2019年12月05日

ライズに乗ってきた

 見ての通りのタイトルですが、先日乗ってきました。

 存在はいつから知ってたのかなぁ。とにかく、ライズという名前になるということが決まっていない段階から、情報はキャッチしてた。そもそもRAV4に興味があって、にもかかわらずなぜかRAV4ではなくヴォクシーを買ってしまい(それについてはまぁ妥当なのだが)、その一連の流れの中でわたしがSUVに興味があるってことを、ネッツの担当営業マンは知っているのですよ。そしてさすがトヨタ。もう1台がどんなデミオなのかも知っている。だから、「今度こういうのが出るんですけど・・・」って、写真すらない状態からアプローチはされていました。その時のナンバープレートには、実はRUSHって書いてあったんだよ。

 というわけで、デミオの車検を終えてから(ここ重要!)、試乗に出かけました。同じ日に、さとも乗っていてなかなかよかったって。
2019120501.jpg

 感想。外から見るとでかく見える。RAV4に興味がある人が、セカンドカーとして買っても不満はないと思う。でも乗ると、車内が狭いってわけじゃなくて、いい意味で大きさを感じない。こんなちっちゃいんだ〜って思うくらい、大きさを感じない。もちろん乗ることについては、運転席周りなどの空間がきちんと確保されていて、狭いわけではない。走り出すと、ターボのトルクが低回転から効いてくるようで、縦方向の動力性能には何の不満もないな。そして足回りもほどよく固めで、走っている音や路面のうねりなども不快ではない程度に感じることができる。

 う〜ん、さすがダイハツだね(爆)! よくできてる。

 タイミングがあえば、買ってたかもしれないとまで思える。ちなみに見積もりをとったりはしなかったけれど、お値段は四駆の場合でざっくりうちのデミオと同じくらいかなぁ。個人的には全長が3995mmってのもいいなぁ。フェリーに乗せる場合の料金が違うんだよね。まぁ、まだまだデミオを楽しみたいと思うし、その次はロードスターを買うと思うので、残念ながらご縁はなさそうだけどね。
posted by てつりん at 23:52| Comment(0) | 試乗記・クルマ談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする