2018年04月28日

シャトレーヌの昼下がり2018

 苗場に行ったときのことを書いています。苗場の雪って、もうないんでしょうねぇ。でも、雪原の写真が出てきますよ。

 さて、ちゃんこ+おいしい日本酒で気持ちよくなりすぎて、早速今夜の宿にチェックイン。ちゃんこの話とあわせて書きましたが、必要にして十分な、格安の宿って感じでしょうか。こういう時の昼寝にだって使えるくらいチェックインが早くてもいいので、便利なことこの上ないです。

 ちょっとした散歩気分で苗場プリンスまで歩いてもいいんだけど、無料で送迎してくれます。そこでオーナー夫人に甘えてみました。「苗場=ユーミン」ってイメージがあるけれど、実際のところ正しくは、「苗場プリンスホテル=ユーミン」みたいな感じで捉えていました。でも、クルマのなかで聞いた話としては、いい意味でそうじゃない感じがしたなぁ。たまたまかもしれないけれど、結構最近の公演を見てるんだって。そういえばちゃんこ谷川も、ユーミン自身と密接な関連があるからねぇ。


 さて、苗場プリンス館内のカクテルラウンジ、シャトレーヌにやってきました。まずは16時までしか食べられないパフェを食べます。時間の遅い、昼食のデザートですよ。おいしくいただきました。
2018042801.jpg

 ところで気になったのが、ゲレンデの彼方に見える1台のクルマ。目いっぱいズームして(貼ってある写真はそのバージョンです)、撮った写真をさらに拡大して見る限り、フォレスターかXVか・・・。SUBARUのイベントをやってたんだよね。
2018042802.jpg

 ちなみにイベントの概略としてはこんな感じ。ゲレンデを走るなんて、すごすぎるじゃないか。時間があれば乗ってみたかったけど、この日も翌日もそんな時間はなかったなぁ。
2018042803.png

 これは、開演前にゲレンデに立った際に撮ったものです。
2018042804.jpg

 続いてカクテルを注文。SURF & SNOW 2018です。「雪をイメージしたゼリーとサーフボードに見立てたレモンで、冬の苗場でも夏を連想させるカクテルに仕上げました」とのことです。これくらいなら、注文するのも恥ずかしくない(笑)。そんなに白ワインベースに、ピーチネクターなどをあわせてあります。
2018042805.jpg

 そのほかのカクテルも含めて、こういうラインナップでした。BLIZZARD2018もおいしそうで、迷ったんだけどね。
2018042807.jpg

 だんだん日が暮れて、ゲレンデが薄暗くなっていって、そしてナイターの照明が灯り始める時間帯が、シャトレーゼでは一番好きだなぁ。それ以外の時間帯に行ったことがないってのもあるけれど(爆)。
2018042806.jpg

 そうこうするうちに、いつもの恒例、斉藤久実さんのピアノ演奏が始まるのでした。



【2月16日 17時からの演奏曲】

ノーサイド
DOWNTOWN BOY
ANNIVERSARY
ひこうき雲
きみなき世界
灯りをさがして
一緒に暮らそう
埠頭を渡る風
朝陽のなかで微笑んで
春よ、来い
DESTINY
posted by てつりん at 18:02| Comment(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする