それをこの曲にするといいんじゃないの?って思うくらいのできばえ。竹内まりやの曲も、とってもいいですよ。でも、それに引けを取らないくらいのいい曲ですよと、声を大にして言いたい。もちろんわたしも、ダウンロード購入。一家2人で、計2回ダウンロード。この曲に対する評価の高さを、ここからも感じて欲しいところです。この曲を聴きながら、24日の晩に鶏を食べると、かなりしっくり来ると勝手に思ってます。

 個人的にはMac使いであるだけに、曲名にもありますが「(GarageBand Mix)」という部分も気になるところ。最初の頃に使い方もわからずに適当にいじって、それっきりになっているGarage Band。こんなにいい曲ができちゃうんですね。もちろんソフトの力ではなく、制作者の力が大きいのはわかってますが。
posted by てつりん at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

人魚ではなく?

めざせ人魚のさとです。
有料水泳教室に通い始めて1ヶ月半!(でも、出席率は50%・・・)
なんと、背泳ぎで25m泳げるようになりましたー!!拍手!!
そして、クロールで20m泳げるようになりましたー!!拍手!!
あとは気合の問題って感じ?(爆)
さとはでかいので手足が長く見えるらしく、優雅に泳いでいるように見えるらしい。本当は、かなり必至なんだけどね(笑)

さて、さとが人魚になったら、それはきっと人魚姫ではなくジュゴンに違いない。。。
沖縄のジュゴンとそれに関わる人を取り上げた番組があります。琉球沖縄放送が作成した番組で、Coccoがナレーションで参加してます。石川はもう放送が終わってしまったんだけど、東京などはこれからなので紹介しておきます。とても、いい番組でしたよ。

テレメンタリー 2007
人魚の棲む海
ジュゴンと生きる沖縄の人々

テレビ朝日 11/26(月) 26:40〜27:10
他地域の放送時間と番組の詳細についてはこちら

posted by てつりん at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ジム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

冬の準備

 寒かったけど天気がよかったので、冬タイヤに交換しました。雨や雪が降る中、「今夜換えないとあした出勤できない!」となりながら、交換するのはかなり惨めなので。ホントはもう6年目のタイヤ。山はあっても、硬くなってて本来の性能からはだいぶ落ちているはず。昨シーズンの段階ですでに買い換えの話もあったんだけど、あんまり乗らないだろうからという理由でもうひと冬だけ使うことに。来年は車検にスタッドレス購入と、ものいりになりそうです。

 ところで冬の方がかっこいいともいわれるうちのプレ。つらいちっぽくなるんだけど、わかるかな?
PICT2007112301.JPG

PICT2007112302.JPG
posted by てつりん at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | プレマシー(初代CP型) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

11月22日

いい夫婦の日だそうです。だからなんだって気もするけど、いい夫婦してますか?

さて、ライブ終了後、すきっ腹を抱えたさと達は、夕飯を食べれる店を探してうろつきまわりました。
北陸一の繁華街である、片町は飲み屋の数こそ星の数ほどあれど、ご飯を食べれる(しかも安く!)店はそんなにないのですよ。いや、知らないだけかもしれないけど。

結局、安くかつ量を求めて、またまた行ってまいりました。「上海酒家 豫園(イーエン)」。
ここは、さとのフルート演奏会の打ち上げで行ったお店で、うちでは間違いなく一つ星☆獲得の店です。

今回は、1人2000円で食べ放題のコースをチョイス。食べ放題といって侮ることなかれ、なんと全88品のメニューからチョイス可能。ふかひれの姿煮とかはさすがにダメだけど、結構高そうな食材を使っているものでも注文できてしまったり。

そして、食べてきました15品!
posted by てつりん at 23:30| Comment(1) | TrackBack(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風味堂 ライブツアー「のり一発!」

風味堂のライブに行ってきました。
風味堂は、ピアノとベースとドラムという編成の男性3人組のバンドで、ピアノの人がボーカル。
最近では、原由子とコラボしたりして活躍している様子。
楽曲はといえば、せつないバラードあり、ノリノリな曲もあり、ジャズテイストたっぷりの曲ありで、ひと言で言えば「面白い!」。いっぱいネタを持ってるな〜って感じ。サザン好きを公言しているだけあって、いかにもって曲もあるので、サザン好きな人は気にいるかも。

場所は、金沢EIGHT HALLというキャパ500ぐらいの、金沢では最大のライブハウス。
結構バリエーションに富んだ客層で、3歳ぐらいの子連れ夫婦もいれば、高校生ぐらいの子連れ夫婦もいたり。高校生ぐらいの女の子がいれば、おばさん二人組もいたりして、幅広い年齢層に支持されている様子。
最終的には250〜300人ぐらいかな〜。もうちょっと来るかと思ったけど、意外と少なかったかな。

で、実際のライブはとえいば、ちょっと不完全燃焼気味^^;
久しぶりのライブハウスで興奮気味だった(笑)のと、CDで聞くとすごくいいので、ちょっと期待しすぎたか?
いや、歌は文句なしに良かったし、各個人の演奏も良かったと思う。
でも、なんか今ひとつバランスが悪いんだよね〜。あと、盛り上げ方がへたくそっていうか、一体感が今ひとつ感じられないというか、、、てっちゃんと、曲順が悪いのかね?とかパフォーマンスが悪いのかね?とかやっぱりボーカルが動けない(ピアノだから)だと厳しいかね?とかいろいろ話してたけど、まだまだ課題の多いバンドだな〜と思いました。

これからライブツアーを恒例化していくとのことだったので、来年あったときの成長っぷりを楽しみにしたいと思います。
posted by てつりん at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

優勝記念グラフと、来年度後援会員募集

 先日話題にした、優勝記念グラフが到着しました。豊富な写真だけでなく、設立からの足取り、全試合の記録もバッチリ。ミリスタのことをよくわかっていない人にとっても、来シーズンから観戦しようと考えている人にとっても、これがあればミリスタのことがよくわかるでしょう。1冊1000円で、製本の体裁なども含めてどことなく同人誌チックな手作り感もあったりします(笑)。たぶん県内の本屋で買えるはず。ところがこの本、製作・販売元のホームページには載っていない(11月23日、10時現在)。なんだか悔しいので、ISBNは978-4-8330-1600-1。近所で手に入らない際は、この番号を伝えれば注文できるはずです。

PICT20071120.JPG


 ところでいまふたつくらい、下手なような気がするミリスタの広報活動。それを嘆いてもしょうがないので、せめてできることはないか。そう思って、来年度後援会員の会員募集について、勝手に語らせてもらいます。個人だと1万円、法人だと5万円。入会案内によると、以下のような特典があるようです。


〜ここから転載〜
 
後援会会員証の発行
 オリジナルプラスチック製会員カードを進呈します。

観戦チケット引換券進呈
 石川ミリオンスターズ主催試合公式戦全36試合、いつでもどの会場でもご利用いただけます。個人会員(1口)10枚、法人会員(1口)50枚。

会員限定グッズプレゼント(非売品)
 M's Family会員だけが手に入れられるオリジナルグッズをプレゼントします。

観戦チケット割引購入
 試合会場にて会員証を提示すると、観戦チケットを割引価格で購入できます。大人のみ適用、個人会員1名、法人会員6名。

後援会主催イベントへの優先案内
 選手との交流イベントなど、M's Family主催イベントへ優先的にご案内します。

会報誌の発行
 選手、監督、コーチの密着リポート、ゲームリポート、イベント報告など、チームの近況をお伝えします。

記念品の贈呈(法人会員のみ)
 職場の受付や応接室に飾ると綺麗な記念品を進呈します。


〜転載ここまで〜


 不明点があれば聞いてもらえればできる限りお答えしますが、ここは公式サイトではありません。「M's Family」事務局(076-268-1589 アクティー様内)へお願いします。しかし1589、「いこーやきゅう」ですよ。やってくれますね(笑)。

 ちなみに今年の会員証や観戦チケットはここに、会員限定グッズはさきのリンクとここに、会報誌はいまのところ2冊、1冊目はここに、小さいものもありますが文中に写真が載っています。迷っておられる方は参考になるとうれしいです。後援会主催イベントの案内実績は、現在のところ11月20日に行われた会費5000円の祝勝会(ごめんなさい、うちでは不参加)となっております。あとこれらの特典とは別に、優勝記念グラフ発刊にあたり協賛金のお願いが来ました。希望すれば(わたしはしましたが)、名前が記載されました。

 今年度と来年度の変更点の違いは、観戦チケットが7枚から10枚になったことと、観戦チケットの割引購入が会員1人で1枚になったことでしょうか。そのため、会員1人で2枚割引購入という、よく使った手口が使えなくなりました。そのためわたしもさとも、来年度は会員になる方向でおります。うっちーこと内村賢介選手が楽天に入団したのは痛いですが、それもミリスタの野球が認められてのこと。さらに盛り上げていきましょう!
posted by てつりん at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれミリオンスターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

来年の夏は・・・

 このニュース、見た人も多いかも知れません。

 いや〜、あまりのことで、がっくり来ましたよ。以前にもこの手の話を書いたことがありましたが、ここまで早く別れが来ようとは。記事をよく読めば、関西発九州方面行きの「なは+あかつき」は来年春のダイヤ改正で消滅。東京発九州方面行きの「富士+はやぶさ」は再来年春のダイヤ改正で消滅。幼少の頃に憧れたはやぶさに乗る機会が、まだかろうじて残っていそうなのが幸いとはいえ、なにぶん九州は遠いので時間はあってもチャンスは少なそう。3連休で東京移動+はやぶさ乗車(1日目) → 日中のみ九州観光+富士乗車(2日目) → 東京に戻ってくる+自宅に帰る(3日目)ってのもありですか??? そんなあわただしいのも、なんだかもったいないでしょう。

 そんなわけで早くも、時間のたっぷり取れる来年の夏にどこに行こうかを考えてみる。現実逃避のためにやっているとか、遠出の禁断症状が出てきているという噂も出るかも知れませんが、たぶんそうなのでしょう(爆)。はやぶさは東京から乗らないと意味がないから、あえて東京まで移動。車窓に流れていく東京や品川の風景を見ながら、開放B寝台でひっそりと祝杯を挙げるなんて楽しそう♪ 博多でリレーつばめを横目に、「あれに乗った方が、熊本まで早く着くんだけどね〜」とうんちくを垂れながら、「急ぐわけでもないから、先に行けばいいんだよ」と捨て台詞をはくのもまた一興。えぇ、途中で降りたりしませんよ。熊本まで乗りつぶしです。

 熊本は九州唯一の、足を踏み入れたことがない県なので、じっくり観光もいいでしょう。レンタカーを借りて、阿蘇山の向こうへ。よさそうな温泉でものんびり巡りながら大分へ抜けて、帰りは「富士」か、趣向を変えて関西方面への船旅ってのもいいですね。これなら無駄なく帰ってこられそう。実施予定日は8月9日(土)から、17日(日)の間のどこか。今から貯金します(笑)。
posted by てつりん at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

待っている・・・のか?

 先日12か月点検に出してきたのは、既報の通り。

 ただ細かいことなんだけど、6年前にうちらがプレを買ったときの担当者はもう、いない。そしてうちらがプレを買った店に、かれこれ3代目になる担当者がいたのだが、異動になった。そして点検の案内も異動先から、営業としてのフォローも当然異動先から、本人がしてくるようになった。

 それはそれできっちりしていて結構なことなのだが(退職などをきっかけに、フォローが適当になることはよくある)、先日さとが12か月点検に持っていった店は、異動先ではなくて買ったところだったのだな。そしてオフ前日の16日、その担当者から電話がかかってきた。

たん「お車の調子はどうですか? 12か月点検、どうなされました?」
さと「あ〜、買ったところに出してしまいました」
たん「その後、お車の調子はどうですか? どこか調子の悪いところとかないですか?」
さと「いえ、特に何もないですね〜」

それはそれでまぁよかったみたいなのですが、わたしに電話を替わるように言われたらしい。

てつ「(異動先に入庫しないで)ごめんなさいね〜」
たん「いえいえ、いいんですよ〜。ところで、どこか調子の悪いところはないですか?」
てつ「仕事の関係であんまり乗らないんですけど、何ともないみたいですよ」
たん「そうですか〜、実は今度イベントがありまして、お買い得車も多数ご用意しておりまして、もしお車の調子とか悪かったらと思いまして・・・」
てつ「わはははは(爆笑)、いや〜、なんともないみたいですよ(笑)」

というか、6年くらいで買い換えを検討するほど調子が悪くなっても困る! たぶんあと2回は車検を通すはず。状況次第で3回以上。


 担当者は管理職に近そうな肩書きだから、自社製品を末永く使って欲しい気持ちと、販売の数字を出さなければならない気持ちの板挟みになっていたりするのでしょう。でも、マツダ車は乗ればよさのわかるいいクルマばっかりなので、買わないかわりにここで強くアピールしちゃいます。


特に近年多くの名車を世に放つマツダのホームページ
いつもお世話になってます、北陸マツダのホームページ
posted by てつりん at 16:49| Comment(2) | TrackBack(0) | プレマシー(初代CP型) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

ソースカツド━(゚Д゚)━ ンオフ@敦賀 〜後編〜

今回のオフには、関西方面から参加もあり、総勢10台(うち2台はプレから乗り換え組)!

とは言え、10台で押しかけるわけにもいかないので、車は集合場所において乗り合わせて行ったんだけど、さすがミニバン!18名が3台に分乗。すごい!
さっそく、福井の有名なソースカツ丼屋さんであるヨーロッパ軒へ。

20071115018.jpg

今回行ったのは、ヨーロッパ軒本店。HPでは、敦賀分店と書かれていたけど、箸袋には本店と書いてあるので、ここでは本店としましょう。

お昼過ぎに行ったのが正解?店内は比較的空いていて、18名の大所帯だったにも関わらず、待ち時間もなく2ヶ所に分かれて座ることに成功。

そして、名物のソースカツ丼・・・ではなく、一杯で3度おいしそうなミックス丼にしてみました。

20071115016.jpg

カツとチキンカツとミンチカツが載ってます。食べるときには、丼の蓋にカツを移動させて1枚だけ載った状態にして食べるのが正しい食べ方とか。甘辛いような甘酸っぱいような独特のソースに、薄い衣でサクサクのカツが美味。セットにしたら、お腹いっぱい。

お店を出たあとは、集合場所へ戻っていつもどおり車の写真を撮ったり、いろいろな話をしたりして日が落ちてきたころに終了。

20071115028.jpg

さて、これで北陸プレマシー軍団は冬籠りです。
posted by てつりん at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | プレマシー(初代CP型) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソースカツド━(゚Д゚)━ ンオフ@敦賀 〜前編〜

オフ会に行ってきました。
愛車プレマシー関係のオフ会で、敦賀でソースカツ丼を食べようというものです。
ソースカツ丼を食べることをメインにしたオフ会は2回目。1回目は、何年前だったかな〜。

今日は、集合が1時だったのに(敦賀まで下道で3hと見積もっていた)、7時に出発するというではないですか。なんでも、敦賀のほうに鉄道写真を撮るのに有名な駅があるそうで、そこに行きたいんだって。
結局、起きたのが7時・・・で8時に出発、しかも思ったより道が混んでいて、とても3時間では着きそうもなかったので途中で高速を利用。ついた駅は、北陸本線の新疋田駅でした。

20071115014.jpg

まだ新しそうなログハウス風のかわいらしい駅舎。
てっちゃんの事前情報によると、駅舎には撮影スポット情報や撮影した写真などが飾られているとのことだったんだけど、特に見当たらず。

ホームに出て端っこまで歩いてみる。

20071115006.jpg

たぶん、この線路がカーブしてたりするのが、写真を撮るのに良かったりするんだろうね。
ところが、なにぶんシロートなもので、そもそも何時に特急とかが通過するのかわからないし、遮断機が鳴り出しても、どっちから来るのかわからない(笑)
遥か彼方に歩いていったてっちゃんに、写真撮影をするっぽい人が用意を始めたのを見て、なにか来るみたいよ〜とメールを送ってみたら、野鳥を撮ろうとしていて撮り逃した!との返事。
いったい何を撮りにきたのでしょうか!?(笑)
オフ会の集合時間も近くなってきたところで、鉄道写真は難しいねーと捨て台詞を残して集合場所へ。

後編へつづく
posted by てつりん at 23:23| Comment(2) | TrackBack(0) | プレマシー(初代CP型) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

果物の名前

 近所のスーパーで最近気になるりんごがありまして。ついに買ってしまいましたよ。その名も「シナノスイート」

 以前から気になっていることはさとにも言ってましたが、反応はつれないもの。「ネーミング戦略にやられてるだけじゃないの?」と。そうかも知れないし、事実そうなんだろうけど、なんだかものすごく期待させてくれそうな名前じゃない。しかも「世界一」とか、「ゴールデンデリシャス」あたりと違って、大仰でもないし。

 買ってきた以上、鮮度が大事と思って、早速いただきました。う〜ん、さすが1個298円。うちで買うりんごの値段ではないだけに、それなりのものはありますね。でも小ぶりのもの4個で598円というのもあるので、小さくても味が同じならそれでいいかも。なお調べたところによると、「ふじ」と「つがる」の交配種で、もとは「あじぴか」と呼ばれていたそう。味がぴかいちってことなんでしょうか。失礼だけどこの名前だったら、わたしの心にはささらなかったな。そういう意味で名前って重要かも。


 さて、唐突ですがみかんの話も。指が黄色くなるんじゃないかと思うほど食べますけど、例年安くてうまい「山川みかん」を食べてます。でもハコ買いはしない。8〜10個入りのものを、必要なときにだけ買う。かびると悲しいからね。強力な山川みかんの牙城を切り崩すべく近所のスーパーから放たれたのが、その名も「あんみつ姫」。これまたネーミング一発勝負の雰囲気がムンムン。しかも隣に並ぶのは「あんみつ丸」。ううむ、両者の関係や、いかに!? 

 とりあえずきょうは、山川みかんと同じ値段で売られていた「あんみつ丸」を買ってみました。う〜ん、これは、かなり甘いけれど、みかんの缶詰のように甘い。「山川みかん」の牙城を崩すのは難しいようです。ホントは「長与みかん(現「ことのうみみかん)」の方が好きだったんだけど、流通の関係か産地間競争の激化かで、見かけなくなっちゃったんです。
posted by てつりん at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

芸術の秋2007 後半戦開幕

 芸術の秋2007 〜ライブ集中旬間〜も、いよいよ後半戦に突入です。そんなのあったっけ?と思う人は、上記リンクをたどれば第1戦の服部祐民子(9月7日)に行き着きます。なお第2戦は松任谷由実(9月17日)、第3戦は中島みゆき(10月13日)でした。

 さて、後半開幕戦を飾るのは、昨年のさときん音楽部門・新人賞にノミネートされた奥華子。柏駅周辺など路上で鍛えたキーボード弾き語りに、癒し系ボイスが心をとらえて離さない。一度聴くと忘れられない、決して斬新ではないんだけど親しみやすいメロディーが印象的。ひとことで言うとそんな感じのアーティストです。

 会場は21世紀美術館内のシアター21。ぼちぼち入ってましたが、満員ではなくまだまだ余裕のある感じ。ただ、このへんにおける奥華子の認知度はそんなに高くないと思われるだけに、「どこでみんな知って、やって来たの!?」というのが正直なところ。某アニメ映画で奥華子を知りましたという感じの、アニメおたくっぽい人も見かけず。下は高校生から、上は40代、50代くらいもいたかなぁ。なかなかお目にかかれないほどの、幅広い年代層でした。さすが、色あせぬ時代を超えた音楽性とか評されるだけのことはあります。

 ここが全国ツアー2本目ながら、1本目は地元の松戸だったこともあり、実質的にはここが初めてなのだそうで。おとなしい観客に、余計緊張がかき立てられたようで、序盤はそういう雰囲気が手に取るように見えました。でもおとなしいのはノリが悪いからではなく、静かに奥華子の歌声に聞き入ろうとしていただけのことなので、悪く思わないで欲しいところです。まぁライブ終盤には、金沢の熱さを感じていただけたようなので、盛り上がりにかなり感動していただけていた様子だったのでよかったです。また来て欲しいと思いますね。

 ライブは、路上弾き語りの頃に歌っていたのかも知れませんが、CD化されていない新曲が多くてねぇ。ところが正直なところ、同じようなコード進行なのか、同じような歌唱法だからなのか、多くの曲が同じように聞こえるのです(爆)。だから新曲だと言われても「あれ?そうだったの???」と思ってしまったり。歌い出した瞬間にどの曲かわかるほどに聞き込んで、予習バッチリで来た人も多かったと思うのですが、そういう意味では肩すかし。でも聴いたことのない曲だろうと、奥華子の癒し系ボイスと、心にしみいる普遍的メロディーは変わらないと思うのです。

 CDで聴く以上に、路上で鍛えたというライブの力量や、キーボードの表現力が際だついいライブでした。15日は富山なので、そっちにも行こうかという話が出たくらいです。それよりも12月31日の年末イベントに行こうかという話も一瞬よぎりましたが、いつもと違う年末年始を過ごした年は、ロクなことが起こらない(過去2回の実績あり)というのがうちの家訓ですので、心苦しいのですが遠慮させていただきます。そんな奥華子の癒し系ボイスに、ちょっとだけ触れてみたい人はオリックス自動車 いまのりくん(いきなり音が出ます)のページへ。本格的に触れたい人は、CD買ってください。

20071114001.JPG

 調子に乗って買ってしまったグッズの数々。でも後悔はしてません(笑)。左上から時計回りに、アンコールで着用していたTシャツ。たぶん奥華子によると思われる、歌詞の一節や絵の描かれた2008年カレンダー。持ってなかったメジャーデビューアルバム、「やさしい花の咲く場所」。下はグッズを買うともらえる、ツアーロゴ入り非売品トートバックです。
posted by てつりん at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

冬の水ようかん

 俳句では夏の季語である水ようかん。ところが福井では冬に食べるものなのだそうです(詳しくはこちら)。うちでも気が向いたら食べてます。近所のスーパーでもたまに売られていることがあり、100円引きになっていたのを保護。賞味期限が切れるというきょう、食べてみました。さっぱりした甘味がたまりません。

RIMG2007111302.JPG

 ところでウィキの「水羊羹」に関する記述によると、京都、福井、石川、山形では冬にも食べるのだそう。現にこうして食べてますけど、この言い方では石川にも冬の水ようかんがあるってことだよねぇ。知る限り金沢にはないような気がするのですが、もしかしたら上杉の水ようかんのことかも。宝達志水町に上杉というそば屋があり、そこで冬に水ようかんも作っているらしいんですよ。先日近所のスーパーで見かけて、でも2人で食べるにはかなりでかかったのでスルーしてそれっきり。ここの右上写真中にあるものだったのですが。

 そば屋+水ようかん。興味のある方、ご一緒します(笑)?
posted by てつりん at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホワイトバランス

蛍光灯の下であっても、ホワイトバランスは「太陽光」にしてみましょうというコメントをいただいたので、さっそく試してみました。

太陽光という選択肢はなかったので、「屋外」というものをチョイスしてみました。

20071112001.JPG

勘違いして昨日とは違う場所において撮っちゃったんだけど、全然色が違う〜。同じ被写体でも、ちょっといじるだけで全然違うとはおもしろいかも。でも、かなり奥が深そうな?(笑)

ちなみに、ひじを床について撮ったのでかなりブレブレになるはずだったんだけど、最近のカメラについている手ブレ補正の優秀なこと!だいぶ、ごまかせている?(いないか・・・)
posted by てつりん at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

12か月点検

 きょうはポッキーの日ですね(だからどうした!?)。うちのプレを、12か月点検に出してきました。

 しかし日曜のわたしは当面の間、某所に潜伏活動中。よって店に行くところから代金の支払い、自宅への帰還まですべてさとに丸投げ! したがって何がどうなってどこがどうなったのか一切不明。納品書を見た限り、実際のところは何事もなく(あっても困るが)、通常5000kmごとに行っているオイル交換をやや遅れて行った程度。

 ところがさとの独断で別伝票を切って、オフの小ネタと称して、すっごいもの取り付けられてたりして(笑)。見た目に関しては洗車してもらって、キレイになった程度かと思われます。
posted by てつりん at 23:54| Comment(4) | TrackBack(0) | プレマシー(初代CP型) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

狙った獲物は逃がさない

ヘビ女のさとです。

たまに物に一目惚れします。そして、欲しいと思ったら最後、数年がかりでも絶対に手に入れる執念深い女なのです(笑)

こないだ電気屋をブラブラしていたところ、機能申し分なく、操作性申し分なく、デザインも無難なデジカメ発見。
メーカーHPやkakaku.comに日参し、カタログを日々眺め、カメラ屋に通って触感を確かめ、てっちゃんにお願い攻撃すること数日、ついにゲットしました。

20071111005.JPG

リコーのCaplio R7です。
広角28mm〜望遠200mm 光学7.1倍ズーム搭載という、世間に数あるコンパクトデジカメの中でも、ちょっと特徴のあるカメラです。
リコーのマクロは良いらしいので、花の写真もとりたいさとにはぴったり。

全然迷ってなかったんだけど、ためしに店員さんにライバル機種であるパナソニックのDMC-FX33とどっちがおススメか聞いてみたところ、ほぼ即答でR7だったので、さとの直感はそう悪くないはず。

お値段の方はと言うと、1GBのSDカードと予備バッテリーがついて、kakaku.comの最安値+\3000ぐらいだったので、結構お買い得だったのではないかと。

露出やホワイトバランス、ISOなどを簡単に変更できるので、いろいろ勉強しつつ、撮りまくってみたいと思います。

20071111001.JPG

さっそく、HPに書いてあったやり方で背景をぼかしたマクロ写真を撮ってみた。
ホワイトバランスを蛍光灯にしてみたら、思ったよりも暗い写真に^^;
posted by てつりん at 23:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

加能ガニ

昨年から、石川県で水揚げされるズワイガニに「加能ガニ」というブランド名をつけたんだそうな。「加賀」と「能登」のカニで「加能ガニ」。安易といっていいのか?それとも覚えやすくていいネーミングだといえばいいのか?

さて、今年のズワイガ二漁の解禁は11月7日でした。
去年はものすごい悪天候で水揚げが少なかった上に、あまりいいカニじゃなかったんだけど、今年は天気が良く水揚げも多かったとかで、だいぶ安いらしいです。
うちでは、解禁されると、てつ母が持ってきてくれるので、それをおいしくいただきます。

ちなみに、持ってきてくれるのは金沢では「香箱(こうばこ)」と呼ばれるズワイガニのメスです。

20071110003.JPG

手と比べても、その小ささがわかるでしょうか?
金沢では、間違いなくオスよりメスの需要が高いです。

カニは食べやすいようにパーツごとにわけてお皿に盛ります。
金沢の嫁らしく、さとも数年前にてつ母に教えてもらって、今ではこの通り。

20071110002.JPG

左上:甲羅をお皿に味噌、内子(卵巣)
左下:外子(卵)
中 :足
右 :胴体

冬の金沢にきまっし!カニ食べさせてあげるよ〜!
posted by てつりん at 22:30| Comment(3) | TrackBack(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする