2017年06月07日

i-DMのこと

 i-DMとは、最近のマツダ車に搭載されているインテリジェント・ドライブ・マスターのことです。ざっくり言うと、いい運転(ただし単なるエコランのようなものとは違う)を評価するというものです。詳しくはこちらから。

 一時期なかなか思うようにスコアが伸びず、かなり苦労していたのですが、先日ようやくステージ3に到達しました。ステージ2において、5回連続でアベレージ4.8以上を維持することが条件のようです。
2017060701.JPG

 ただ、この4.8以上というのがなかなか難しい。普通におとなしく、いわゆるエコランをするような感覚で走っているだけだと、4.5にしかならないんです。細かいことは先述の、詳しくはこちらからのリンク先にありますが、気持ちのいい走りというか、心もちアグレッシブな走りをしないとプラス評価にならない。かといってちょっと度を超えるとすぐマイナス評価になる。ステージ3では気持ちいい運転への加点がより積極的になされている感じがするけれど、減点もより積極的になっています。

 あとは加速時のアクセルと停車時のブレーキにおいて高評価を得る方法は何となくわかったんだけど、コーナリングにおいて高評価をもらう方法がわかるようでわからない。「ここで、こういう感じで走ったら青いランプがつく」という場所はいくつもあるんだけど、それってそこだけにおいてのことだから結局わかってないのと同じだし。そこばっかり走って点数を稼ぐ?そんなバカな。

 個人的には自宅周辺の道が狭いとか、会社の敷地内で枠に入れるときとか、そういった場面でいい評価をされにくいんですよね。気持ちいい運転を評価という趣旨から言えば、まぁそういった低速の場面で気持ちいい運転なんてできないのはしょうがないんだけど、そのぶん平均4.8への敷居が高くなっている気がします。
posted by てつりん at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | デミオ(4代目DJ型) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする