2013年07月31日

中国地方だいたい一周の旅【1日目】

 鳥取県内では、途中ものすごい雨に見舞われました。それでも強大な晴れ男パワーを持つためか、島根県内に入る頃には青空も見えていました。国道9号線の宍道湖畔を、西へと快走します。
2013073101.jpg 2013073102.jpg

 そして最初の目的地、出雲大社へ。記憶をたどると、ここに来たのはこれで5回目でしょうか。と思ったのですが、隣には、過去の訪問時には存在しなかった博物館が。どうも6年くらい前にできたところだということで、これは行っておかなきゃ!でしょう。ということで博物館前で1枚。
2013073103.JPG

 出雲大社はかつて、ものすごい高層建築だったらしいです。そんな研究を裏付けるような発掘成果もあったのだとか。館内の有料ゾーンに入ると、まずはそんな柱がドーンとお出迎え。確かにこれを見ていると、高層建築だったってのもウソではない気がするし、ここにはそんなものを建てさせるだけの何かがある気がする。さらに進むと、荒神谷遺跡から出土した358本の銅剣などの展示がドーンと。これ、発見当時(1984年)に日本国内で出土した銅剣すべてよりも多いわけですから。そしてその横には、加茂岩倉遺跡1か所から39個も出土した銅鐸が大量にドーンと。ちなみにどちらも国宝だそうです。
2013073104.jpg 2013073105.JPG 20130731051.JPG

 充実の展示内容にかなりおなかいっぱいになったので、併設のカフェへ。赤いのは浜田名物の赤てんといって、まぁ練り物に唐辛子を入れて揚げたものといった感じでしょうか。ところがカレーもなかなか辛くて、赤てんが辛いのかどうかよくわからなかったという。食後にお茶とお茶菓子も出て、これで1100円ですよ。このへんってなかなか物価が安くて。もちろんそれだけではない、いいところですよ。個人的には現住所以外のところに住む機会があれば、迷わず島根県を選びます。県外の事業所に勤める機会があればぜひ行きたいところなのですが、残念ながらうちの会社は全国組織のくせに、都道府県単位で採用してますからしょうがない。
2013073106.JPG 2013073107.jpg

 そしていよいよ出雲大社に参拝。やっぱここは、日本の誇るパワースポットだと思うなぁ。八重垣神社からもかなり強烈なパワースポットのにおいはするけれど、今回はパス。ついでに竹内まりやの実家出雲大社前駅を車窓観光して、旧国鉄大社駅へ。
2013073108.JPG 2013073109.JPG

 建物に風格がありますが、内部も堂々としたものです。かつてはここに多くの参拝客が降り立ちましたが、今では列車の来ない駅になってしまいました。それでも当時の時刻表、運賃表が残されています。
2013073110.JPG 2013073111.jpg

 ホントはこの日、石見銀山も見ておく予定だったのですが、かなり時間が押していたので、時間が余っていたら行こうと思っていた仁摩サンドミュージアムへ。砂が落ちるまでに1年間かかるという、世界最大の砂時計がウリの施設です。が、砂が落ちているのが見えない。。。そういう話を受けてなのか、床に同じ大きさの砂時計が置かれていたのですが、やはり落ちる砂が見えない。。。砂時計を見ようと思って行くと、ちょっと微妙な後味が残りそうです。
2013073112.JPG 2013073113.jpg

 そもそもこのあたりは鳴き砂の海岸があって、その砂を使って砂時計を作ろうというところから始まったらしいです。なので砂とか海岸とか鉱物とか、そういった方面をめあてに行くとがっかりしないと思います。

 そしてこの旅唯一のまともな宿泊先、温泉津温泉の輝雲荘に今夜の宿を取りました。ちなみにこのエリアは、石見銀山の銀を輸出する港として栄えた町で、世界遺産石見銀山の一部をなしている地域です。泉質もよくて、食事も大満足で、すてきなところでした。温泉街が古くからの町並みを残していて、クルマで入って行くとすれ違い困難なところもあるけれど、それもまたよしって感じで。銀の積出港だったところも含めてもっとゆっくり町歩きを愉しんでみてもよかったのですが、旅にはちょっと心残りな部分があったほうが、また来ようと思う気持ちが生まれるってことで。
posted by てつりん at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月30日

中国地方だいたい一周の旅【0日目】

 先日の予告通り、ちょっと旅に出てきます。

 仕事上ちょっと余裕がある時期になったとはいえ、なんだかいろいろとすること満載状態で、過去の遠出にしていたようなきちんとした準備はできないままに見切り発車な感じでした。具体的には、どこをどの順番に回ろうかとか。走って行くと、何時にどこを通過するので、目的地には何時頃に着くのかとか。以前はそういうのをきちんと書いて、それを見ながら走ったりしていました。あと、寝ないで走ることが計画に入っていたから、しっかり寝て、眠くなる時間を後ろにずらしたりとか。


 娘が寝た後に出発。見送るさとに、「この瞬間が一番楽しみなんだけどね」。「この瞬間から、終わりに向かっていくわけだし」って言っちゃったけど、あれやこれやと計画している段階が一番楽しみな気がする。21時過ぎに自宅を出て、日付が変わった頃、敦賀市内で休憩です。国道27号線って、一時期はかなりの頻度で通った気がするけど、敦賀から舞鶴までの区間を走るのはものすごくひさしぶりな気がする。小浜でどうしても眠くなって仮眠。さらに別のところでも仮眠2回。島根県内に入った頃には、翌朝の7時を過ぎていました。
posted by てつりん at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月29日

すっごいスイカ味!?

 先日、ドラッグストアでこのようなものを見つけました。
2013072901.jpg

 すいかの飲み物がなぜ失敗に終わるのか。ゲテ汁の称号を得て、歴史に名を刻めるならまだマシな方で、記録にも記憶にも残ることなく、多くがひっそりと消え去るのはなぜか。なんでも一般的なジュースのように果汁を絞っても、味が出ないために失敗に終わるって話を聞いたことがあります。確かにすいかの果汁(そもそも野菜なのに、果汁って言うのか謎)って、そんなに味がしないからねぇ。

 というわけでゲテ汁ならぬ、ゲテ菓子の気配がするんですよ。しかも、パッケージには、「すっごいスイカ味!」の文字が。スイカ味じゃなくて、すっごいスイカ味ってなんだ!? イヤな予感がするんですか、あえてそれに挑んでみたい気持ちもあり。結局買ってしまいました。

 感想。笑っちゃうくらいすいかの味がします。しかも、黒いチョコチップは、タネをイメージしているのか!? この味はあれだな。すいか味の商品としては唯一の成功を収め今に至っている、ロッテのスイカバーの味だ。これはこれでありだと思うんだけど、さとや娘たちの評判はあまりよくありませんでした。来夏も販売されるのか、もしくは大コケし、リベンジに挑んでくるのかなど、今後の展開に目が離せません!?
posted by てつりん at 22:44| Comment(2) | TrackBack(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月28日

デリカD:5に乗ってきた

 確実に何度か書いているという自覚症状がありますが、いわゆるクリーンディーゼルにはとっても興味があります。長く、遠くまで、10年15万kmとかを見据えて乗った場合の信頼性に、どことなく不安を感じるハイブリッドよりも興味がありますね。

 エンジンをあまり回さなくても、低回転からじわっと湧き上がるトルク感がよくてねぇ。そういう意味では欧州系のクルマに増えている、小排気量エンジン+ターボの組み合わせもいいと思うんです。それでも燃料代の安さで、ディーゼルに軍配を上げたいところ。

 日産エクストレイル、マツダCX-5、そしてアテンザと乗ってきて、今のところ最後の牙城というか、唯一の未踏峰(笑)。三菱デリカD:5に乗って来ました。実はディーゼルがあったということを、すっかり忘れていたんですね(コラ)。調べたところによると、今年から販売開始になったらしいです。

 
 ディーゼル車がある店舗をネットで調べて前の日に行ったところ、別の店舗に貸し出されているということで、改めて訪ねたきょう。おそらく応対した営業マンがわたしのクルマを覚えていて、なおかつわたしがやってきた時に偶然店の外付近にいたのでしょうか。敷地内にプレが進入→デリカも動き出す→プレが駐車枠内で停止→デリカがわたしの方に向かってバックし、近くで停止→「これかな?」とわたしが近寄ると、営業マンが「どうぞ乗ってください」って。そんな滑らかで美しい対応、この店では初めて見ましたよ(爆)。

 運転席に座った印象としては、フロントガラスの下端がものすごく遠い。ダッシュボードに置いたものを、向こうに落とそうものなら、まず取れないんじゃないかと思うほど遠いです。でも、そこから先のボンネットは、外から見ての通りそんなに長くないので、車両前端までの感覚をつかむには好都合なのかも。正直、買うかもってレベルで見に来ているわけではないので、とりあえず慣れの問題でなんとかなるでしょうということにしておきます。

 さて、気になるディーゼルのほどは、どうなのでしょう。カタログ上の数値では、出力、トルク、燃費においてマツダのCX-5に劣ります。まぁでも、このサイズでこの燃費ならそんなものかなって思える数字ですし、燃料も軽油ですから。ディーゼルが選べるだけエライと思いますよ。

 走らせてみた印象。アクセルを踏んでどれだけ走るか、どれだけディーゼルな音が不快かといった、試すような走り方はせずに、これがうちに来たらこんな感じで乗るだろうといった感じで走らせました。最大トルクが出ている2000回転あたりで、十分普通かそれ以上のペースで走らせることができます。他社、特にマツダと比べて遅いとか、うるさいとかいったことは感じませんでした。でも、クルマのキャラクターの違いもあると思うんだけど、スポーティーに走れますって気持ちにはならなかったなぁ。そういうクルマでもないし、気にすることではないと思うけど。

 ディーゼル以外の部分の感想としては、かなり広い。そして運転席まわりの収納がいたれりつくせり。さらには、交差点をきゅっと曲がっても意外と腰高感がない。むしろ、かなり安定感がある。デリカというものに対してはちっとも興味がなかったのですが、これはこれでなかなかいいクルマじゃないか。そんなことを思うようになりました。

 運転席周りと、走りの部分ばかりを見ていたので、店内にある展示車もじっくりと見てきました。う〜ん、2、3列目も、かなり広いじゃないか。そして見れば見るほど、デリカというか三菱=RVな感じでよく作られていることがわかる。営業の話によると、CVTではなくて6速ATなのは、CVTで砂浜に入ると油だったかミッションそのものだったかが熱を持ってしまうからなのだそうだ。もちろん普通に走るぶんには何ら問題はないんだろうけど、デリカD:5を、これまでのデリカのイメージで使おうとすると、そうした問題が起こるのだとか。そんなわけで、牽引もできるって。

 うちで買おうと思うかどうかはさておき、デリカってすごいねぇ。唯一無二の存在だと思ったよ。買いに来る人はほぼ競合もなく、一点指名買い状態で来るって言ってたけど、それもわかる気がする。見た目に好き嫌いがあると思うけれど、外装は乗り降りの一瞬しか見ないからそれならそれでよくて、内装がきちんとできていればガマンできるって話を聞いたことがあるけれど、まさにそう思える1台です。
posted by てつりん at 23:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 試乗記・クルマ談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月27日

花火大会

 地元の花火大会に行ってきました。
2013072701.jpg

 ちょっと奮発して、お金を出して見てきたんですが、これが大正解でした。1人500円×4の、シートゾーンのチケットを買ったのですが、上の写真のような感じでなかなか周囲とはいい距離感。1人あたりの面積とか、シートの大きさにも特に制限はなく、4人が寝そべっても問題のない広さも確保できました。

 ちびっこ連れにさらに嬉しいのが、こうした有料ゾーンにいる観客向けに、簡易トイレが用意されていること。さらに、1000円以上の協賛金を払えば、会場近くの工場の敷地内にクルマを停められます。なので3000円で、クルマで行けてなかなかの至近距離トイレ付きで、周囲にも気兼ねなくゆったりと見られます。iPhoneだとキレイに撮れませんでしたが、とりあえず1枚。
2013072702.jpg

 欲を言えば縁日ゾーンに気安く出入りできればもっとよかったけど、弁当を持ち込んで開始まで待つのがなかなかよかったです。周囲を見たところ、クーラーボックスを持ち込んで、いい気分になる液体を嗜んでおられる方もいて、ちょっとうらやましかったですね。
posted by てつりん at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

俺のプレがこんなに綺麗なわけがない。

 きのうから、気合いを入れて心の準備をしていたわけですが、今朝初めて今の愛車を自分の手で洗車しました。自宅前で洗車をしたのもどれくらい振りなんでしょう?って感じですよ。

 建物を背に、西側に駐車場のある家なので、朝だといい感じで日陰になって夏でも洗車がしやすいんです。それでも途中からはルーフに日光が降り注ぎ、熱を持っていました。

 すっかりキレイになって、さらにルーフとボンネットにはマツダ純正コーティングについているツヤ・撥水強化剤をぬりぬりしました。シミ抜き剤もぬりぬりして、ボンネットの水シミの跡もバッチリ。これで来週に迫った、中国地方だいたい一周の旅でも、各地の名所からプレ入りの写真をお届けできるかと。さらに近所のコイン洗車場に行って、車内に掃除機もかけてきました。

 あまりにキレイなのでねぇ。ここまでキレイな時って、そうはないくらいキレイなので、写真を撮ろうと思ったのですよ。ところがキレイすぎて(笑)、どこから写真を撮ってもわたしが写り込むので写真はなしです。クルマがキレイになると、雨が降ってほしくない反面、気持ちいい撥水効果を見たいからと降ってほしいような気もする、微妙な気分になるのはわたしだけでしょうか。
posted by てつりん at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | プレマシー(2代目CR型) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月26日

いまさらですがナビってすごい

 あまり大きな声では言えないのですが、顧客まわりをしています。

 仕事の一環でやっているので、顧客まわりそのものは別にやましいことではないんです。ただ、詳細なことを書きすぎると、わたしの正体が・・・ってことで、顧客まわりの件はここまで。

 で、こういう時にものすごくナビが便利なんですね。機械に頼りすぎると道を覚えないので、遠出するときも自分なりに道を調べないと気がすまないタイプなのですが、やはりナビの利便性はわたしの事前調査を超えたりする。住所を入力すれば、あとは走るだけ。走ってて見えにくい路地とか、微妙な距離感とかは、ナビの案内に軍配が上がるんです。

 会社の同僚が、ナビに頼りっぱなしだと言ってましたが、それもわかる気がします。欲をいうと、取り外して自宅の中でプランニングができたりすると便利なのですが、6年前の機種でもわたしは大満足でございます。
posted by てつりん at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | プレマシー(2代目CR型) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月25日

蕎麦屋

 先日のことですが、会社の同僚とランチに出かけました。

 前の日に飲み会があって、ガッツリ食べてきたので、ここではちょっと控えめにしたい。蕎麦なんかいいよね。そんな感じでぐだぐだしゃべっているうちに、1軒の蕎麦屋を見つけました。

 で、行ってきたわけですよ。わかってないと絶対にたどり着けなさそうな住宅地の中。わかってないと通りすぎてしまいそうな、いかにも普通の民家っぽさ。せっかくなので、3種盛りを頼んでみました。
2013072001.JPG

 右から十割細麺、二八太麺、二八細麺だったかな? 太麺については、蕎麦でありながら、うどんかと思うほどの食べごたえ。どれもおいしかったのですが、太さの違いからくる食感以外で、3種の違いがわたしにはわかったかどうかははなはだ疑問(爆)。

 それでもおいしかったので、ここに挙がっている蕎麦屋ならある程度は信用が置けると思いました。そばがあまり好きではないさとも一目置く近所の蕎麦屋は、ここの仲間ではないのですが、それに匹敵するか超えるかものそばの世界がきっとあるはず。自宅の近所にも何軒かあるので、そのうちいろいろと食べ歩いてみたいと思います。
posted by てつりん at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月24日

13歳は二度あるか

 吉本隆明氏の本を読んでいます。「戦後思想界の巨人」と呼ばれたりもするらしいんですが、不勉強なのでどうも思想方面は弱いんです。

 ほぼ日かどこかで親鸞のことを載せてた記憶もあるんだけど、まぁ気になる方はちょっと調べれば、きっとわたしよりも深い知見が得られることでしょう。えぇ、どうもそっち方面は苦手でねぇ。きちんと読めば、わかる部分はたくさんあるんだろうけど。

 で、今読んでいるのが、タイトルにもある「13歳は二度あるか」。まだ読了していないのですが、3ページくらいずつ、いろんなことが中学生向けに書かれています。もちろん、大人でもなるほどと思うことがたくさんあります。大人になってわかるようなことを、この本を読んで中高生くらいでわかっていたら、もうちょっと違う大人になれたんだろうなって思います。まぁ、言い訳っぽいですけど、わたしの中高生の頃には、この本は出版されてなかったのでしょうがないんだけど。

 例えば、複数の新聞を読むといいとか。それを実行した上で、なぜそうするとよいのかがわかったのは、大学に入ってからでした。できない、もしくはやらない人間を糾弾するよりは、自分も含むみんなでやっちゃった方がいいとか。30代も終盤まで来て、ようやくそのことがわかってきた気がする。個人的な個人と、社会的な個人(ちょっとうろ覚えですが)は別のもので、これを区別できないのが日本人のよくないところだとか。確かに社会的な部分に、個人的な事項を持ち込んででかい顔とかするのがいるなぁ。

 ちなみに、まだ途中なのに、うっかりあとがきを読んでしまいました。それによると、吉本隆明氏自身もうろ覚えなんだけど、こんな話から来ているのだとか。

 江戸時代の殿様だったか何だったか。まぁ、それなりの人が、家臣にこう言われたんだそうです。「まだ若いんだから・・・」みたいなことだったらしいんですが。それに対して、「13歳は二度あるか!」と反論したんだとか。13歳どころか31歳もすでに時の彼方で、38歳だって残り少なくなっちゃったけど、「◯◯は二度あるか!」という気概で生きたいと思うのだな。39歳は、1回くらいあると思っているけれど、もしかして実はないのかも知れないし。
posted by てつりん at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月23日

助手席の違和感について

 うちにやってきてもうすぐ1年。CRプレマシーはとっても快調です。

 ものとしては6年前のもので基本設計はさらに前なので、自動車メーカー各社の最新モデルと比べると、なんだかねぇって思う部分も実際にはあるのでしょう。そんな部分は気にならないのですが、最近ちょっと気になる部分が出てきました。

 ことの発端は、さとの指摘からでした。どうも、助手席のすわり心地が悪いと。運転席と助手席は、果たして同じシートがついているのだろうか?と。わたしは特に気にしてなかったのですが、先日ふとしたきっかけでさとの言うことがわかるようになりました。

 どうもねぇ、シートリフターのあるなしで、座面の高さに違和感を感じるのが原因みたいなんですね。運転席はめいっぱい下げてあって、その感覚で助手席に座ると、なんだか腰高感があると。

 そんなわけで、レカロとかの装着後のため、もしくは廃車になったなどで、不要になった運転席シートが欲しいです。あっ、シートベルトの位置が逆になるから、左ハンドル仕様の運転席じゃないと移植できないのか?
posted by てつりん at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | プレマシー(2代目CR型) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月22日

数年ぶりのスケールで

 ここ数か月、どこかへ行きたい熱が高まっています。たぶん仕事とかに疲れてきており、心のリフレッシュをしたかったりするんじゃないかと。

 なので2〜3か月前から構想を練って、ちょっと遠出をすることにしました。きょうはそんな構想の、その1(個人戦)について。

 山陰方面、好きなんですよ。さともなんだけど。で、一時期は2年に1回くらいの勢いで行ってた気がするんだけど、最近はちっとも行ってないなと。そもそも最近は、東に行く機会が増えている気がするけど、西はせいぜい大阪くらいまで。だったら島根方面とかどうよ? 世界遺産になる前の石見銀山は行ったことがあるけど、世界遺産になってからはどうなんだろう? そしてせっかくの機会だから、ひとりだからこそ行ける、平日だからこそ行けるところへということで、マツダミュージアムへ。そんな感じの計画が、いよいよ具体的にまとまってきたので、ここにお披露目させていただきます。

【7月30日】
 夜に自宅を出発。ひたすら下道で、だいたい日本海岸を西へ向かいます。

【7月31日】
 朝に松江着。松江城とか宍道湖畔くらいは車窓観光するかも知れないけど、メインはあくまでもっと向こうのほうなので。午前中に出雲大社やその周辺。午後は石見銀山周辺。実は世界遺産石見銀山エリアに含まれているということを最近知った、温泉津(ゆのつ)に宿泊。この旅で唯一の、まともな宿泊先なので、飲んだりしながらしっかり疲れを取ります。

【8月1日】
 国道9号線の、走ったことのないエリアをさらに西へ。益田からは日本海を離れ、津和野へ。調べたらやまぐち号の運転日でもあるみたいだから、写真を撮ったりしたいなぁ。もちろん津和野の町歩きもしますよ。そして知る人ぞ知る山口県内の有名スポット(?)、山賊で夕飯。気持ちよく足を伸ばしての車泊も、さぞかし気持ちいいことは過去に確認済みです。

【8月2日】
 午前中は呉へ。どこまできっちり見られるかわかりませんが、とりあえず大和ミュージアムは見ておきたい。早朝から活動できるなら、呉の町歩きもしたいところ。そして午後はマツダミュージアムへ。新婚旅行で行っていますが、それ以来なので9年ぶりですな。夜は広島のB級グルメ?いや、ソウルフード!?お好み焼きを食べようかと。この日もどこかで車泊してます。

【8月3日】
 この日はひたすら家路につくだけなのですが、途中、カーネルパフェに行きたいなと。ケンタッキーの食べ放題に挑みます。


 という感じなのですが、移動距離と泊数で見ると、ここ10年では新婚旅行以来のスケールですよ。楽しませてくれる(放置している!?)さとには、厚く御礼申し上げるとともに、娘たちも含めたてつりん家全員で行く団体戦の企画もそのうちお披露目いたします。
posted by てつりん at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

めんどくさい

 先日、さとと話していたら、こんな話になりました。

さと:「(娘2人に続く)3人目はないだろう」← 前から経済的理由でこの話はあった
さと:「だって、めんどくさいし」

 えっ!?めんどくさい?

 正直、ちょっと意外な理由だったんです。そっか、めんどくさいかと。で、具体的に何がめんどくさいのかを聞いてみることにしました。

 個人的にはみっちゃん、なっちゃん両方の時にあった切迫にまつわる入院とか、意外と侮れない検診とか、つわりとか、夏の妊婦(暑いらしい)とか、出産時の痛みとか、そういったものをめんどくさいと言っているんだと思っていました。ところがそうではないと。

 ベビーバスでの沐浴。触るのにすら気を遣う、首の座らない新生児。夜中でも容赦ない、2時間に1回の授乳。まだ固形じゃないからベトベトになって、拭くのも大変なおむつ交換。離乳食。手づかみで食べたがる時期。食事のしつけ。着替えの方法。トイレトレーニング。そういった、新生児が人っぽくなっていくまでに通過する諸々のプロセスすべてがめんどくさいと。

 これを書きながら思ったのは、確かに1から恋愛を始めて一定のゴールにまで持っていくのは、楽しそうだけどめんどくさそうでもあるよなぁってこと。出会い→お互いの理解→あれやこれやも含むお互いの理解(具体的な中身は自己規制)→時に困難の波を乗り越えるってプロセスが、今思うとめんどくさいというか、ここまで来たものをもう1回って考えると、大変な労力を要するってのはわかる。

 さと曰く、結構簡単にやっていたように見えて、いろいろと考えて勉強して、実行していたことがたくさんあったんだそうだ。しかも、それを2回も。で、それをもう1回ってのは、無理だと。ちょっと斬新な解釈を得た気がしました。
posted by てつりん at 23:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月20日

夕涼み会2013

 毎年の恒例行事、娘の保育園の夕涼み会に行ってきました。
2013072001.jpg

 ちなみに昨年の模様はこちらから。2011年の模様もありましたので、こちらからどうぞ。

 今年からはなっちゃんも、みっちゃんのおさがりですが甚平を着て、みんなと輪の中に入って踊る年代になりました。輪の中へ行けるのかと思っていたら、姉がしているから自分もできる!と思っている部分が多々あるのか、意外と無難にこなしてきました。上の子がいると、本人なりに見通しが持てるってのもあるんでしょうねぇ。
posted by てつりん at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やれやれ

 一区切りついたので、ちょっとのんびりできそうな感じがして来ました。

 実際のところはもう一山あるのですが、来週末にはそれも解消といったところとなるでしょう。

 大変なことになりそうだと思う反面、やってみればなんとかなるだろうとも思ってスタートした新年度。かなりがんばってたんじゃなかろうか。がんばりきれなくて、ずるずる後退した部分もあった気がするけれど、それでもよくがんばったぞ自分。そんな感じですな。

 さて、これが7月1回目の記事投下になるわけですが、書いてないネタとしてどんなものがあるのか。思いつくままに書いて、ひさしぶりの一山いくらの日って感じにしておくことにしましょう。

【そのうち書かれるかも!?のネタ帳】
・6月の月例報告
・最近気づいた、CRプレマシーの残念な部分について
・粉瘤との戦い
・同窓会でした
・夏の個人的旅行について
・何年ぶりなんでしょう!?の、夏の家族旅行について
・墓参りに行ってきた
・歯医者に行ってきた
・うまい蕎麦屋発見
・夕涼み会でした
posted by てつりん at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月13日

とある会合で(2013年版)

 毎年恒例になりつつある、とある会合に行ってきました。4回目にして、4年連続の参加です。

 こういうものはひとりでも行くものだし、ひとりで行くからこそ価値があるって部分もあったので、そういうことはあまり気にせずに出かけたりしていました。

 で、最初はホントにひとり。でも実はひとりではなかったということをあとで知りました。2回目はひとりではなくて3人。そして3回目は、4人。4回目の今年は、、、何人だったんだろう? 片手では数え切れないくらいいたし、ほかの世代にもこれまで見かけなかった人が来てくれるようになってきた。

 まぁそれくらい、少しづつだけど大きく、形になってきたイベントなんだと思うと感慨深いものがあります。Facebookが一役買っているという話も聞いていますが、それでもわたしはFacebookはしません。というより、わたしひとりくらいがしなくても、ここまで来ると勝手に拡散していくような状態になるのも、時間の問題な気がします。

 そして写真特集。肖像権にはちょっとだけ配慮しましたが、むしろ有名希望、顔を売ってなんぼの方々なので。左から順に、とある有名バイオリン奏者、猫十字社のみなさんでございます。素敵な音楽を聴かせてくださいました。
2013071302.jpg 2013071301.jpg

 来年もきっとこの時期、7月の海の日が絡む連休の土曜開催かと思われます。関係各位は今のうちから予定をあけておきましょう。もっといろいろ書けることはあるんだけど、個人的な事項にも関わってくるのでこのへんで。
posted by てつりん at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月12日

2013年6月 月例報告

 あれ〜、いつの間に書いてありましたかぁ〜? って感じですが、先月はこんな感じでお越しいただいていました。初めての方にも、常連さんにも、その間さんにも、厚く御礼申し上げます。

1.コンビミニ 118(3)
2.夏 111(4)
3.福袋 99(5)
4.プレマシー 74(1)
5.2013 67(ー)
6.髪の毛 19(ー)
7.ウォルドルフ人形 17(11)
8.ブログ 16(ー)
9.北野食堂  16(2)
10.中型限定解除  15(6)

検索数 1,791 (5月1,479) 
訪問者数 2,078 (5月1,912)
ページビュー数 11,134 (5月10,320)


 夏冬と年に2回やって来る、福袋関連フィーバーがやってきたという感じでしょうか。関連ワードが上位に並び、プレマシーは7連覇でストップでした。でも、冬は知ってたけど、夏の福袋フィーバーってあったっけ?と思って調べたところ、昨夏は夏の福袋に関わるものは一切見られませんでした。どうも、今年初めて見られ出した傾向だと思われます。でも、今年も、昨年も、夏に福袋は買っておりません。あしからず。

 あとはそのあおりを食ったのか。毎月一定の検索がある、基幹コンテンツと勝手に呼んでいる、北野食堂、中型限定解除、腰椎圧迫骨折が低調。特に腰椎圧迫骨折は、20位圏外に去りました。まぁ2006年の話題だし、今後おそらく記事が追加されることもないものだから、それもしょうがないと思うけれど。

 夏ですから、北野食堂ネタもいいですねぇ。でも、ここ1か月くらいで一気に激太りしてきました。4kgくらい増えましたねぇ(いつなのかは秘密だけど、更新日ではなくて書いている日現在で)。過去に食べたことのあるものだし、多忙感もあって記事にしなかったけれど、事の発端は6月に行った北野食堂ではなかろうかと。会社の若いのを連れて北野食堂に行き、オムライスの大盛りを食べたのだよ。ちなみに北野食堂初陣の若いのは、普通盛りでいっぱいいっぱいな顔をしていました(笑)。

 で、それを機になのかなんなのか。仕事のいっぱいいっぱいな感じと相まってか、過食モードにスイッチが入ったみたいで。あとは7月始めから続く、毎週1回開催されちゃってる各種飲み会。8月の展望として、社員食堂が使えないのをいいことに、ランチで外食に走るのではなく、ランチ絶食作戦で重量削減を試みるというのはどうなんだろう。まぁ、逃げを打っているようなことを書くけど、外の気温と体温の差が激しくなると、恒温動物であるヒトは、体温を一定に保つためにエネルギーを消費するんだって。つまり、外の気温と体温の差が小さくなる夏は、実は意外と痩せにくいと。知ってましたか!?
posted by てつりん at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 月例報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月08日

再発

 少し前から気になっていたのですが、定期的に背中のあたりをにぎわすアレがまた帰ってきました。そう、粉瘤(ふんりゅう)ですよ。数年周期で定期的にあがってくるネタなので、「粉瘤との戦い」ってカテゴリを新設したくらいです。粉瘤について詳しく知りたいなら、過去の記事を読んでいくといいと思います。あと、動画で検索すると、なかなかグロ注意なものも見られます。

 ところが最近仕事が忙しくてねぇ。相当まずい状況になってきたと思ったので、さすがに病院に行ったのが土曜のこと。いや、仕事を休まずに、近所の病院に行けるとなると、土曜しかないわけだし。速やかに始末してもらいたかったので、最後の姿だと思って1枚撮っておきました。
2013071601.JPG

 しかし応対した医師は、無情にもどうにもならない旨を告げたのでした・・・。
「過去に1回治療をされているのに、きちんとしないでこうなったわけだ」
「そういう人には、ボクは厳しいんだよ」
「このクスリは効かないんだけどなぁ・・・、これだけ大きいと、もはやどうにもならないよ」
「きちんと治療するとなると、ほぼ毎日来てもらうことになるよ」
「会社がそこなのか・・・。う〜ん、××(地名)の◯◯さん(うろ覚え)だったら夕方までやってるし、会社からも近いし、紹介してもいいんだけどなぁ・・」


 さて、週末を挟んできょう。なんかもう、いよいよ風雲急を告げてきたという情勢になってきました。
2013071602.JPG

 ちくびじゃないんですよ(笑)。一応、背中ですからねっ。この白っぽいのが、おそらく過去数年分の老廃物で、これが破れたりしたらかなりくさいものが放出されるのでしょう。あと、痛みも伴ってきたので、うろ覚えながら「××の◯◯さん」というのをさと検索で見つけ出し、勤務時間終了後に行ってきたのでした。そして、むにゅむにゅポンされてきました。

 えぇ、結構痛かったけど、ひとまずスッキリしました。で、あしたも来てくださいと。実はさかのぼり更新だから言えるけど、結局この日を皮切りに9日、11日(ホントは10日も来てほしそうだったが午後休診のため通院不可だった)、13日、16日、18日と通いましたよ。で、傷口がふさがったので、ひとまず終了。

 今後の展開としては、化膿がおさまって落ち着くまで3週間はかかるだろうと。その後、摘出となるそうです。なお、摘出した場合、同じ場所での再発はなくなるでしょうが、抜糸が終わるまで5日間、傷口を濡らす入浴は不可であると。う〜ん、夏に5日間入浴不可ってなんだかねぇって思うけど、この時期はうちではどうせシャワーなんだから、時間の取れるうちにやっつけちゃうのが得策かもなぁ。時間がないからとそれをしないで引き伸ばして、再発させて、最初に行った医師に怒られちゃったわけだし。盆明けにでも、ちょっと考えてみることにします。
posted by てつりん at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 粉瘤との戦い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする