2018年09月18日

全国小学生一輪車大会

 福島県に行ってきました。仕事の事情により急遽出発を決めて、23時間ほどで往復するという弾丸ツアーでした。

 郡山駅から須賀川駅までJRで。それにしても、そんなバカな・・・。
2018091801.jpg

 目的地へは駅からそんなに遠くないのですが、バスの時間も降りてからの便も悪く、結局タクシーで行くことにしました。大人が歩けば、20分くらいの距離です。
2018091802.jpg

 中にはバルタン星人が待ち構えていました。
2018091803.jpg

 本来の目的はこれです。姉が出場するということで、出場しないものの一輪車をやっている妹と、さとの3人で、チームが手配したバス、宿泊で前日のうちに現地入りしていたところへ、よっしーとわたしが合流したのでした。
2018091804.jpg

 地元ではそんなに盛んな競技でもないようなのですが、早いうちからやっていたからか地域のトップチームのようです。あるときはテレビの取材を受け(娘はふたりとも映ってました)、あるときは各地のイベントで演技を披露していました。で、せっかくだから全国大会にも出てみようと。演技をビデオ撮りして事務局に送り、映像での審査を通過したことで、出場となったのでした。

 とりあえず郡山駅で買った、安積の駅弁とりめし弁当を食べて、待ちます。午前はペアの部、午後はグループ演技の部だったのです。
2018091805.jpg

 足元をよく見るとわかるかも知れませんが、これも地味に技のひとつです。これだけの人数で決めるというのがポイントです。
2018091806.jpg

 氷の上でスケート靴を履いて演技を披露するのがフィギュアスケートですが、それが床の上で一輪車に乗って、という感じのものが一輪車演技です。
2018091807.jpg

 だから高速スピンだってやっちゃいます。上手いチームはこういうのがとてつもなく早く、しかも全員がきれいにシンクロしていました。同じ技でも、速さやキレが違ってたなぁ。
2018091808.jpg

 こういうの、高校生のバスケやバレーの大会でしか見たことなかったなぁ。クラスとクラスの間には、こうやってスタッフが床をモップがけしていました。
2018091809.jpg

 ちなみに結果は、なんと全国5位でした。一番下のクラスとはいえ、出られるだけですごいと思っていたんだけどね。なお、演技が終わったあとは、観客席で目頭を押さえる保護者の姿多数。確かにこれほど見事な演技を見せてくれたことはなかったと思うし、前日の福島入りしてからの練習は、そりゃぁひどいものだったんだとか。

 そしてこのあと、温浴施設も調べてあったんだけど、そこに立ち寄ることもせず、高速をぶっ飛ばして、チームのバスよりも30分ほど早く帰宅したのでした。まさに一輪車を見るためだけの、弾丸ツアーだったのでした。
posted by てつりん at 22:58| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする