2018年02月07日

2018年2月7日 金沢の今を語る

 前回は書かなかったけど、あるところではちょっと雪が積もっただけで全国放送なのにローカルニュースのようなものを延々流して、このへんでは結構な雪が積もってもほとんど報道されず地元ニュースで報道されるという姿勢に疑問を持っていました。そんなわけで知ってる範囲の金沢市内について書いていたのです。さすがに全国放送でもちゃんと報道されるようになってたので、そろそろ役割は終えてもいいかなって思うのですが。きょうはその第2弾です。

 きょうも会社は臨時休業になったので、最初の方に休暇を取ってよっしーを保育園まで送り、始業が繰り下げになった娘がいつもより遅く家を出たのを見届けて、バスで会社に向かいました。デミオで行っても、いいことない気がしましたし。

 きのうは載ってませんでしたが、中央分離帯ができるってこんな感じです。片側2車線の道路のはずなんだけどなぁ。いつもの通勤時間よりも遅いこともあって、よりクルマは少ないのですが、それでもありえないところからありえない長さの渋滞が発生していました。
2018020701.jpg

 仕事がはかどったとはいえ、保育園からは早めのお迎え要請が来ていたので、休暇を取って保育園へ。もちろんバスと徒歩なのですが、バスが待てども待てども来ない。結局40分待ったかな。ところが途中からバスがちっとも動かない。確かに行きでは融雪が機能してなくて、圧雪がひどくて、さらにそこにアクセル踏みまくって穴を開けて、本格オフローダーだったら楽しいかもね!?みたいな場所が発生したので、そこに除雪車とダンプを投入して集中的に除雪したのだそうだ。バスの運転手さんからの車内無線情報によると、そのための渋滞だったんだって。

 ところが、どこをどう除雪したのでしょう。運転手さんも苦笑するレベルです。ホント、デミオに乗らなくてよかった。きっと、いろんなところを壊しますね。なおこの少しあとに、対向の路線バスがスタックしてしまう瞬間を見てしまいました。写っているマイクロバスがスタックしたのではありません。
2018020702.jpg

 帰ってきて最初にやることは、除雪作業です。やっても降り出しに戻される、不毛極まりない作業なのですが、最近はやりすぎてなんだかおもしろくなってきました。きょうはプレの救出作戦です。手順はきのうのデミオと同じ。

 なので見事なデミ拓ならぬ、プレ拓が取れました(笑)。
2018020703 0.00.55.jpg

 前輪のあたりなんか、なかなかいい感じで取れてますね。
2018020704.jpg

 ちなみに隣家の雪山なのですが、ついに2mを超えたと思います。きのうの石垣のへりから、娘が下を覗き込むので、なんとなく頭から真っ逆さまってことになったらまずいかなぁと思って改良工事をはじめました。作業としては未完成なので、あした続きを書くかもしれません。
posted by てつりん at 23:59| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年2月6日 金沢の今を語る

 見ての通りのタイトルなんですけどね。昨晩から大雪警報が継続して発令され、雪の降り方も殺気を感じるほど。会社は月曜の段階で臨時休業が決定していたのですが、それでも朝起きた外の景色は強烈でした。

 なぜって、まずはプレマシー。
2018020701.jpg

 続いてデミオ。もはやどっちが何なのかすら不明です。きのうの月曜に帰宅して、キレイに除雪したはずなのにこれというのがげんなりします。
2018020702.jpg

 2台まとめて撮ったら、こんな感じでした。何かわかんないんだから、意味ないけどね。
2018020703.jpg

 ということで速やかにバス出社決定。臨時休業ですが、それと仕事が休みかどうかは別問題なのでね。ところが娘たちが小学校まで行くのも困難を要するレベルなのではないかということで、人の幅くらいの除雪を50mほどに渡って行う。確かに新聞屋さんの足跡だけが続いていて、わたしの長靴にも雪が入ってくるくらいの深さでした。

 なかなか来ないバスを待つ会社までの道のり。途中、娘の小学校から休校を伝えるメールが届き、もしかしたら伝わらないまま家を出る可能性があるんじゃないかと思い、すかさず家に電話をして事なきを得る。その後、目の前を小学校方面にひとりで歩いて行く子を見つけたので、呼び止めてメールの文面を見せて、「学校休みだから、気をつけて帰りなさい」と言う。一歩間違えたら不審者だ(爆)。

 公立高校の推薦入試で高校生がいなかったほか、一部の学校はほかにも休校にしてたみたいで、バスの車内は結構空いてました。でも、場所によっては融雪装置のある表通りなのに、裏通りのような圧雪の穴だらけデコボコ道で、バスがちっとも進まない。そしてバス無線は、お客さんを積み残してきたとか、まったく進まないとか、スタックしました(オイ!)とか、各地からの悲痛な叫びを伝えてくる。結局1時間ほどバスに乗って、少し遅刻して会社に到着。

 臨時休業でお客さんも来ないってこともあって、日頃なかなかできないデスクワークが気持ちよくはかどる。で、朝と違うルートを通るバスで帰ろうと思ったら、街中はこんな感じ。片側2車線のはずなんだけどなぁ。そのほか、右折レーンが消滅して巨大な中央分離帯になってたり、融雪装置の水がなぜか出ないところにかなりの雪が積もって高速道路の上下線の境目のような壁になってたり、大きな交差点の四隅に、正方形からおうぎ形を切り出した後のような形で雪の島ができてたり。
2018020704.jpg

 さて、あしたも臨時休業確定なんだけど、自宅前の除雪を一切しないで家を出たので、とりあえずクルマが出られるようにはしておこうかな。とりあえず着手前の状況を1枚。ちなみにこれ、デミオです。
2018020705.jpg

 このフォルム、どこかで見たことある気がする・・・と思って写真をあさったところ、たぶんこれのことですな(笑)。
2018020706.jpg

 きのう月曜の段階で、お隣さんとの境目付近に雪を積み上げていたのですが、この量ですからもはやお隣さんに遠慮はしません。ガンガン敷地内に雪を投入して、その山の上に登れるように階段を作っていきます。あっ、お隣さんに雪を捨てているのは、ご厚意によるものです。
2018020707.jpg

 山を別方向から見るとこんな感じです。石垣なのか、城壁なのかって感じです。スコップの長さと城壁の高さに注目ですな。
2018020708.jpg

 山の高原部分を拡張して、デミオの横に作業台をつくる感じで攻めていきます。なのでやや斜め上からのアングルになってきました。
2018020709.jpg

 ほぼきのうの雪と、今日の新雪なので、気をつけてふみふみしていたとはいえ圧縮が足りなかったのか、1mくらい一気に踏み抜いてしまいました。一瞬で腰まで埋まって、脱出不能かと思いました。このへんの言葉だと「ごぼる」って状態ですな。屋根の下でこの状態になった場合、屋根雪が落ちてきたら命にかかわるほどの危険な状態に陥ります。幸い5秒で脱出できましたが。
20180207010.jpg

 上のほうが姿を表しました。そこで、マフラー付近の除雪もしっかり行った上で、動かしてみることにします。マフラー付近が埋まっているのにエンジンを掛けて、なおかつ車内にいたりすると排ガスが車内に入ってきたりして命の危険があります。
20180207011.jpg

 デミオの側面の跡がくっきり。魚拓ならぬ、デミ拓を取った感じでしょうか。なかなか雪でデミ拓、しかも側面を取った人っていないと思いますよ。
20180207012.jpg

 そしてさらに側面を整え、ふみふみしながら高原部分も拡張していきます。高原部分は今後、さらに雪が積もった場合の置き場所にする予定です。帰ってきたご近所さんに、「雪の上に人が乗っているのを、ひさしぶりに見た」と言われました。確かにわたしも、雪の上に乗って3mくらいの目線で見下ろすのって、小学生の頃以来かも。
20180207013.jpg

 最後のフィニッシュとして、雪を捨てさせてもらっているお隣さんの、道から玄関までを除雪して終了。わたしの母親より少し上くらいで、そんなに心配するほどのお年でもないんだけどクルマも持ってないし、ご主人に先立たれてしまった奥さんの一人暮らしなのでこれくらいしないとね。

 かれこれ帰ってきてから、3〜4時間くらい作業したでしょうか。疲れたので近所の自販機で甘い飲み物でも買おうと出かけたら、これでした。さすがに自販機の除雪までしたくないので、あきらめてしまいました。
20180207014.jpg
posted by てつりん at 01:50| Comment(2) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする