2020年01月03日

2019年12月 月例報告

 毎月のことではありますが、いつもありがとうございます。誰が見に来ているのか、実はよく知らないんだけどね。そんな姿かたちの見えない方にも、この場をお借りしてではありますが厚く御礼申し上げます。見ているだけのあなたにも、今年もなにとぞよろしくお願いいたします。

 さて、先月はこんな感じでお越しいただいておりました。


1.Yuming Surf & Snow in Naeba Vol.32 607(1)
2.カテゴリ:プレマシー(2代目CR型) 84(2)
3.デミオにおける適切なスマホ環境について 45(3)
4.カテゴリ:粉瘤との戦い 42(ー)
5.カテゴリ:試乗記・クルマ談義 39(12)
6.最後に勝つ!? 31(ー)
7.その年代 30(ー)
8.カテゴリ:音楽 30(ー)
9.【mixi】ウォルドルフ人形 製作日記5日目 29(ー)
10. カテゴリ:北野食堂全品制覇への道 29(9)

※アクセスが同数でも、訪問者数の差で順位が上に来ている場合があります

訪問者数 994(11月 794)
ページビュー数 7,967(11月 4,386)


苗場の記事を見てる人、
わたしに2020年のチケットを譲ってくれませんか(爆)?
 

もちろん手数料込みの端数切り上げの範囲内くらいで、
定価じゃないと呪い殺しますけど、
現地での食事とか、場合によっては駅などからの交通とか(クルマで行くので)も提供しますよ。 

 なお、公演日はいつでも構いません。事前にわかっていれば、そこはなんとか仕事を調整すればいいのでね。

 ちなみに先月のトップ10入りのうち、トップ10落ちした記事は次のとおりでした。うん、ちゃんと、前の月に書いたものがランクインして、その次の月はランク外に去ってますね。まぁ、こういうのは、その時その時で書いたものなんだから、次の月には忘れ去られちゃってもしょうがないと思います。で、忘れた頃に再浮上するのがおもしろかったりするのだよ。

4.2019年10月 月例報告 27(ー)
5.RX-8との遭遇 22(ー)
6.何かがはやっています 20(ー)
7.ヴォクシーにも冬の支度を 19(ー)
8.ハロウィンって、なんだろう? 18(ー)
10. 文化の日なので、生きててよかった 16(ー)

 そういえば、浮上しそうで浮上してこなかったものとしては、音楽のカテゴリ。結構雑多に、いろんな音楽のことを書いているので、ツボに来る人はいるかも知れないねぇ。一時期、音楽のなかからユーミンのカテゴリを作って分離独立させようかと思った時期もあるけれど、面倒だからそのままになっています。
posted by てつりん at 21:21| Comment(0) | 月例報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これはひどいね

 毎年恒例にしている、引いたおみくじの公開+昨年の初詣のときに引いたおみくじの検証の時間ですがね。なんと去年はどんなおみくじを引いたのかの記録がない! そしてわたしの書斎のMacの前には、いつ誰が引いたのかわからないおみくじが2つ! こりゃぁ、ダメですね。

 というわけで昨年の検証はなしで、今年引いたものの紹介だけ。いろいろありすぎるので、写真でどうぞ。
2020010201.jpg

 う〜ん、これはひどいね。末吉だけど、事実上の大凶なのではなかろうか。で、ちょろっと調べたところによると、凶と大凶はないらしい。そのように、富山のローカルワイドショーで紹介されたことがあるのだとか。ついでに、大吉でも厳しいことが書いてあると。うん、それについては納得だな。

 しかし、これはひどい。繰り返すようだけどひどい。職業なんて、「勤め人は免職・左遷・引退などのある時だから、覚悟をしておくべし」だって。まぁ、早く引退していいんだったらそれはそれで悪くない気がするけれど、正直引退したらこれまでのようには生きていけないだろう。なんだかんだ言っても仕事は好きだから、そもそも仕事についてはなんだかんだ言ってないくらい好きだと思うので、まだ当分は引退するつもりはないなぁ。

 免職・・・。岩盤浴のことを密告されても、捕まることはないと思うがなぁ。当然ですが飲酒運転は一発免職ですが、それをわきまえて気をつけているつもりだし。

 左遷・・・? う〜ん、どこかの事業所へ飛んだりするんだろうか。そういえば、去年の終わりの方に、うちの会社でも予期せぬ異動ってあるんだぜって話を聞いたからなぁ。そこの事業部と、うちの事業部では事情が違うらしいと聞いたことはあるけれど、今の会社に来た際にはかなりびっくりしたし、辞令一発でどこへでも行くものだと思っているので、何が起こってもまぁ流れていくだけです。流されはしないと思うけれどね。

 交友や旅行のところもなかなか考えさせられます。交友は、「・・・寧ろ独り静かに修養するがよい時だ」。旅行も、「暫く山へ静養に行くとか、郷里へ引退するとかいうには適当の時」だって。とりあえず山に2〜3日くらいこもってみるかな。こもるあてはないけれど、ちょろっと調べたらこんなのが見つかった。酸ヶ湯は行ってみたいと思ったことがあるけれどそれっきりで、藤三旅館はかれこれ20年くらい前に、不覚にもお風呂に入ることなく後にした悲しい出来事(自分たちのせいなんだけど)があっていつかまた行ってやろうと思ってそれっきり。

 こんなのも、備忘録代わりに貼っておこうかな。いきなり不老ふ死温泉、次が乳頭温泉ってラインナップがたまらない。どっちの記事も、がんばりすぎなあなたへみたいな方向性で書かれているのがまたわたしの気分にあってそう。うん、今年はプチ湯治の旅に出よう。同じ宿で2泊3日、できれば3泊4日で、どっかの山の世間から隔絶されたようなところで、積ん読の本とかを持ち込んでダラダラするんだ。旅行のところは正確には、「差し支えない。又、暫く山へ静養に行くとか、郷里へ引退するとかいうには適当の時」だからね。
posted by てつりん at 16:00| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする