2019年01月20日

明るくなりました

 今の家に住むようになって、今年で15年目。過去にはお風呂の換気扇が寿命を迎えたり、お風呂の水栓がおかしくなってお湯が出なくなったり、給湯器が寿命を迎えたようで家中お湯が出なくなったり。まぁいろんなことがありました。

 その都度、適宜直してきたのですが、長らく手付かずだった秘境が、リビングの切れた電球でした。そんなのすぐ交換すればいいのにと思うかも知れませんが、それがなかなか手強いのですよ。
2019012002.jpg

 ちなみに上の写真は、2017年1月20日の撮影でした(爆)。4個中、2個が切れていますな。

 写真からもわかるかも知れませんが、4mくらいの高所にあるのですよ。そしてうちにはそんな脚立がない。1個切れたら、電気工事屋さんとかに頼んで、4個まとめて交換だ!と思っていたのですが、頼むこともなく放置した結果、いつの間にか最後の1個に。

 このことを、うちの建築を請け負ったミサワの、今の担当者に話したところ、会社から脚立を持っていくので電球さえ用意しておいてもらったら交換しますよとのこと。ところが最初の交換作戦は、脚立の高さが足りず断念・・・。まぁ、建てた当時の担当者じゃないから、そこはしょうがないということにしておこう。

 で、翌日。2回目の挑戦で4個すべて交換!
2019012001.jpg

 う〜ん、うちのリビングって、こんなに明るかったんだねぇ。

 ちなみにそんな辣腕担当者でも替えられない電球があることが判明。今だったらそんな図面は引かないだろう、デザイン重視のコンセプトで照明の位置を決めていったことでそうなったのではないかとのことでしたが、まぁそれもしょうがないよ。やるんだったら、リビングの中に足場を組んでの作業になるんだって。
posted by てつりん at 20:16| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする