2017年10月27日

プレミアムフライデー!!!

 そういえばそんな言葉、ありましたねぇ。何がプレミアムですか。うちの会社はいつでも労働時間割増プレミアムですが(爆)。

 でもねぇ、ふと思ったんですよ。携帯に届くこういうメール。よく考えたらそれの原資って、払っている携帯電話料金からのものじゃないかと。せっかくだから、行かないと損じゃないかと。以前コンビニでアイスをもらったことがあったけど、その頃は特になんとも思わなかったけれど、せっかくだから、行かないと損じゃないかと。まぁ、さとに教えてもらったってのもあるんだけどね。

2017102701.jpg

 で、会社の帰りにゲットして、デミオの車内で食べました。いや、お店に着いて停めた枠の隣のクルマの中も、同じことをしている人がいたので。会社帰りと思しき、きまってる感じのかなりキレイな感じのおねぇさんが、車内でアイスを食べてたので。この情景を大幅に省略して書くと、要するにキレイなおねぇさんの隣で、アイスを食べたんだ(笑)。

2017102702.JPG

 暗かったので写真はイマイチですがね。おねぇさんの写真はもちろんありません。でもこれって、ささやかながら、プレミアムフライデーじゃないかと。初めてプレミアムフライデーを感じた夜だったのでした。
posted by てつりん at 23:16| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

保育参観に行ってきた

 会社でお休みを頂戴して、よっしーの保育参観に行ってきました。識別しやすいだろうからという理由で、さとチョイスの、蛍光グリーンの縞模様が入った長袖Tシャツ着用で。

 大きくなったので、小さい子がいる分園ではなく本園で。過去の姉2人も含めて、本園での参観は初めて。ただし、本園と言えどもまだ小さいので、見つかってはいけないのです。見つかってしまったら、それは帰る時間だと思われてしまうのだとか。なので指定の場所に、不審者のように(爆)身を潜めます。

 ところが参観が始まっているとはいえまだ遅刻にもならない8時50分頃。どうもすでに見つかっているのではないかという指摘が。すだれやレースの目隠しの奥に身を潜めているのですが、確かによっしーはこっちをガン見していました。参観のあと、懇談の際に聞いたのですが、最後におうちの人が出てくること(隠れて参観→みんなの前に出てきて一緒に給食→懇談→帰宅の流れになる)はみんな知っていて、同じクラスの子が順番に参観をしているのも知っている。で、よっしー自身は、自分の参観がまだだということもわかっている。さらに、目隠しがある日とない日があるので、そこから今日の参観のあるなしもわかる。その上、きょう保育園に送っていったのはわたしだ。そうした情報や知識を総合して、もしやきょうは自分の参観かもしれないと勘づいていたのだとか。やるなぁ。その一方で、これまでの知識や経験から、保育園にわたしがいるはずがないというのもわかっていて、その狭間であれこれ考えるのだそうです(笑)。

 9時を過ぎました。全員が園庭に出かけるので、それを別室の見下ろせる位置から覗きます。年長の子だったけど、ものすごく鉄棒の上手い子がいてびっくり。姉がそんな感じだったんだろうか。いや、もっとすごい気がする。よっしーはというと、遊具を使ってひたすら滑り台をしまくる。ちょっと登りにくそうにしていた、どんくさい感じの女の子の順番をさり気なく抜かすのを見てしまう。ちなみにこの子が、外にお出かけする時に手をつなぐペアだったのだとか。あとは、両手に別の女の子状態でどこかへ連れ回されたり、砂遊びをしたり。懇談での話によると、上が姉2人だからなのか、そうして女の子とこねこねしていることが多いそうです(笑)。

 10時過ぎ。外の世界へのお散歩に出発します。さっきのどんくさい感じの女の子をすかさず見つけて、手を引いて、整列場所に連れて行こうとします。いつも家の中では下っ端なだけに、突如現れたその上から目線は何なのかと。日頃下っ端だから、相手はどんくさそうだから、ここですかさずおにいさんぶりたいのか!?と思うくらいの勢い。ところが手つなぎがうまく行かず、強引に行こうとして、保育士に注意される。懇談での話によると、お互い右手をつなぎたかったのに、そこの意見が合わなかったゆえのことらしいです。どんくさい感じだなんて言っちゃったけど、それは月齢が低いからだそうで、本人としてはこうしたいという思いを強く持っている、言うことは言うって感じの子らしいです。

 11時頃。お部屋に帰ってきました。再び不審者のように身を潜めます。ところが帰ってきた最初の一瞬を除いて、よっしーを見失う。ほかの子の様子も参観の見どころなのでほかの子も見ていますが、それにしてもいつまで待っても蛍光グリーンの縞模様は現れない。そうこうするうちに気づいてしまったのが、法被を着てたいやき屋さんをしていたこと。お金を受け取ったらレジに入れて、トレイにたい焼きと、お茶を入れて渡します。お茶は急須から入れています。その後店員役はほかの子になり、よっしーはお客さんになったのですが、店員に注文した後に勝手にレジを開けて、そこにお金を入れているところを保育士に見つかり注意される。ついでにお客さんなのにレジの操作もしていましたが、こういう立場の入れ替わりって、なかなか難しいんだろうね。

 11時台後半。給食の準備が始まります。部屋の各地で思い思いに遊んでいた子たちは、一か所に集められます。おはなし+絵本の時間のようです。おはなしの場で、参観しながら笑顔がかわいいと思っていた保育士が、この日35歳になったということを話の流れで暴露される。いや〜、35ですか。まだまだイケますけど(爆)。近くで見たら確かに35かなって感じでしたが、それでもかわいかった。その後全員がいる部屋に呼び込まれて、一緒に給食。給食を食べるなんて、ものすごく久しぶりで、おいしかったなぁ。保育士の話によると、いつもはもっと早くもりもり食べるし、おかわりもするそうなんだけど、緊張していた(保育士談)のか、それとも照れて恥ずかしがっていたのか。完食+汁物おかわりでした。

 懇談、と言っても、なにもないんだけどねぇ。以前もそうだった気がするけど、なぜか興味をもたれやすい気がするわたしの会社についての世間話とかで、つつがなく終わっていきました。
posted by てつりん at 22:28| Comment(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

ちいちゃんのかげおくり

 学校で何をやっているか、ということはあまり言わない姉なのですが、最近話題にするのがタイトルのものです。わたしはやった記憶がないんだけど、82年の作品だからなのでしょう。結構昔から存在するものらしいですね。別の機会に読んだことがあるのですが、読んだ者としては涙なくしては語れないレベルのものだと思います。

 で、姉が話題にするもんだから、ひさしぶりにネットで探して読んでみました。姉の話題の内容は、ひとつはかげおくりができるかどうか(そのような遊びは実現可能かどうか)。個人的にはできるけど、やるんだったら日差しの強い日がいいと思うなぁ。あと、できるならば、やりたくないなぁ。いわゆる、死亡フラグが立つ気がして。ふたつめは、ちいちゃんは死んだのかどうかということ。個人的には死んだと思うけど、別の答えを期待して、「う〜ん、どうかなぁ?」って感じで言葉を濁してみました。ちなみに姉の答えは、「女の子の命が空に消えました(本文の内容)」だから、死んだというもの。あってるんだろうけれど、まぁ、答えとしては特におもしろくはないよねぇ。

 ちなみに、焼け落ちたちいちゃんの家の跡に、はす向かいのおばさんがちいちゃんを置いていくところ(ちいちゃん本人が同意したとはいえ)と、最終的にちいちゃんがひとりで亡くなってしまうことは、戦中の社会状況を知るものとしてはありえないことなんだそうです。あのような時代でありながらも、人は助け合って生きていたので、ちいちゃんのようなことはありえないと。その一方で、作者のあまんきみこ自身が満州から逃れてきた人なのだそうで、国内ではありえないようなちいちゃんの状況も、敗戦前後の満州ではありふれたものだったからこそ、そのような描写になるのではないかとのことらしいです。

 こんな感じで、言い知れぬ理不尽のようなものを、国語の教科書で感じた最初の記憶は、個人的には「ごんぎつね」かなぁ。もしかしたら理不尽が、無常観とか諦観とかに少しずつ形を変えながら、平家物語とか方丈記とかにも続いていくのかもしれません。
posted by てつりん at 00:18| Comment(0) | 仕事っぽい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

CX-8を見てきた

 先日さとの運転によってポールにディープキスをして、その後始末の検討のために販売店へ行ったときのことです。

 何を思ったかいつの間にかさとはちゃっかり(?)CX-8のカタログをもらっていました。そのうえ、週末にプロトタイプだけど、実車を見ることができるイベントがあるってことまでリサーチしていたのでした。カタログを見た感想としてはモノもいいし、あの車格で300万円台前半からというのはなにげにバーゲンプライスかもしれない。でもディーゼルってのは、うちで買おうとする場合において絶対ネックになると思うなぁ。そのうちデミオのレビューと兼ねてキチンと書きたいと思っているけれど、ディーゼルにはディーゼルのよさがあるのは間違いない。その一方で、ディーゼルってのは必ずしも万能ではない。ガソリンやハイブリッドのほうが、ある面でディーゼルに劣る部分があったとしても、間違いなく汎用性は高いんだよね。

 それはさておき、イベント会場にやって来ました。さと曰く、この写真を見て、やってみたかったらしいです。わたしも雨でなかったら、やってたなぁ。
2017101601.JPG
2017101602.JPG

 買うのなら、デリカD:5じゃなくて、これだと思うけどね。手前のはさすがに、やりすぎかなぁと思うけど。
2017101603.JPG

 でもシートのホールド性はかなりよくて、座った感じが気持ちよかったです。そのホールド性をありがたく思うほど、コーナーを攻めたりするのかはさておき。
2017101604.JPG

 なんとお値段家1軒分のスーパーカーまで置いてありました。実車を見たのは初めてです。
2017101605.JPG

 なので前から後ろから、舐めるように見てしまいました。こういうクルマってやっぱ、色気がないとね。
2017101606.JPG

 さていよいよ、お目当てのCX-8へ。なおマツダブースの展示車は、これ以外すべてソウルレッドでした。
2017101607.JPG

 いきなり3列目に乗ろうなんて、マニアの仕業としか思えませんな(笑)。リアドアは80度まで開くそうで、確かに3列目の乗降性、居住性についてはよく考えた形跡が見られます。
2017101609.JPG

 ただし、わたし(身長180cm)だと、頭が天井に当たります。前後左右に関しての居住性は、なかなかいいと思うんだけどなぁ。それでもあくまで、いざという時7人乗れますよというコンセプトのものでしかない気がする。車高が高いだけに、脚を上げないと子どもはキツイと思うし。
2017101608.JPG

 3列目まで使った際の荷室スペースも、深さがあってプレマシー以上とはいえ、この程度。うちの用途に照らして考えると、相当無理があると思うな。
20171016010.JPG

 というわけでCX-8については、マツダらしくもののよさは認めます。道路じゃないから実際のところはわからないけれど、気になるほどのデカさも感じなかったし。ただ、プレマシーの顧客が流れていくものとも思えなかったなぁ。CX-5に対して、いざという時7人乗れたらいいなぁってニーズに合致するものではあるけれど、だったらCX-5でいいんじゃないかとも思ったりするのでした。

 よって、今てつりん家で一番買いそうなマツダ車、10年後にはデミオからこれに乗り換えるつもりでいる、NDロードスターRFと戯れてきたのでした。よっしーが、一番長く運転席に居座ろうとしたクルマでもありました。
20171016011.JPG
posted by てつりん at 00:01| Comment(0) | 試乗記・クルマ談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

漏れてました

 さとの運転がおかしいというか、いろいろやらかしてしまっているというのは既報のとおりなのですが、そういうよからぬ感じがわたしのところにも近づいているような気がしてなりません。例えば先日は、信号待ちで横から出てくるクルマのために前を開けていたところ、わたしの目の前でそのクルマがバンパーを中央分離帯の縁石にヒットさせてたし。もしかして、おはらいでも行ったほうがいいんじゃないのかなぁ。

 そんな矢先、さとから一通のメールが。
2017101500.jpg.png

 会社で停めていたところをよく見たら、やっぱり何かが漏れている・・・。
2017101502.JPG

 販売店にきょう持っていったところによると、先日のエンジンオイル交換の後のことで、パッキンの部分がまずくて漏れているとのことでした。モノとしてのパッキンがまずかったのか、パッキンの取り付けがまずかったのかまでは聞かなかったけれど、とりあえず一安心でございます。
posted by てつりん at 20:45| Comment(0) | デミオ(4代目DJ型) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

なんということでしょう

 最近さとの運転の調子がおかしいというか、なんというか。

 先日は左後輪で、おとなりさんが丹精込めて育てていた菊の鉢を割ったのです。まぁ、たくさんあるうちのひとつなんだけど、そういうことよりは、車両感覚がわからず菊の鉢を割ったことがショックだった感じでした。幸いその時は、菊の鉢が割れただけで済んだんだけど。

 引き続いて別の先日。今度は娘のお迎えに行った先で、それこそ日頃から停めているような場所で、右後ろにありながら見落としていたポールとディープキス。バンパーと、バンパーと鉄板の継ぎ目付近の位置ながら結構深めの傷が鉄板に。
2017101501.JPG

 販売店で見てもらったところによると、7〜8万円くらいかなとのことでした。2枚に渡っていることから、もしかしてもうちょっと高く付くかもと想っていたので一安心です。ただし、とりあえず修理はしないで、タッチペンで補修するとのことでした。来年夏の車検で、どうしても気になるようだったら直すんだって。

 ・・・正直、血迷い気味に何か別のものを買おうとかいい出したらどうしようと想っていました。もうしばらく乗ると思います。
posted by てつりん at 20:10| Comment(0) | プレマシー(2代目CR型) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手紙

 小谷美紗子って知ってます?

 一時期よく聴きました。FMから火がついた感じのアーティストだと思っているんだけど、わたしが最初に知ったのもFMからだったと思う。このあたりでも一定の人気があったのか、ライブにも何回か行った記憶があるなぁ。でも一時期、ちょっとその音作りは彼女の持ち味と違うかなぁって感じの違和感を抱いたのか、わたしのなかでは勝手に疎遠になっていました。

 ところがだいぶ前にプレに乗っていた時に、さとのiPodから車内に流れてきたのが小谷美紗子で、改めて聴くとやっぱいいんだよね。で、ふと気になって、今はどうしているのかと調べて、公式サイトに行き着いたのでした。そして20周年のベストアルバムが出るってことからたどり着いたのがタイトルの曲。


公式なものがちゃんと存在するので、よろしければお聴きくださいな。幼少の頃の本人も登場します。



 正直、やられました。かつていいと思った、小谷美紗子節全開。そして終盤の歌詞でトドメというかダメ押しをしてくる。
ああ 私は大丈夫 誰に何て言われようと
そう 私は悔しくない だって自分を信じてるから だってあなたを信じてるから


 歌詞というものは特定の何かをイメージして作詞者が創っているものだと思うし、それが小谷美紗子であればなおさら強くイメージしているのだと思うんです。かつてはプロテストソングの女王と言われた時期もあったと、わたしは記憶しているくらいだしね。でも、特定の何かをイメージしていながら、聽く者にとっては別の何かを想起させることもあるものです。

 わたしにとってのそれは、完全に仕事のイメージでした。日々、もやっと考えているけれど、たしかに心の奥底で考えているようなものの感じ。正直、誰に何を言われたり思われたりするかもわからないからこそ、自分自身の力量を信じて、同時にそれを受け止めてくれるお客さんの力も信じないと、わたしのような小心者は恐ろしくてライブなんてできないんだよ。信じていたとしても、それでも怖いから、できる限りに完璧な譜面を書いてステージに向かう。自分自身の力量も、お客さんの力も信じられないくせに、適当な譜面を書いてステージに立った挙句、お客さんのせいにすらするようなパフォーマーの存在があったりすること自体、信じられないし絶対に許せないくらいにね。

 なお、小谷美紗子のイメージする「手紙」の歌詞の内容は、京都府日本海側の宮津という町から出ていくときのものらしいです。「still have us」で、京都に海があるなんて誰も知らないって歌っているけれど、そんな京都の海に降る雪を想って書いたのが、デビュー曲の「嘆きの雪」らしいですよ。

posted by てつりん at 01:20| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

靴を買ったのだ

 靴は日ごとに別のものを履くとよいってのはわかっているのですが、気に入った1足を徹底的に履いて、履きつぶしてしまうのが貧乏人の性なのか。靴底が気づくととんでもないことになっていました。
2017101402.JPG

 なんといいますか、クルマのタイヤだったらスリップサインが出ているのを通り越して、スリップサインが消えてますってレベルですな。そういえば今年の冬に苗場に行く途中、クルマを降りようとドアから脚を降ろしただけなのに、片脚から思いっきり滑って転びそうになったことを思い出しました。
2017101403.JPG

 というわけで、買ったのはこれでした。今履いているのと同じメレルの靴なんだけど、こういう色は買った記憶がないなぁ。きっとまた、スリップサインを消すくらい集中的に履く気がします。来月以降、かなりあちこち出歩く予定ができているので、いい買い物になったかなぁって思うのでした。
2017100401.jpg
posted by てつりん at 23:35| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

デミオのオイル交換など

 オイル交換適齢期だというのになかなか行くヒマもなく、ようやく行ってきました。パックdeメンテの12か月点検と一緒にすることも考えたけど、それはちょっと早いと思ったのと、近いうちにかなりの遠出を繰り返す予定なのでその後に取っておこうと思って。

 それにしてもオイル交換だけで7600円って、高くないか? 販売店だと、そんなものなのか・・・? 4.7L入るそうです。

 それはさておき、よっしーと一緒に行ったのですが、整備工場大好きって感じでしたね。待っている間も含めて、1時間ほどの作業でしたが、ほとんどの時間は整備工場を見ていたのではなかろうかと。
2017100701.JPG

 前回何かの時に来た際も思ったんだけど、同じ位置で別のCX-5がエンジンを降ろされていました。ディーゼルには不具合があるらしいという話も聞くけれど、個人的には善処してくれるなら気にしないかな。そこまで甘くなれるのは、ディーゼルも含めてマツダを応援しているから。それだけのいいモノを作っていると思うから。

 整備工場を見ていない間は、外のロードスターと戯れていました。かっこいいねぇ。
2017100702.JPG

 CX-8のカタログがもらえるらしいことも聞いていたので、ちょこっと話を聞いたりしようかと思ったけれど、担当の方がほぼずっと、サービスのほうが忙しいのか洗車していたので聞けずじまい。でも、どこかにお値段は出ていた気がするなぁ。かなりでかくて、さとが乗るものなのにディーゼルってことで、買わないと思うけど。

 そのあとはプレのスタッドレスを探しに別のお店へ。レガシィみたいなプレマシィになっちゃってますな。ここで買っちゃう気がするんだけど、パンクしたプレのスタッドレスもここで買っているんだけど、次はさとを連れてきてもう一声という展開に持ち込むものと思われます。
2017100703.JPG
posted by てつりん at 23:30| Comment(0) | デミオ(4代目DJ型) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

それは愛ではない・・・のか?

 去る9月25日は、13回目の結婚記念日でした。結婚を13回したという記念日ではありません(当たり前だ)。

 過去には珍しく10周年記念ディナーとかいうのもあったんです。今思うとその時のさとは、かなり気合を入れていましたね。いや、すばらしいことだと思いますよ。

 それ以外で、結婚○周年というものはないかと思って過去ログから探したところ、なかなかおもしろいものを見つけたんですよ。それが、この結婚3周年チャットというもの(笑)。まさかこんなものが、まだ残っているとはねぇ。読み返してみると、なかなかおもしろい。今が13回目だということは、10年前のものだというところに、時の流れの早さを感じずにはいられません。

 では13回目の今年。何かあったのかというと、ないんだな〜これが(笑)。おめでとうを言いあったり、何となくしみじみとした雰囲気になったり。そのほか13回目だからってわけでもないけれど、あれやこれやとあったけれどさぁ。まぁ、ここで書くほどのものなんて、なかったわけですよ。

 じゃぁそんなふうに何もないことについて、何か不満があるのかというと、ないかなぁ。10回目のときのように、イベント的にうまいものを飲み食いしたってことがなかったことについてはやや残念だけど、それはイベントがなかったから残念というよりは、それにかこつけて飲み食いできなかったことのほうが残念なのであって。

 以前もどこかで書いた気がするんだけど、そうやって何もないなら何もないで済んでしまうところに、愛の深さというものがあるのだよ、たぶんね。世間にはきっと、9月25日を何の日か忘れたり、イベントを仕込むのを忘れてスルーしたりしたら、血の雨が降るようなご家庭だってあると思うのだよ。うちにはいい意味で、それがない。

 ということで、そんないい雰囲気かもしれない話をぶち壊すような1曲でも紹介して、今夜はおひらきにしますかねぇ。中島みゆき本人の歌唱ではないけれど、なかなかかっこいいと思います。

「それは愛ではない」
posted by てつりん at 00:24| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

冬の準備を始めよう!

 Yuming SURF&SNOW in Naeba Vol.38のチケットを押さえました! ファンクラブ先行で、一発でした。
2017100201.JPG

 ちゃんと記録を取ってない(もしかしたら過去の記事を読み返したらわかるかも)んだけど、ここ数年は結構簡単に取れている感じがするんです。いつだったか、ファンクラブ先行でもキャピタルヴィレッジ(これの運営元)先行でも、ぴあの先行でも取れなくて、11月上旬の一般発売で電話を自分の携帯+さとの携帯+家の電話と3台持ちして、必死の思いで取ったりしたものですが。なので今年は、例年と日程のパターンが変わっていることもあって、勝負をかけてみました。

 すると、なんと最終日の2月16日の公演が取れてしまいました。土曜や休日前、最終日の公演は、高倍率が予想されますとか書いてあるのに。くじ運の悪さには自信があるのに(笑)。日頃の行いがいいからでしょうか(爆)。

 というわけで、インフルエンザとか、仕事のため過ぎとか、その他もろもろ降りかかるかもしれない困難には十分気をつけて、その日を待ちたいと思います。こういうのがあるから、仕事をがんばれるのですよ。
posted by てつりん at 22:19| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

2017年9月 月例報告

 9月の月例報告でございます。先月はこんな感じでお越しいただいておりました。この場を借りてではございますが、厚く御礼申し上げます。

1.Yuming Surf & Snow in Naeba Vol.32 355(1)
2.カテゴリ:第一腰椎圧迫骨折 159(2)
3.カテゴリ:プレマシー(2代目CR型) 136(4)
4.カテゴリ:粉瘤との戦い 126(3)
5.VW Sharanに乗ってきた 109(5)
6.デリカD:5に乗ってきた 86(6)
7.カテゴリ:北野食堂全品制覇への道 83(9)
8.ホントのことを言っちゃった・・・ 82(ー)
9.VOLVO V40 D4 SE がやってきた 73(7)
10. カテゴリ:試乗記・クルマ談義 69(8)

訪問者数 1.386(8月 1,352)
ページビュー数 6,945(8月 7,857)


 8位の記事は今月書かれたものなので、ちょっと珍しいケースかと思われます。ただ、これが後々まで見てもらえる記事なのかというと違う気がするなぁ。その時のものであって、あとから読んだところで役に立つものとは思えないからね。そういう意味では1位の苗場は役に立つのか。立つのか!? ちなみに来年の冬の苗場は38回目ですから、もう5年以上も前のものですぜ。

 その時その場の思いを綴ることも多いけれど、あとで読み返してそれなりに役に立ちそうなものを残したいという気持ちもあるなぁ。さすがにほかの誰かが読み返して役に立つかどうかなんてことを考えたことはないけれど、わたしにとって役に立つのと同じように、ほかの誰かの役に立つことがあるのだとすればそれは素直にうれしい。きっと趣味がある部分があるのでしょうね。かといって突然コメントもらったら、ビビってしまいそうだけど(笑)。

 あとは今月の展望か。まぁ、先月よりはマシな状況になっているはずです。だからちょっとは更新も増えるかな。書かなかったとはいえ、以前から言ってる通りブログ時代の終焉なのかもしれないとはいえ、アクセスが6,000台に減ったのって、ちょっと過去にあるのかどうかと思うくらいの低迷ぶりなんだよね。別に、何かの数を追うために書いているわけではないのだけれど。
posted by てつりん at 21:47| Comment(0) | 月例報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする