2013年08月28日

行き違いではなくて待ち合わせ

 きょうは、少し前のニュースから。

 JR西日本米子支社(鳥取県米子市)は26日から、単線区間で列車がすれ違う際、駅で停車することを伝える車内放送を「行き違い」から「待ち合わせ」に変更した。

 利用者から今月上旬「出雲大社で縁結びを願う女性が乗っているのに『行き違い』は残酷。『待ち合わせ』ならロマンチックでは」とメールで指摘され、変更を決めた。


 いや、これ、すっごくいい話でしょう。

 やくもは大昔、20年以上前に乗ったことがあるんです。どこかで書きましたかね? 381系で、振り子がかなり気持ち悪かったみたいで、帰りに隣の席になった人は、気持ち悪さをやわらげるためにわたしに話し相手になるよう求めてきたって思い出が。おかげさまでお互いにイヤな思いをすることなく岡山まで行けたというレベルどころか、なかなか興味深い話が聞けたので、それも縁だったのでしょう。相手はわたしと同じ、男でしたが。

 結局あのへんには何度となく行ったけれど。わたしの何度も行った旅行先ランキングでは、苗場プリンスと並んで1位か2位か。まぁトップレベルであることに変わりはないけれど、やくもに乗ったのは最初の1回っきり。カーブで自分が乗っている2両前の車両が見えたり、なんで根雨とか生山とかマニアックな駅(失礼!)に停まるんだって思ったり、沿線風景が限界集落を突破してゴーストタウンになってるのが見えたり、なかなかおもしろかったなぁ。次にあのへんの鉄道に乗るのなら、サンライズかなって思いますけど。
posted by てつりん at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月27日

すぐ使わないもの

 しばらく会社のオフィスが、同じ建物内とはいえ別の場所に引っ越していました。それがようやくもとの場所に戻り、荷物ももとの位置に戻って、やる気はないけどとりあえず仕事もがんばろうって態勢だけはできました。

 それから数日経って、わたしの机のところにダンボール箱が1個。どこにあったのかわかりませんが、どこかに放置されていたのを、誰かが気を使ってわたしのところに持ってきてくれたのでしょう。

 笑えるのは、その1個がないことにちっとも気がつかなかったってこと。しかも箱には、「すぐ使わないもの」との文字が。えぇ、確かにそういう分類で箱に詰めた覚えがありますよ。

 中身を開けて、ちょっとのぞいて見ました。う〜ん、確かにすぐ使わないものだ。じゃぁいつ使うの!?今でしょう!ってことも絶対にない。というか、ずっと使わないかもしれないものだ(爆)。

 勉強になったな〜と思える研修の資料とか、結構持ってたりするんだけど、正直まず見ることはないんだよね。そもそもそれらの存在を忘れてしまって、無意識のうちに仕事するわたしを支える血や肉になってるって感じ。そして多くの吸収されなかった部分は、排泄されて残らない。その排泄された残りカスが、すぐ使わないものの中身だとしたら、結局それっていらないものだったってことなんだよな。
posted by てつりん at 21:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事っぽい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月26日

鉄道の街から【その2】

 ちなみにその1って書いてないけど、その1はこれです。

 ちょっとわけあって、博物館に行ってきました。旅行だったらふとこういうところに立ち寄ったりするけれど、自宅の近所だったりするといつでも行けると思うのか、なかなか行かないよねぇ。そんな感じのところです。

 ところが。あんまり声高に言わない気がするけれど、実はこのあたりは鉄道の街だったりするので、ちょっとした博物館でしかないように見えて、鉄な展示があったりするんです。
2013082601.jpg 2013082602.JPG 2013082603.jpg

 左から、500系新幹線。う〜ん、このエリアになんのゆかりがあって展示されているのか謎ですが、百歩譲ってわたしが500系が好きだからってことでとりあえず許しておきます。ただし、車両上に置かれた帽子は、JR西日本バスの帽子のようです。そして夏休みってことで広大なプラレールの展示も。なお写真には、実物の半分くらいしか写っていません。実際のプラレールのレイアウトの大きさは、写真の2倍くらいあります。そして以前は、Nゲージの展示をしていたらしいのですが、リニューアル中につき、作業中の様子のみ。新幹線の開業に向けて完成させるのでしょうか。地元の鉄道好きなど有志が、こつこつとボランティアで作っていっているらしいです。

 なかなか博物館も難しい部分があるんだねぇ。いろいろと考えさせられましたが、それはここでは書かないことにしておきます。でも、最近できたような、ボリュームありすぎな巨大博物館を思うと、館内を歩いて疲れたりしないので、これくらいのこぢんまり感も悪くないかな。
posted by てつりん at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月25日

11回目の千里浜オフ

 10回やったから、今回からは新機軸を! な〜んてつもりはちっともないのですが、今回はみんカラを主戦場に告知をかけることとなりました。事前に要項のコピペなどで拡散、周知活動、さらに当日の運営などにご協力いただき、関係各位にはこの場を借りて厚く御礼申し上げます。

 ちなみに今のうちに書いておきますか。来年の千里浜オフは、たぶん8月23または24の土日ですよ。どちらになるかはその時次第ですが、ここをご覧のあなた!お待ちしていますよ。


 さて、集合場所のPLANT3津幡店に5分遅れで着いてしまいましたが、すでにたくさんのプレとか、プレでないものとかがお集まりでした。えぇ、参加資格は、「歴代プレマシーを愛する気持ちがあれば、または歴代プレマシーを愛する仲間たちと楽しくやれる気持ちがあれば、それだけでじゅうぶんです。もちろんラフェスタハイウェイスターや、イクシオンの参加も熱烈歓迎いたします(要項より)」なので、どちら様も熱烈歓迎なんです。大量の食材と飲み物を購入して、いざ出発! ちなみに今回の参加費は、大人一人あたり1700円だったということを、今後の参考のために記しておきます。
2013082501.JPG 2013082502.JPG 2013082503.jpg

 そして津幡バイパスから、能登有料道路改めのと里山海道(無料化されました)を走ります。道の駅高松から今浜インター、現地までカルガモ走行が、たぶんバッチリ決まっていたと思います!?

 到着後、今回は過去最多だったちびっ子部隊は海へ。公式写真班はカメラや携帯片手に各地へ。火起こし班は準備へ。と言っても別に堅苦しいことはなく、なんとなくうまくいっちゃうのが北陸のいいところだと思います。なお遅刻しちゃったのは、娘の水着を取りに帰ったからでした(汗)。
2013082504.JPG 2013082505.JPG 2013082506.JPG

 準備ができたら、焼く食べるしゃべる焼く食べるしゃべるの無限ループ。福井県はグァンちゃんさんから竹田の厚揚げ、岐阜県はJUN-さんから朴葉みそが。このコラボレーションは最高に激ウマでした。来年は竹田の厚揚げに金沢カレーのルーとか・・・(ないない!!)
2013082507.jpg 2013082508.JPG 2013082509.jpg

 なお、たとえ主戦場がみんカラになっても、このオフがあるのはさとのおかげという歴史がありまして。プレマシーのホームページを作って、いろんな人たちとの縁の扉を開いたのもさと。オフがあればそれに向けて、今回はなかったとはいえ謎の創作料理をバーベキュー離れしたクオリティで作り上げ、楽しませてきたのもさと。きょうだって、誰が来ているのかを車内でメモして掌握に勤めたのがさと。見えない実務面、企画面の貢献度は計り知れないというリスペクトを込めて、乾杯の挨拶とさせていただきました。

 実際のところ、さと本人にしゃべらせようと、会社からハンドマイクを拝借する予定だったのですが、それを忘れ。マイクなしでしゃべらせてみようかとも思いましたが、断固拒否の構えだったので。

 おおっ!気がつけばクルマのオフらしいひとコマが。北陸の自作王、WΛRIさんのプレに何かが起ころうとしていますよ。詳しくはきょうこの日にみんカラを始めたWΛRIさんのところへどうぞ。
2013082510.jpg 2013082511.jpg 2013082512.JPG

 そんな感じで盛会のうちに、11回目の千里浜も散会となったのでした。あやうく荷物とともにわたしだけが浜辺に取り残されるという、過去にない珍事件も起こりそうで起こらず、無事に終えることができました。どうもありがとうございました。そして、また来年もお会いしましょう。
posted by てつりん at 23:47| Comment(4) | TrackBack(0) | プレマシー(2代目CR型) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月23日

続けること

 会社でデスクワークを。と思いながら、いまふたつくらいやる気の出ない感じで、グダグダとネットサーフィンをしていたら、偶然次のような記事を見つけました。

ネットにおける”十年”の重みーー消されなかったアカウントだけがネットの歴史になっていく

 上記リンクの記事そのものは、いわゆる一次資料というか、最初の元ネタではなくて、最初のものをもとにした創作です。まぁでも、最初の元ネタは「アフィリエイトも続けていたら、成果が出てきたよ」という趣旨のものなので、わたしの感じたこととか言いたいこととはぜんぜん違う。むしろ上記リンクの文章に共感を覚えるので、勝手ながらリンクを貼らせていただきます。

 ちなみに上記リンクの記事の内容は、まぁサブタイトルの通り。長く続けていると、目安としては10年も続けると、アフィリエイトだけじゃない、いろんな成果が出るよってこと。たとえば本を出したり、文章がうまくなったり、見てくださる人が増えたり。。。 あれ?わたしの場合、たぶんそれにも該当しませんが(笑)???

 しかも10年に到達する前に、過去に持っていたホームページを更地にしたり。それの跡を継いでいるはずのこのブログも、落日のmixi(爆)も、最近始めたみんカラも10年に到達してないし。

 それでも千里浜オフは10年やってこれました。関係各位には厚く御礼申し上げますとともに、今年は12年目の11回目(2011年は開催できなかったので)でございます。今年もどうぞよろしくお願いします。

 なお、最初に貼ったリンク先の文の終わりの方には、「ブロガー三年会わざれば刮目して見よ」という言葉が載っています。いや〜、ここはたぶん、3年会わないからって刮目する必要はないな(笑)。むしろ、「変わってないな〜」というゆるい安心感を醸しだすか、もしくは「あいかわらずだね〜」と半ばあきれぎみに見られるか。でもね、気がついたら過去にさかのぼって記事が増えてることがあったりするから、それを刮目して見るに値するかもしれないよ!?
posted by てつりん at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月22日

男の色、女の色

 保育園に行かせていると、いろんなことを仕入れてくるものですね。それは幼稚園でも、学校でも同じなのですが。

 さて、最近気になるのが、タイトルのような表現。みっちゃんがなっちゃんと塗り絵をしている時などに、そういうことを言うのですよ。

 みっちゃんはなっちゃんとは違うみたいで、比較的水色とかむらさきとかを好むので、色と性別をリンクさせるような感覚とは無縁だと思っていたんだけど。いや、むしろ、水色とかむらさきとかを好むから、それを見た保育園の誰かがそう言ったんだろうなぁ。そしてその、保育園の誰かの感覚は、保育園の誰かの親の感覚なんだろう。

 こういうのって難しいよね。個人的には色と性別をリンクさせる感覚は嫌だと思うけれど、うちでわざわざそれをみっちゃんに指導するのは、保育園の誰かの感覚を否定することになりそうで。
posted by てつりん at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月21日

模様替え

 もう1週間くらい前の話ですが、リビングの模様替えをしました。
2013082101.JPG

 上の写真の位置にテレビを置くことを想定して作られたリビングでしたが、入居当初のテレビの位置は、写真左上の角でした。その後しばらくして、階段下がデッドスペースになっているからと、写真右下の位置に移動して、長らくそのままになっていました。

 ついでに階段下エリアに娘のおもちゃなどを集積して、リビングゾーンとちびっ子ゾーンに分割。なんとなくスッキリした感じがします。でも、ちびっ子ゾーンをわざと狭い感じで作ってあるのでわたしは入れないし、結果としてリビング全体が狭くなった気もします。まぁ、人や物が増えていってるんだからしょうがないんだけど。

 そうそう、以前からの方はご存知かもしれませんが、長らく使っていなかった黒いテーブルも復活させました。角がとがっていて危険だとか、高級(笑)なテーブルに傷をつけられそうとかいう理由で、蔵にしまわれていたのです。
posted by てつりん at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月20日

Thank you

 きょうはわたしの誕生日でした。えぇ、ありがとうございます(笑)。と、おめでとうを言われる前に言っておきます。

 さて、誕生会そのものは18日に終わっていますし、プレゼントそのものは2月にもらっておりますので(笑)、当日は言葉に気持ちが載っていればそれでじゅうぶんでございますよ。つまり、もう、何もなくていいと。

 ところがこのことにみっちゃんがかなり衝撃をうけたらしくて。なんでも、誕生日祝いにケーキがないのはおかしいと言わんばかりの勢いだったらしい。そこで、さとの自腹によってケーキというかタルトが用意されました。ありがとうございます。
2013082001.jpg

 いちおう、適当にさされたように見える12本のろうそくには意味がありまして。3本+9本ということで、30代最後の1年が始まりますよ。平均的な数値で見ると、もう人生は半分終わってしまいましたが、まだ半分残っているんだと思いたい。まぁ、日々悔いのないようにやっているつもりですが。

 10代最後の1年も、20代最後の1年も、きっと当時なりに考えたことはあったんだろうと思う。記憶に残らないだけでね。ただ、なんだろう? なんとなくだけど、次に続く40代が形になる1年になりそうな予感はある。

 実は転職をしたいと思っていまして。会社をやめようってのではなく、別の事業所ではなくて事業部に移りたい。そういう希望を出すだけならだれでもできるのであって、それにプラスしてできることをしているつもりなんだけど。もし移れたなら、新しいステージで活動し始める40代になるだろう。もし移れなかったなら、それはかなりの確率で、今の事業所で最後の総決算の1年となる可能性が高いだろうし、それはそれでこれまでになかったことをすることになるんだろう。

 まぁとりあえず、自分だけでどうこうできるものではないので、周囲のすべてに感謝を。だって、サンキューだからね(笑)。
posted by てつりん at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月18日

すし食いねぇ!

 シブがき隊の曲ですな。懐かしいねぇ。


 ひさしぶりに聴いて思ったんだけど、これってラップだよな。もちろん当時はラップだなんて認識がなかったけれど。それでもこのブログによると、ふっくん自身はラップを作ろうと思っていたらしい。へぇ〜。

 ちなみにわたしの感覚において、はじめてラップというものをラップだと認識したのはこれだった気がする。「でるでるでるでるついにでる〜〜」ってね。これまた懐かしい。


 ところでここまでは全部前フリで、本題はすし食いねぇ!って名前の回転寿司屋に行ったということでした。ちなみに回転寿司屋に行った目的は、一応わたしのお誕生会をするためで、なぜ行きつけの回らない寿司屋ではなくて回転寿司屋なのかというと、それはみっちゃんの希望によるそうです。

 思う存分食べてもよいぞ(ただしほどほどに常識の範囲内で)という言葉に甘えて、おおむね欲望の赴くままにおいしくいただきました。が、気になってしょうがなかったのが、ときおりレーンを過ぎていく写真のような物体。
2013081801.JPG

 写真では見えませんが、形式も書いてあったりします。なんとスシ360ですよ。さらにこの上を、注文したものを運ぶための新幹線が駆け抜けていったりします。もちろんスシ360の走る通常レーンよりも速いんですよ。
posted by てつりん at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月14日

もはや呪われた企画ではない!?

 以前から企画が存在しながら、実施寸前まで行きながら、実施されていない旅行がありました。

 1回目はみっちゃんの発熱によりお流れに。これくらいならありそうな話です。ところが2回目は、走りださなかったのが幸いしたとはいえ、年式のこともあって結果的に廃車に至るようなプレの重大な故障があってお流れに。そして3度目の正直になるのか? いよいよ実施間近! と思ったら、なんとテレビの不調をきっかけに買い換えることに。「テレビ代≒旅行予算」ですよ。

 そんな紆余曲折を経て、いよいよ今夜出発です。行き先は、大規模修理中の姫路城。今しか見られないからね。そしてちびっこ向けと言いながら、侮れない楽しさを予感させる南紀白浜のアドベンチャーワールドへ。無事に帰ってこられますように。
posted by てつりん at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月13日

ペルセウス座流星群 2013

 今年も見てきました。ひとりですけどね。ちなみに昨年の模様はこちらから、2010年の時の模様はこちら(ただし別の内容を多く含む)からどうぞ。

 みっちゃんはわかるんじゃないかと思うんだけど、なっちゃんはまだわからないだろうな。そんなわけでって理由だけでもないけど、さとと一緒に寝ながら留守番していてもらいました。

 さて、昨年見つけた某穴場スポット。市街地から少し外れた、でも遠いなど交通の便が悪いわけではない。そして周囲に明かりはなく、ほぼ真っ暗。誰もいないだろうと思って行ったところ、なんと1時過ぎだったにもかかわらず先客が2〜3人。正直こんな場所を知っているのは、歩いてでも来られるような地元民か、ここの関係者だった人に限られるだろうし、わたしがそこにいても問題はないんだろうけど、なんとなく秘密の場所を取っちゃうような気がしたのでひとまず退散することにしました。

 そこで、ちょっと悩んだんだけど、市内有名星見スポットのキゴ山へ。昨年来たときは、それはもう劣悪な環境で、正直「二度と行くか!」ってまで思ったんだけど、どうも今年の関連イベントは前日の日曜夜からだったらしくて。確かに駐車場所に困るくらいクルマは多いし誘導員もいるけれど、投光機をガンガン動かして広大な臨時駐車場を作って、その明かりが漏れまくりってことがないだけまだマシ。帰るクルマのヘッドライトが目つぶし光線ってのはあいかわらずだったけど。赤いセロファン貼るとか、赤マジックで塗りつぶすかすればいいのに(笑)。

 1時30分から2時間近くいたでしょうか。30個以上見られました。でかいのが視界を横切った際に、周囲から漏れる「おぉ〜」って声も、聞いてて楽しいなぁって思った。同時に、そんな声が聞こえたのに、わたしの見ていた方角が違っていたみたいでわからなかった時のがっかり感も、また楽しいって思った。あとは見知らぬ周囲の人の、他愛もない雑談とか。会話の内容から、面識はないけど高校の後輩みたいなのもいた気がしたなぁ。そんなわけで、ひとり静かに見るのもいいけど、同じ場所を共有して、同じテーマで盛り上がるってのもいいなぁって思いました。ただ、もうちょっと、帰るクルマの目つぶし光線のないところがいいなぁ。

 帰ってから、自宅裏の駐車場でも見てみました。昨年、ふたご座流星群を見ることができたのでね。アスファルトの上に、大の字になって空を見上げました。空気の澄んでる感じは、山とは全然違いました。それでも5分の間に1個見えたので、がんばればなんとかなる気がしたけれど、待っている間の、いつもの星空だけどこういう時でもないとまじまじと見ない星空がいつもと同じレベルでしか見えないのは惜しい感じがするので、やっぱいいところで見るのがいいと思うな。来年は遠征でも考えてみるか!?
posted by てつりん at 06:24| Comment(5) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月12日

昔の会社から

 先日、昔勤めた会社、正確には事業所というか支社から封書が届きました。

 ちょっといい紙の封筒だったし、こういうものは大概おめでたいものなんだよな。そう思って差出人のところをよく見ると、その会社は創立90年を迎えるのだそうだ。つきましては会合に来ませんか?という内容でした。

 前にも書いたはずなんだけど、わたしは非正規雇用者だった時期が長く、結果としてたくさんの事業所を経験してきました。数年で1つのはずなのに、1年で4つってこともあったくらい。そうねぇ、正規雇用者が新入社員として入社して、定年を迎えるまでに回るであろう一般的な数の事業所以上に見てきました。

 ところが、非正規雇用者だったからなのか、考えてみたらこの手の案内をはじめてもらった気がする。この業界に入って最初に行った事業所は、いた当時で創立90周年を迎えていたはずで、そこから考えれば100周年を過ぎたはずなのに。非正規雇用者として過ごした最後の事業所は、調べたところ昨年、創立30周年だったらしいのに。

 というわけでものすごくありがたいなぁと思って。そこには半年しかいなかったのに。

 どこの会社にもそれなりの思い入れはあるけれど、今思うとこの会社にいたことは、大きなターニングポイントだった気がする。将来のことを考えて、これからは仕事を選ぼうと心に決めたこと。縁あってお客さんになってくれた人たちが離れ、また縁あって出会ったことでわかったこと。室の高いライブをしっかりしていくことで得られる評価と、非正規雇用者であることの限界を知ったこと。まだはるか遠いけれど、支社長としての視点の持ち方、などなど。

 半年しかいなかったから、そんなに知ってる人に会ったりもしないだろうし、欠席の返事を出そうと思うんだけど。ただ、ここまでいろんな思いが去来する会社も、そんなにないかなぁ。この会社ではいい思い出が多いけれど、いい思い出ばっかりな気がするけれど、今の会社はどちらかというとつらい思い出のほうが多い気がするので。あっ、お客さんや今の同僚とはうまくやってますよ(笑)。
posted by てつりん at 05:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事っぽい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月11日

誰の感覚?

 土日ともに休日出勤でした。まぁ、前の週はケンタ食べ放題に行ったり、まったりした土日を過ごしたからそれでいいんですが。

 で、仕事から帰ってきたわけですが。みっちゃんはローラー式の長い滑り台がある公園に行きたいと。えぇ〜、こんなに暑いのに。むしろ汗をドバドバとかいてきた休日出勤で、わたしのカラダからは一部のフェチにすら受けるかどうか不明のニオイが(笑)。どこか行くなら近所のスーパー銭湯に行きたい。そうすればさとも娘から開放されて、ちょっとはのんびりできるだろう。

 ところが結局、さともスーパー銭湯に行くハメに。ただしさとはひとりで浸かってくることができたので、一応当初の目的は達成されたのか。

 前回行った時のように落ち着きない態度から痛い目にあうということもなく、2人ともいい子にお風呂を楽しんでいました。すべての浴槽に浸からないと気が済まない!の勢いで、結局サウナ以外全部制覇したんだけど、その感覚は絶対わたしの感覚だと思うなぁ。ちなみにさとは暑いこともあって、無駄に湯船に浸かることもなく、用件だけを済ませて出てきたという感じだったらしいです。
posted by てつりん at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月10日

夜の動物園

 ナイトズーというものに行ってきました。実は以前から、行ってみたかったのです。
2013081001.JPG

 ライオンとかトラとか、昼間に行くとやる気のなさそうな、けだるそうな雰囲気を醸しだしてませんか? 基本的に猛獣ってのは夜行性なので、まぁそんなものなんだと思うんですよね。ずいぶん前に、サファリに行ったところ、ライオンの交尾を見ちゃったことはありますが(笑)。

 さて、夜になると、特に猛獣たちはどんな生態を見せてくれるのか!? 
2013081002.JPG 2013081003.JPG 2013081004.JPG
 レッサーパンダ。いつも寝ている記憶しかないんですが、こんなに歩きまわるとは。虎の目も、昼間よりギラギラしている感じです。シマウマやキリンも、サバンナの夜をこんな感じで歩いているんだろうか。ちょっといいものを見た気がしましたが、特にライオンの咆哮がすごかったねぇ。後ろ向きだったから写真は撮らなかったけど、「ぐぉ〜〜、ぐぉ〜〜っ」って感じで。

 まぁ、想像以上の混みっぷりだったわけですが、それはもしかして涼しい夜に動物園に行こうって魂胆だった人も多かったのかも。そんな魂胆を打ち砕くように、この日は夜でも暑かったですが。そして夜の動物園でデートしてるような、リア充な人々もいましたね(笑)。個人的には夜の動物園で、しかも土曜の夜にデートなんかしたら、そのあとは夜のふたり動物園できるものなら朝まで離さないぞ(はぁと)なんてので相場は決まっているのではなかろうか。でも昨今の草食な連中は、そんな気概も根性もないまま、平穏無事に夜の動物園を終えるのだろうか。そんなくだらないことを考えながら、夜の動物園をあとにしたのでした。
posted by てつりん at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月08日

女の子の秘密

 先日、みっちゃんが、保育園で手紙をもらってきました。内容は、今度遊びに行ってもいいか?といった程度のもので、まぁかわいらしいよねぇって感じのものでした。

 ところが。うちに遊びに来て何をするのか。その内容に迫る一文に、わたしの目は釘付けになりましたよ。

 「ひみつにしていたことをしよう」

 なんか、あまずっぱい感じと、ドキドキする感じを覚えるのは、わたしがおかしいんでしょうか。おかしいかもしれないねぇ(爆)。なんか、例えるなら、山口百恵の歌の歌詞のようなイメージなんだけど。えっ!?例えが古いと?

 ちなみにこの文面は、さとの話によると、みっちゃんの友達(同級生)のいとこ(小学校低学年くらい?)による代筆であるらしいんだとか。それくらいの年代の女の子が持つ秘密って響きが、なんだかやっぱりあまずっぱい感じでいいよねぇって思ったのでした。もちろんそれに首を突っ込もうって趣味はないぞ。
posted by てつりん at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月07日

漢字でしゃべらナイト

 夕飯時、さとと話していました。会話の内容は、朝の通勤中に道のど真ん中で停まっているクルマがいて、そのせいで大渋滞だったってこと。帰りも、油屋まで100mもないところでガス欠で止まって、大渋滞を引き起こしたクルマがいたって話でした。

 すると、みっちゃんにこういうことを言われました。「ねぇねぇ、かんじでしゃべっとるん?」

 いえいえ、漢字もひらがなもカタカナも混じってますけど(笑)。英語ではしゃべってないなぁ。
posted by てつりん at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

山賊に行ってきた

 15年くらい前のことでしょうか。スカイラインに乗ってた頃だから、それくらいになるかも知れないねぇ。交通量の多い京都〜神戸間を避けようと高速に乗ったことを除いてほぼ下道で、鹿児島まで往復してきたことがありました。夕方に鹿児島を出て、途中寝たとはいえ、翌日の夕方になってもまだ門司にいたことは印象的でした。九州って、意外とでかいんだなと思って。

 で、国道2号線の山口県内で、印象的な景色を見ました。岩国の少し西側から東に走っていると、道路沿いに建物が点在して、明るかったのに、突然山あいの道に変化する場所があります。周囲は真っ暗で、交通量も急に減るんですが、突然闇の中にこんな景色が現れるんです(写真は最近のものです)。
2013080610.jpg 2013080611.jpg

 15年くらい前にここを通ったときは、夕方に門司にいて下道を走っていたことを考えると、夜中だったと思うんです。こんな景色を見たら、これってなにかな?って、思うじゃないですか。夜中なのにこの明るさで。でも、どこからクルマが集まってくるのか、とても賑わっている感じで。ところが結構スピードが出ていまして、そこには入れなかったんです。

 あとで引き返して、戻ろうかとも思いましたよ。でもね、道に迷った旅人を惑わす、狐や狸の話ってあるじゃない? 引き返してみて、もしこの場が存在しなかったら? そんな、スピリチュアルな感じの、なんとなく怖いところだったらどうしようと思って、引き返せないまま時は流れていったのでした。

 ところがこの店は実在しないような幻の存在ではなくて、ちゃんと山口県玖珂町に存在する、いろり山賊というお店であることを後に知りました。で、見てないけど、秘密のケンミンSHOWなんぞで紹介されちゃうような、地元民ならだいたい知ってるような有名スポットなんだとか。これは行かずにどうしますか!? というわけで8月1日の夜、津和野から次の目的地、呉へ向かう途中に、15年くらいごしの山賊訪問となったのでした。


 正直、こんな楽しそうな店にひとりで行くのははばかられる感じもしますが、ひとりだからいいんです。入り口でまずは食券を買うというのがこの店のシステムのようです。とりあえず山賊と名のつくものは食べてみよう。というわけで、ものすごくでかいおにぎり、山賊むすびを。皇(すめらぎ)ロースも気になるけど、路銀が心もとなくなっていたので、皇ロースを使っているらしい串かつを。野菜も食べなきゃねってことで、奴サラダも。ここで素直に店員さんに聞いてみました。「これでひとりだと、多いですか?」って。「そうですね」との答えが返ってきたので、おいしそうに見えた餃子の、計4品を注文しました(笑)。

 ものすごく広大な敷地内の、どこに座ってもいいそうです。ただし、屋根があるとはいえ、山賊だからでしょうか。基本的には屋外で食べるスタイル。虫よけを車内に置いてきてしまったので、蚊に刺されまくりました。で、座った場所の近くを通りががったスタッフを捕まえて、食券を渡して名前を告げれば注文完了。あとは周囲を観察しながら、料理が出てくるのを待つだけです。
2013080604.jpg 2013080605.jpg 2013080606.jpg

 山賊むすびの大きさに注目! 中身は3種の具材が入っており、これだけでお腹いっぱいになりそうです。ところがしまった!と思ったのが、山賊焼きも名物の人気メニューだったってこと。

 しかし、実に不思議な光景が広がっています。夜だからってのもあるのでしょうが、ここって現実なのか、夢なのか。山の狸や狐に化かされているんじゃなかろうか。でも楽しいところだなぁ。縁日もあるし。

 で、ふと、「あ〜、楽しいところだなぁ。もう、帰りたくなくなっちゃった」とひとりごとをつぶやいたら、「じゃぁ、ずっとここにいてもいいんだよ。そうする?」と、子どもの声。ここで返事をしたら、二度とここから出られなくなる・・・。とかね。永久に、山賊の夢のなかをさまよい続ける、とかね。いや、そんな、なんだかちょっと怖くてはかない夏の夜の夢が詰まっているような場所にも思えてねぇ。実際のところ、そんな心霊スポットみたいな話はないんだろうけど、そんな気持ちにさせるくらい現実離れしたところに、わたしの目には映ったのでした。
2013080607.jpg 2013080609.jpg

 最後に、お食事中の方はごめんなさいね。小便器への小細工がおもしろいので撮ってしまいました。
2013080608.jpg

 ここに豪快に放尿して、氷を溶かしてやろう!って思いませんか(笑)? 男ならわかっていただけると思うのですが。そんな男の心理を逆手に取って、狙いを定めさせることで、トイレの汚れを防いでいるのか?と思うと、この店はなかなかのアイディアマンがいるんじゃないかって思いましたよ。この店の存在自体が、アイディアマンのすることだと思いますがね。料理の質と店の雰囲気などを考えると、リーズナブルで楽しくて、実にいい店だと思いました。21時頃だったので、ほとんど大人でしたが、子どももちびっ子も楽しめる店だと思います。
posted by てつりん at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月05日

少年少女合唱団

 最近みっちゃんが、いろんなものを保育園で覚えてきて、それを家でも言うようになってきました。

 具体的には、保育園児が言わないような古典的な言い回し(たぶん本の一節)とか、早口言葉のたぐいです。「なまむぎなまごめなまたまご」とか、「となりのきゃくはよくかきくうきゃくだ」とかですな。

 で、勝手にバリエーションを増やしてあげようと、わたしがお風呂に入りながら、「ブスバスガイドバスガス爆発」とか言ってました。保育園で「ブスバスガイド・・」とか言い出したらまずいかなぁ(笑)。なっちゃんも語感のおもしろさに爆笑です。

 さらに。早口言葉というと、やっぱこれじゃないですか〜? これのイメージで、音楽つきでやったところさらにうけたので、風呂あがりに見せてみました。う〜ん、字幕が漢字で出るのもあって、ちょっと難しいかな。


 しかし早口言葉のバックの曲に、元ネタがあるってことは初めて知りました。踊ってる人たちの服装とか踊りには、微妙な古さを感じずにはいられませんが、音楽としてはかっこいいと思うなぁ。やっぱ全員集合って、すごい番組だったんですね。
posted by てつりん at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月04日

壊れかけのTelevision

 ちょっと相談したいことがあって、妹を自宅に呼び出していました。

 上の息子はもう高校生なので、母親についてくるような歳でもないんだけど、下の息子は今年10歳になるんだとか。みっちゃんだと、これくらいの大きさの子が気を使ってくれたら遊べるみたいだけど、なっちゃんには難しいのかも。

 それはさておき、ふと気づいたらテレビの主電源が押されっぱなし! 押したら押し込まれて主電源オン、もう1回押したら押しこみ状態が元に戻って主電源オフというタイプなのだが、押し込まれているのに電源が入っていないという状態になっていました。

 ついにうちのテレビもご臨終でしょうか。2001年式の、もはや骨董品のような佇まいで鎮座するブラウン管ですよ。それでも地上波など、普通に映りますが。強いて言えば上下に大きな黒枠が入り込んで、表示できる範囲の半分から6割程度しか使えてないことがあるくらいで。それもいよいよ買い換えかな。

 ところが、妹の子がその主電源を激しく連打!!! と思ったら、電源が入りました〜。その後主電源は入りっぱなしで、触らないようテープが貼られたのでした。とりあえずテレビ代にと10万円を想定していたのですが、その出費から救ってくれました。


 その後妹たちは帰り、忘れた頃にみっちゃんがこんなことを。
みっ「こうちゃん(おいのこと)ってすごいねぇ〜」
さと「なんで?」
てつ「(年上のすごさを感じてたのか!?)」
みっ「だって、テレビ直したもん」

 ・・・一応すぐには買いませんが、買い替えを想定したテレビの研究はしたいと思います。家電量販店へ行った感じだと、リビングの広さから考えるに60インチ以上でもいけるんだけど、前に出て見ればいいだけのことなのでそこまでのでかさはいらないなぁ。4Kもキレイなのはわかったけど、そこまでキレイである必要があるのか。チューナーが2台あるのもあたり前っぽい感じだったけど、うちにおいて同じ時間帯に見たいものが2つある場合、まず1つはNHKかWOWOW(別の時間帯に再放送されやすい)なので、ちっとも困らないんだな。
posted by てつりん at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月02日

聖地巡礼に行ってきました

 中国地方だいたい一周の旅に限らず、旅行に出るときはあるテーマを持って行くようにしています。で、最近のテーマは、ちびっ子がいることもあって、ちびっ子連れでは行けないところに行く。できないことをする、というもの。

 それにプラスして今回は、会社の夏休みを利用して土日ではなく、平日が多かったので、マツダミュージアムに行ってきました。いわゆる聖地巡礼ですな。実は今回の旅、最大のメインですよ。2番めのメインは、また別の機会に。

 ということでマツダ本社をバックに、うちのプレを撮ってみました。ただしここではデミオ、ロードスター、CX-5などが製造されており、アクセラやアテンザ、われらがプレマシーは山口県の防府工場で製造されているそうです。向かいにはマツダ病院もありました。ここで治療するのはクルマではなく、人間のほうです。
2013080301.JPG 2013080302.JPG

 8月2日の昼過ぎ、呉からプレを走らせて到着したものの、時間があったので入ってすぐのショールームを見たり、周囲を歩きまわったり、タリーズで軽食をとったりしていました。ちなみにこのタリーズ、マツダミュージアム見学者限定で、ドリンクを半額になります。この時の展示車両は、入ってすぐのところにアテンザ、奥にCX-5。入って右側手前から奥にかけてアテンザワゴン、プレマシーでした。しばらくすると呼ばれ、受付を済ませてバスに乗り込んでマツダミュージアムへと向かいます。
2013080303.jpg 2013080304.JPG

 ゲートをくぐった先のバスの車内では写真撮影不可なので、写真はありません。が、工場へ向かう途中の東洋大橋についてなど、実に興味深い説明が聞けます。マツダ専用の橋ですよ。しかも、かなりでかい。しかし部品業者などと思われるクルマも結構見かけ、交通量は意外と多いという印象です。

 場所柄構内で見かけるクルマはほとんどマツダ車なのですが、10年近く前に新婚旅行で行った際は、トヨタアベンシスをよく見かけました。アテンザのライバルとして、研究対象にされていたんだと当時は思っていました。で、今回構内でよく見かけたマツダ車以外のクルマは、アウディ。確かにマツダというブランドの目指す方向としてはありだと思う。きっと、ベンチマークとして、研究対象にされているんだと思います。あと、次期型というか、3代目のアクセラセダン(もちろんまだ未発売)も見ました。かっこよかったですよ〜。

 マツダミュージアムに到着後は、まず施設の概要などの映像を見せてもらいます。ここからは、製造ライン見学の時を除いて、写真撮影可なのでバシバシ撮りました。まずはオート三輪とR360クーペ。
2013080305.JPG 2013080306.JPG

 マツダのロゴの後ろに、三菱マークがあるのは、製造がマツダ(当時の東洋工業)で販売が三菱だったことによるものだそうです。R360クーペは、いま見てもデザインが色あせてなくて。個人的にはこういうのを現代的にリメイクしたら受けると思うんだけどなぁ。日産フィガロを思い出すよ。

 近くにはコスモスポーツもありました。が、人が多かったこともあって、あえてこの向きで撮ってみました。こうして見ると、時代は違えどデザインの根本は変わらないというか、受け継がれているんじゃないかと思わせられます。
2013080307.JPG

 この3台、特に手前の1台はマニア垂涎の品でしょうね〜。わたしはこれに乗れる自信がありませんが(笑)。
2013080308.JPG

 続いてはマツダ787B。ル・マンでの勝利はプロジェクトXでも描かれました。
2013080310.jpg

 マツダの歴史コーナーの次は、現在の技術を紹介するコーナーです。今をときめくSKYACTIV代表ということで、CX−5がどーんと紹介されていました。鉄板が2回のプレスを経て、側面になっていくことを示す展示や、実車の見た目を確認するために作られるFRP製だったかのCX-5は興味深かったです。ぱっと見、実車にしか見えないですよ。よく見ると車内が見えなかったり、足回りの機構が存在しなかったりしますが。
2013080312.JPG 2013080311.JPG

 そして製造現場の見学です。もちろんこの先は写真撮影不可。写真右下のトップシーリングの後あたりから見ました。インパネの取り付け、ガラスの接着などです。
2013080313.JPG

 見る限りほとんどデミオ、たまにロードスター、1台だけベリーサも見た気がします。確かCX-5も作っているはずで、完成車置き場には大量のCX-5が置かれていました。大好評につき効率よく生産するため、CX-5だけを流す時間があるんじゃないかと思われます。

 製造現場を出た後は、マツダの未来に関する展示です。ここではずしてはいけないのが、われらがプレマシーでしょう。水素ロータリーですよ。この水素タンクの形状を何とかしてくれれば、2列目のリクライニングもできるのにと思うとちょっと惜しいです。
2013080314.JPG 2013080315.JPG
posted by てつりん at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 試乗記・クルマ談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする