2019年06月04日

MAZDA3に乗ってきた

 デミオの点検に行ってきた日のこと。「MAZDA3ありますけど、乗りますか?」って担当の営業マンに言われました。えぇ、あるんだったら乗りたいなぁ。せっかくだからね。

 というわけで試乗して、さらにカタログも頂戴してきました。ちなみにMAZDA3ってのは、いわゆるアクセラという名前だったもののことです。
2019060201.jpg

 登場したのはセダンの1.8Lディーゼル。「美しく走る」ってCMをやってるけど、MAZDA3もたしかに美しい。前に出て(つまり後ろ姿を見せて)、向きを変えて(つまり側面を見せて)、さらに向きを変えて(前を向いて)、店舗の出口付近まで動かされていくまでの一部始終を見ていたけれど、こうして目に映る面を変えていくさまとそこに映り込んでいく景色の変化を、目で追い続けたクルマはいつ以来なんだろうか。もしかしたら、ボルボC30以来かもしれないなぁ。

 乗りこんだ印象。見ているときも思っていたけれど、伸びやかなデザインのおかげもあってか、「これが新しいアテンザです」って言われたら信じてしまいそう。内部についても、さすがに後部座席はそこまで広くないものもそんな雰囲気。初代アテンザとサイズはそんなに変わらないと聞いて、それも納得でした。

 走った印象も、マツダらしくいい感じだったなぁ。センターコンソールがものすごく幅広なんだけど、シートが狭いとはちっとも思わない。むしろゆったりと乗れて好印象。マツコネのダイヤルも大きくなっているし、パワーシートとか感覚的には1クラス上の装備ですか?というものもついている。雰囲気的にはこれで300万くらいかなと思ったら、実際にはBOSEのオーディオとかもついているのでもう少し高いんだけど、それでも標準的なグレードだったら300万円くらいだって。

 10〜20年くらい前のスカイラインとか、レガシイとかの乗り味が好きだと思えるんだったら、買いだと思ったなぁ。何がどうってことはうまく言えないんだけど、普通にすっごくいい感じで走っていく感じがとっても好印象。ちなみにそんなに大きいモデルではないと思うけれど、輸入車とかレクサスとかに乗っている人が興味を示して見に来てるって。
posted by てつりん at 00:39| Comment(0) | 試乗記・クルマ談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする