2019年04月30日

体力が全回復しそう?

 さとの実家に来ています。で、立ち寄ったパン屋にて。
2019043001.jpg

 死んでても生き返るとまでは思えませんが、かなり元気が出そうな気がするのはわたしだけでしょうか。ドラクエ世代の心を射抜く商品名。もちろん買いましたよ。おいしくいただきました。ちなみに千葉ニューのジョイフル本田敷地内、クーロンヌというパン屋さんです。

 なかなかネーミングセンスに長ける店員さんがいらっしゃるのか、「カツコ・デラックス」という名前のカツサンドも売ってました。ジワジワ来ます。
posted by てつりん at 22:32| Comment(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月26日

島根県に行ってきた(その2)

 かれこれ1か月くらい前のことになってしまいましたが、島根県2日目の朝は宍道湖がお出迎えでした。写真はありませんが、宿の料理も質、量ともに高く、大満足でした。そして結構安かったし。
2019042601.jpg

 まずは松江城の周囲を巡る遊覧船、堀川めぐりに繰り出します。
2019042602.jpg

 その名の通り、松江城の周囲の堀を船は進んでいくのですが、途中何か所も橋の下をくぐるのです。で、橋によっては通常の状態では通れません。なので、屋根が傾斜して、全高を下げるということができたりします。もちろん客の全高も下げる必要があるのですがね。なかなかスリルありますよ。
2019042603.jpg

 季節限定ですが、船には掘りごたつが装備されていました。なので水面を通る風は冷たいけれど、船頭さんの軽妙な松江城下町解説とも相まって、なかなか楽しい時間が流れていきます。
2019042604.jpg

 続いては、遊覧船からも見えた松江城へ。何回か行ったことはありけれど、国宝になってからは初めてだなぁ。
2019042605.jpg

 国宝になって何が変わるってわけではないんだろうけれど、国宝になれたのはどうも研究の成果のようです。ちょうど同じ頃、丸岡城の築城年代がはっきりし、最古の天守ではないことが判明したというニュースを見ただけに、興味深いものがありました。最古でなくなった丸岡城も、もしかしたら国宝になれるのかも!?
2019042606.jpg

 国宝の中を工事しているというのが興味深くて撮りました。耐震工事だったかな。こういうところを見せるのも、文化財保護への理解のためには必要なことだと思います。
2019042607.jpg

 そして最上階には、国宝指定書が。本物かどうかは知りませんが、なかなかお目にかかれるものではないと思ったのでね。
2019042608.jpg

 ランチは、すぐそばにあるろんぢんへ。場所やお店の風格を考えると、リーズナブルだと思います。ナポリタンは、ちびっこ向けにちょっと味をアレンジしてくださいました。おかげさまでおいしくいただきました。
2019042609.jpg

 島根県ゆかりの人のサインもあったりします。それにしてもこの年代のサインは貴重だと思うなぁ。アイドルの頃ですよ。それにしても、なかなか達筆なのは知ってましたが、若い頃から達筆だったのですね(あたりまえか・・・)。下の方々だって、6人いた頃のサインだし、今となっては貴重ですよ。
2019042610.jpg

 絶対にもう、新規に書かれることのないサインもあります。
2019042611.jpg

 わたしのサインも、書いてくればよかった・・・(爆)。

 その後、すぐ近くのめのうの店にはまる。
2019042612.jpg

 なかなかの、古くからの名店だったみたいですね。わたしもいろいろ悩んだ末に、最初買う気はなかったんだけどタイガーアイの勾玉にひかれて買っちゃった。さとは、延々悩んでブレスレットを買ってたなぁ。まぁこういうものは、いいと思ったタイミングに買うのも何かの縁だと思うのでね。

 あとは中国道をひた走り、大阪へ。
2019042613.png

 ホテルにチェックインし、すぐ夜の街へ。歩いていけるところにあるお好み焼き屋さんへ。
2019042614.jpg

 おいしいらしいことは調べて行ったのですが、まさか以前ミシュランガイドに載っていたとは。待ち時間の長さも納得のおいしさでした。隣が「べんきょう部屋」って名前のラブホだったのが、子連れには微妙でしたがね。
2019042615.jpg

 ちなみに、「べんきょう部屋」について公式サイトで調べてみたのですが、中身は普通のラブホでしたね。部屋によって学校の教室とか、個別指導塾の自習室とか、保健室とか、体育館の物置(もちろん体操のマットがある)とか、名前を活かしたコンセプトの部屋にすればおもしろいだろうに(爆)。一番高いVIPルームのコンセプトは、校長室でキマリですよ(コラ)。

 かくして島根県から大阪市内にワープし、夜は更けていくのでした。
posted by てつりん at 19:48| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月25日

北野食堂が帰ってきた!

 とはいっても、休業していたわけではありません。会社が北野食堂からどんどん遠くなり、数年間ごぶさただっただけのことです。調べたところ5年ぶりだったんですね。時間が経つのは早いなぁ。

 そのためか、いつの間にか価格が改定されていました。2〜3割くらいの値上げでしょうか。
2019042601.jpg

 例えば焼きそば大盛りは560円+80円だったようですが、今では700円+100円に。肉丼大盛りは660円+80円だったのが、800円+100円に。カツ定食大盛りは1000円+80円だったのが、1300円+100円に。まぁ、5年もあればそれくらいの価格改定もあるかもね。むしろ昔と変わらぬたたずまいでお店があること自体を喜ぶべきなんだと思う。以前いたと思う、小柄で腰の曲がったおじいちゃんはいなくなってたし。

2019042602.jpg
 ひさしぶりで、ちょっと自信がなかったので、オムライス大盛りを注文しました。オムライスの中身のご飯は焼き飯なので、味に変化をつけつつ飽きて食べられなくなるのを防ぐ効果もあります。1皿で二度おいしいメニューだと思っています。ちなみに以前は680円+80円ですが、820円+100円になってました。

2019042603.jpg
 以前と変わらぬ味わい。おいしくいただきました。
 
 ところで書き終えて気づきました。「カツのせ 450円」だって。こんなの昔からあったかなぁ。カツオムライス大盛りが、820円+100円+450円で1370円。カツカツカレー大盛りが、900円+100円+450円で1450円。楽しそう・・・(笑)。
posted by てつりん at 18:34| Comment(2) | 北野食堂全品制覇への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

どうやらこれは、本気らしい

 新型RAV4を見に行きました。個人的には展示車しかなくて、試乗車がないのなら行く意味がないとまで思っているくらい興味があったんだけど、さとは展示車だけでいいから見たいというのでね。

 そしたら、勢いに乗って(?)再びヴォクシーの試乗を行い、さらには自宅へ乗り付けて車庫入れまで敢行、ついでに見積もりまで取ってきてしまいました。
2019042101.jpg
※顔の好みの問題で、この段階ではまだZSやZS煌2ではないのです

 いわゆる商談のような形にまで行っちゃったんだけど、さとはなかなかキレのあることを考えていたなぁ。具体的には、次のような感じ。
・10月からよっしーの保育料が無償化されるから、財源はそこから月3万近く出せる
・ある程度の大きさのミニバンが必要なのは今後数年である可能性が高いと考え、残価設定ローンを考えるのもありかも
・350万の新車を10年乗っても、3年落ちの中古車を200万円代前半で買って7年乗っても、1年あたりのコストは30〜35万くらいで結局変わらない → つまり新車にこだわる理由も中古車にこだわる理由も、最終的なところでは大差がない

 ウケたのは、ヴォクシー購入に際しての残価設定ローンがいかにメリットが大きいかとか、販売店の金利は3.9%で金融機関よりもたぶん一見不利だけど、これだけの金額の下取り保証は銀行ローン+買取店でできるか微妙だという話をわたしがさとにしていた時に、

とってもわかりやすい説明ですね。この仕事しませんか?

と営業マンに言われたことだな。昔やってたので、もういいです(爆)・・・。


 話の雰囲気としては、これはそのうち本気で買うつもりだなと。話の席で、370万の見積もりに対して350万くらいという話が出ていました。この段階で、装備の充実度の差や残価設定ローンを想定した場合のVとZS煌2の差、さらには展示車の出やすさの差で、ZS煌2でほぼ間違いないって感じでした。さらには、展示車だったら10万引きって話が出た気がするので、展示車を放出する際には335で手を打ちますか?って発言が頭をよぎったけどさすがにこの席では言えなかった・・・。

 でも後日、営業マンから展示車放出の話が出たら、乗ってしまうんだろうか。乗ってしまうんだろうなぁ。というわけで、ネットで作った見積もりだとこんな感じ。ただしコーティングと点検パックを計上することができなかったので、実際にはやはり370万近くにはなりそう。
2019042102.jpg

 ちなみに、納車時の消費税がかかるのだそうです。つまり、10月になる前に納車されるように購入契約をしたほうが安い。そして消費税増税のタイミングで価格改定だけでなくそれに伴うマイナーチェンジがもし行われるのだとしたら、現行の展示車は旧型になってしまう。個人的にはそのタイミングで、店舗が展示車の放出を考える、すなわち335万で手を打ちますか?いや、決算時でしょう?330万で・・・な〜んて話になってしまう気がしてなりません。
posted by てつりん at 22:26| Comment(0) | 試乗記・クルマ談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月19日

あたりまえだけどすごいなぁ

 購入当初のデミオについて、ほぼ何も語っていない気がしますが、気がついたらもう今年が1回目の車検。実は身の安全を図ろうと、新車時からドライブレコーダーをつけています。

 撮ったものを見返すことはほぼないのです。正直、ほぼないから、何かあってもどうやって見るのかよくわからない(爆)。そんなある日、せっかくだから映っているものを見たいという衝動に駆られました。

 会社からの帰り道。見ての通り、直進の交差点の信号は青です。
2019041903.png

 ところが、交差点に進入しようとすると、理論上は誰も来ないはずの左から、ワ○ンRが。そしてどう見てもこっちか青で、あっちが赤。
2019041905.png

 こういうのと勝負するのも労力がもったいないので、無難な対応ながら思わず反射的に急ブレーキ。わたしが見てなくてそのまま行ってたら、確実に命中ですぜ。
2019041906.png

 わたしから見て直進方向の交差点の先は、若干右にカーブしているのでわかりにくいかもしれませんが、見事に信号無視してわたしの前に入ろうとする瞬間でした。
2019041907.png

 バカバカしくてワ○ンRを糾弾する気にはならないんだけど、これを機に、どうやったらドラレコの動画を見ることができるのかを、家族に教えておくって大事なんだなぁって思いました。死人に口なしになっちゃうのは、イヤだからね。
posted by てつりん at 21:43| Comment(0) | デミオ(4代目DJ型) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月14日

第7ギョーザはホワイト餃子

 金沢には、いろいろとおいしいものがあります。観光パンフに載るようなものも当然うまいのですが、地域の人々に愛される食べ物ってのも、またいいものですよね。

 そういった食べ物のひとつとして、第7ギョーザというものがあります。なんで7番目なんだったかなぁ。かつては別の場所で、こぢんまりとしたお店を構えていましたが、新しい道路ができたのを機に移転オープン。近隣に渋滞ができるほど繁盛しています。個室もあるので、有名人もお忍びでやってくるようで、サインも多数飾られていたりします。一説には、あまりの中毒性に、クスリが入っているのではないかとまことしやかに語られるほど。

 そんな第7ギョーザに、だいぶ前にさとと行った日のこと。10年以上前なのは間違いないですな。その時さとは、「これはホワ餃だ!」というのです。さとの行動範囲だった関東で有名な、ホワイト餃子と同じだと。ホワイト餃子のことを、略してホワ餃というのだとか。確かに第7ギョーザの餃子も、「ホワイト」っていうけどね。

 で、10連休中に関東方面に行くということで、何をしようかと考えている今日このごろ。そうだ、ホワ餃を食べてみよう。これによって、第7ギョーザとホワイト餃子の違いもわかるかもしれない。さて、どこのホワイト餃子に行こうかなぁ。そんなことを考えて公式サイトを見たところ・・・、

2019041401.png
店舗一覧の下の方、「支店/技術連鎖店」のところをスクロールしていくと、

2019041402.png
なんと我らが第7ギョーザもグループ店になってました。

 う〜ん、過去の記憶によると、ホワイト餃子の店舗一覧に、第7ギョーザはなかったはずなんだけどなぁ。第7ギョーザは確かにおいしいのですが、正体を知ってしまった以上、関東方面に行ってまでホワ餃を食べる必要はないかなぁ。とか言いながら、さとの実家近くにも、成田店というきれいな店があるじゃないか。気になるなぁ・・・。

 その一方で、第7ギョーザに謎の中毒性があるのと同様、あの店のホワ餃はうまいとか、中毒性があると言った情報も求みます。
posted by てつりん at 23:22| Comment(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月09日

流浪の民


動画とタイトルには、直接の関係はありません。

 定期的に出てくるてつりん家の問題、「プレマシーの次は何に乗るのか?」についてです。安心してください。まだ乗ってますから(笑)。ただ、何に乗るのかがいまいち計りかねるままに日々が過ぎ、過去にはデリカD:5ヴォクシーセレナe-POWERにも乗った。正直なところ、どれもこれも決め手にかけるというか、プレマシーを超えるものがなくて、まさかのもう1回プレマシーって選択肢も語られるほどの今日このごろ。そこで、わたしの強い推薦により、さとにオデッセイの試乗をしてもらうことにしました。

 オデッセイは、まだハイブリッドがなかった頃に1回乗っています。その時の印象がよかったのもあるし、さとの言うスライドドアのミニバン+わたしの言うできれば車高の高くないものがいいという条件を満たす貴重な現行車種。新車で買おうというこだわりはないけれど、オデッセイでなければ現行で買えるものはシャランくらいしかないのではないかと。

 オデッセイハイブリッドは、ハイブリッドなのですが、機構的には日産のe-POWERにかなり近いと解釈しています。違いは、エンジンがすべて発電のために回り、走行のエネルギーは電力によって賄われるのが日産。ホンダは、エンジンが発電のために回るし、電気で走行もするんだけど、高速域になるとエンジンも走りに貢献する。一般のハイブリッドよりも、電気で走る部分が幅広いため、電気モーターによる軽快な走りがウリなのだとか。そうねぇ、エンジンによる走りをモーターでアシストするのが一般的なハイブリッドだとすると、オデッセイのハイブリッドシステムはモーターによる走りを、高速域ではエンジンがアシストするって感じかなぁ。

 さて、さとによる車両チェック。購入決定権者を見誤る販売スタッフもいるなか、このスタッフはよくわかっている。姉も一緒にチェックしていたようですが、脚が組めるほどの2列目スライドに感動。3列目まで使っても、一輪車をそのまま収納できそうなことに感動。深さもあるので、プレマシーと同じような使い方をしていて若干感じたような不満は、すべて払拭されると言っても過言ではありません。そして、オットマン付きの気持ちよすぎるシート。まぁ、車体がでかいんだから、それだけいいことも増えるのは当然といえば当然なのですがね。

 さとの運転で試乗に出かけます。途中からはわたしも試乗しましたが、エンジンが動いているのかどうかがわからないくらいに静か。3列目まで人が乗って走るということに関しては、すばらしいものがあります。縦にも横にも気持ちよく走るし、さとも気に入ったのだろうと思っていました。事実、かなり積極的にスタッフに質問もしていましたし。

 ところが帰りに聞いたさとの見解は、驚くようなものでした。なんか、変な挙動があって気持ち悪いと。足回りが硬いだけなんじゃないのかなぁって思ったのですが、なによりガソリンだと350万から、ハイブリッドだとその100万増しというのがねぇ。これはセレナやデリカD:5で、400万超えの見積もりをもらった時の話に戻るんだけど、使用頻度に対して高すぎると。3〜5年落ちの中古で探せば、ほどよいお値段で見つけられそうなんだけどねぇ。かといって、もう1回改めて乗ってみたいという話にもならなかったんだよねぇ。車内については、シートアレンジや使い勝手を中心に大絶賛だったんだけど。

 ちなみに、販売店に停めたオデッセイの横には、エスティマが置いてありました。「・・・エスティマと、そんなに変わらないんだねぇ」。その後行った選挙でも、エスティマの横にうちのプレを停めてみて思ったのです。もしかして、エスティマと同じようなものじゃなかろうか、と。正直なところ、国産でスライドドアのミニバンと言うと、まだ見たり乗ったりしてないものは、さとがホンダ販売店で気にしていたステップワゴンか、あとはエスティマくらいしか残ってないんだよね。ちなみにさらに上のクラスとなると、うちの駐車場を考えると現実的ではないのです。ホントに、クルマ難民になりそうです。
posted by てつりん at 23:18| Comment(0) | 試乗記・クルマ談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

桜祭りに行ってきた

 以前から存在は知っていたのですが、初めて金沢駐屯地の桜祭りに行ってきました。
2019040800.jpg

 金沢駐屯地のイベントということで、通常は入ることのできない陸上自衛隊の駐屯地に入ることができます。戦車や軽装甲機動車もありましたよ。
2019040801.jpg

 ちょっとめずらしい乗り物多数なので、よっしーは特に大喜びでした。
2019040802.jpg

 軽装甲機動車の車列。桜まつりらしい写真が撮れる、貴重なスポットのひとつでした。
2019040803.jpg

 正直、桜まつりではあるのですが、わたしの感覚としては駐屯地の一般開放日って感じだったなぁ。本気で花見をしたいと思って行くと、ちょっと肩透かしを食う感じがします。実際のところはさとも含めて、自衛隊の中に入れるというところに楽しみを見出して出かけたのですがね。

 だからこそ、駐屯地内にポプラがあったりすることがおもしろくてしょうがない。売り物は・・・、半分くらいは普通のポプラで、残り半分は自衛隊に関するものが売られていました。バッグや雨具のクオリティが高くて、お金があったらうっかり買ってしまいそうでしたよ。もちろん迷彩柄でしたが。
2019040804.jpg

 さらに奥地には、はなの舞があったりもします。隊員限定でしょうけどね。あっ、ポプラはこの日だけは、一般人も買い物できましたよ。
2019040805.jpg

 さらに奥地に進むと、尚古館という施設がありました。資料館なのですが、内部は撮影禁止とのことで、写真はありません。
2019040806.jpg

 展示品は、ご遺族などから託されたりするものだったりするそうです。軍服や軍刀、階級章などのほか、銃もありましたね。あと、複製品だと思うけど、「これ教科書とか資料集とかに載ってるよね・・・?」みたいな写真もあったなぁ。例えば、これとか。
2019040809.jpg
※もちろん尚古館のなかのものを撮ったわけではありません

 あとは日清、日露戦争の解説図とか。災害救援活動に勤しむ自衛隊員を鼓舞する内容の、長渕剛の色紙もあったなぁ。PKOとか、自衛隊の国際貢献に関する展示もあった。部分的にでも、日常的に一般に開放すると、おもしろいと思うけどなぁ。

 展示品ではないけど、館内見張りの隊員に向かって、「戦争(たぶん、紛争地へPKOとかに行くことを指しているようなニュアンスだった)行く気あんの?」「えぇ、まぁ、その時が来たら行かなくてはなりませんから」「ホントに〜?」とか質問してる年寄りは正直うざいと思いましたが。なんというのか、そんなわかりきったこと聞かれても、答える側は困ると思うんだよ。わたしに向かって、「ブラック企業だと言われてるけど、実際めんどうなお客とかいて大変でしょう?」「いや〜、ちゃんと対応すれば、なんとでもなりますよ」「ホントに〜? 死ねばいいのにとか思ったりしないの?」とか聞かれたらうざいのに似ている気がする。そういえば、「乃木希典は指揮官としては無能だったんだ」みたいな話をするのも、個人的には大昔のステレオタイプな感じがして(以下略)。

 まぁ、こういうところには、マニアがはびこったりするものなんだといえばそうなんでしょうけどね。中途半端なマニアだ(爆)。真のマニア?は、こういうところに目をつけるものなんだぜ。
2019040807.jpg

 おもしろいよねぇ。ウィキの記述によると、ここには日本陸軍山砲兵第9連隊があったそうですよ。そういえば尚古館に展示されていた古い地図によると、いま高校が立っているような場所にも軍の施設があったりだとか、なかなか興味深いものがありました。
2019040808.jpg
posted by てつりん at 22:20| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月02日

島根県に行ってきた(その1)

 今年は結婚15周年。だからというわけでもないのですが、ゆかりのある場所のひとつ、島根県まで行ってきました。
2019040201.png

 といっても道中はかなり過酷を極めました。予定出発時刻から90分遅れだったうえに、高速道路は季節はずれ?の雪。タイヤはとっくに替えてあるので、とりあえず行けるところまでは行こうと。わたしは途中から運転するつもりでさとにおまかせでしたが、ふと目を開けると吹雪。よくこれで敦賀まで来られたなぁと。

 島根県方面へは敦賀から、舞鶴小浜道、そして中国道を進むのが最短距離です。ところが舞鶴小浜道も雪なのではないかと。時間がかかるのを承知で、北陸道から名神経由に変更。ところが、米子道の途中からのタイヤ規制が、当然ですが突破できなかった・・・。

 それでも予定より、2時間半遅れくらいで済んだはず。最初の目的地、石見銀山に到着。
2019040202.jpg

 世界遺産になる前に来たことがあるのですが、当時とは違って、直接銀山エリアにクルマを乗り入れることはできなくなっています。世界遺産センターからシャトルバスに乗って、さらに4〜50分くらい歩いて、ようやく当時の坑道が残る龍源寺間歩にたどり着きます。なのでまずはしっかりと事前学習を。
2019040203.jpg

 バスを降りたらもうお昼だったので、銀山エリア中心地の蕎麦屋に行きました。
2019040204.jpg

 島根県はそばも有名。おいしくいただきましたよ。よっしーも大人サイズを1人前食べたのにはびっくりした・・・。
2019040205.jpg

 あとはひたすらに歩きます。銀山エリアをすべて歩こうと思ったら、半日コースだそうです。途中、カフェとか雑貨屋さんとかもあるにはあるのですが、いちいち寄り道していたら日が暮れてしまうかもしれない・・・。
2019040206.jpg

 だいぶ奥まで来ると、こんな感じで間歩(当時の坑道)が口を開けていたりします。もちろん立入禁止ですがね。
2019040207.jpg

 わたしの記憶が確かならば、20年くらい前だとここまでクルマを乗り入れることもできたはずなんです。その証拠に、駐車場を示す看板が。でも今となっては、ここへは徒歩かレンタサイクルか、ベロタクシーくらいしか方法がありません。まぁ、道が狭いので、それでいいと思うんだけどね。
2019040208.jpg

 ようやく龍源寺間歩に到着。
2019040209.jpg

 手掘りの坑道が続くのですが、このあたりは明治時代に再開発して、拡幅した坑道だったかな。
2019040210.jpg

 この先は入れないのですが、江戸時代の坑道はこの広さだったのだとか。前から人が来たら、絶対にすれ違えません。ちなみに途中の随所に、銀の鉱脈を見つけて掘り進めた脇道のようなものも多数あります。
2019040211.jpg

 この段階ですでにおやつの時間ってところ。予定ではさらに街歩きをしたり、日本一高い日御碕灯台を目指したりと予定があるにはあったのですが、時間がないので出雲大社へ。
2019040216.jpg


 巨大な注連縄といえばこっち。ということで、拝殿ではなくて神楽殿の方を。もちろんちゃんと参拝しましたよ。ちなみにここから向かってさらに左に進むと、15年前に結婚式をしたおくにがえり会館があります。当日は雨だというのに十二単の新婦がいたこととか、絡み合うようなルートで歩くよう指示されたこととか、割とどうでもいいことは覚えているのですがね。
2019040212.jpg
posted by てつりん at 19:06| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

2019年3月 月例報告

 新元号は、令和なのですね。変換候補として覚えさせておくと、何かと便利なんだろうか。でもなぁ、一般生活で使うのかというと正直微妙。業界によっては使うこと必須って世界もあるけどね。そういえば先日、よっしーのこども園継続の書類を書く時に、平成何年生まれなのか一瞬迷った。娘たちは平成でも西暦でもすぐ出てくるのに、3番目だと生まれ年の記憶すら適当になるのか!?

 さて、こんな感じで時事ネタを入れて、さかのぼり更新じゃないよアピールをしたところで、先月の状況を。こんな感じでお越しいただいておりました。この場をお借りしてではありますが、ご来場いただいた方には厚く御礼を申し上げます。


1.Yuming Surf & Snow in Naeba Vol.32 387(1)
2.カテゴリ:プレマシー(2代目CR型) 52(2)
3.プレゼントの顛末 40(ー)
4.デミオにおける適切なスマホ環境について 29(7)
5.雪ささの湯 28(ー)
6.千穐楽 28(ー)
7.長岡の休日 24(ー)
8.カテゴリ:試乗記・クルマ談義 22(ー)
9.さとが、ヴォクシーに乗ってきた 19(ー)
10. 新しい実家とタイヤ交換 18(ー)

※アクセスが同数でも、訪問者数の差で順位が上に来ている場合があります

訪問者数 839(2月 892)
ページビュー数 4,743(2月 4,317)


 3月に書いたものが、10本中5本。そして1位が不動のまま。何らかの事情によって検索されやすいんだろうけれど、個人的には毎月のことながらとっても不本意でございます。ちなみに11位以下に目を向けると、11位には粉瘤との戦い、17位には北野食堂全品制覇への道、20位にはプレマシー(初代CP型)というふうに、上位にランクインされるものや古くからのカテゴリが顔を出してはいます。

 今月の展望なのですが、書きたいけど書いてないものがいくつか。それを実際に書くのかどうかはさておき、個人的には書く気はあります。例えばシャトレーヌのお茶会のこととかね。ちょっと早いけど結婚15周年記念ツアーに行ってきたとかね。というわけで今月もなにとぞよろしくお願いしたいのでありました。
posted by てつりん at 22:44| Comment(0) | 月例報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする