2020年02月24日

苗場の休日(その2)

 感動的な一夜、いや1日を過ごし、宿泊は某所に停めたヴォクシーの車内で。2〜3列目が限りなくフラットになるのですが、微妙に傾斜があって、その対処をしないまま寝袋を広げて寝てしまったので、ずりずりと運転席側に滑り落ちていく感じでした。2列目付近に重点的に毛布を敷き詰めれば、もっと気持ちよく寝られたと思うのですが、正直そのままでもものすごく快適でした。ちょっとしたことだけど、2列目の窓に目隠しになるロールスクリーンがあるのがいいですね。また寝たいくらいです(笑)。

 翌朝の苗場プリンス館内にて。キャピタルヴィレッジのホームページを前日の夜に見れば、当日券があるのかないのかわかるのですが、この日は全10日間の公演日で唯一当日券のない日でした。月曜なのに、正直ちょっと意外でした。
2020022401.jpg

 朝食は、前の日から目をつけていたアゼリアへ。ブリザーディウムからすぐの、3号館にありますよ。
2020022402.jpg

 前日はあんまりいいものを食べてないというか、野菜不足で不健康な気がしたので狙っていたのです。ホテルの朝食バイキングって、実は泊まっていないからこそ、なんだかとっても贅沢な感じ。しかも前日に何があったのかを知っているような人たちから、「昨晩はおめでとうございました」とか言われちゃうし。「ゆうべはおたのしみでしたね」ってのとは、一見同じような文面だけど、意味はぜんぜん違うよな(爆)。
2020022403.jpg

 次の日は普通に仕事なのと、早めに帰って疲れを取りたかったので、寄り道は最小限にとどめることにしました。でもせっかくなので、こういうときでもないと絶対に行かなさそうな駅を訪問。越後鹿渡駅だって。寄り道数百mでたどり着けます。
2020022404.jpg

 駅前の水たまりが、見事に凍っていました。これほど見事に水たまりが凍っているのを見るのは、どれくらいぶりなんだろうか。
2020022405.jpg

 隣の駅が、ものすごい豪雪地帯で知られるあの津南駅でした。知らなかったなぁ。でも、ここから見える風景はちっとも豪雪地帯な感じがしませんでした。やっぱ今年の冬の雪の少なさは、平地も山も、なんだかおかしかったんだろうなぁ。
2020022406.jpg

 しばらく待ったら列車は来るんだろうか。と思いましたが、3時間くらい待たないと来ないのでした。高校生の通学のためにほとんどの列車が走っていて、それ以外の列車は12時台と14時台にしか来ないって感じですね。
2020022407.jpg

 いつぞや訪問してかなり気に入った、ナステビュウ湯の山へ。ここも、帰り道からちょっと寄り道するだけでたどり着けます。数キロくらいかな。
2020022408.jpg

 こぢんまりとしていますがステキな泉質のお風呂。絶景の露天風呂。あと、何回かサウナに入って昼食。これに挑戦したい気もするけれど、食べるだけで疲れそうな気もしたので今回はパスで。
2020022409.jpg

 こっちにしました。とんかつも疲れるんじゃないのってツッコミはなしで(笑)。適量だから、疲れないんですよ。
2020022410.jpg

 でもなんでかなぁ、お風呂に入る前から、この看板に目が釘付けになってました。なので食後は、このマッサージチェアに絡め取られる。そして、意識を失う。正直、苗場に行く前からかなり疲れていたのは事実です。マッサージチェアは気持ちよかったけれど、そのときはスッキリしたつもりだけど、もう1周してもよかったくらいに疲れていたのは事実だなぁ。
2020022411.jpg

 結局帰りはほぼ全行程下道で、お風呂や食事の時間も入れれば、10時間くらいかかったでしょうか。ヴォクシーで下道の長距離なんて疲れそうだなぁって思ったけど、意外となんとかなるものですね。何かのときにはまた、使わせてもらおうという気持ちになることができました。
2020022412.jpg
posted by てつりん at 23:37| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月23日

2020年1月 月例報告

 書いてないこと自体をすっかり忘れていました。先月はこんな感じでお越しいただいておりました。この場をお借りしてではありますが、厚く御礼申し上げます。

1.Yuming Surf & Snow in Naeba Vol.32 670(1)
2.カテゴリ:プレマシー(2代目CR型) 82(2)
3.カテゴリ:粉瘤との戦い 54(4)
4.デミオにおける適切なスマホ環境について 40(3)
5.どうやらこれは、本気らしい 37(12)
6.ある意味、入手困難な時代 29(ー)
7.カテゴリ:北野食堂全品制覇への道 29(10)
8.これはひどいね 28(ー)
9.あけましておめでとうございます 26(ー)
10. 歌姫に会いに(2010年版) 24(ー)

訪問者数 1,022(12月 994)
ページビュー数 7,606(12月 7,967)


 結局中身そのものは書いてませんが、苗場には行ってきましたよ! 別に先月の月例報告で訴えたとおり、誰かが譲ってくれたわけではないのですがね。運よく当日券で入り込むことができたってことで、髪(←最初に出たのがこれだったのであえて放置)に感謝いたします。髪に感謝するのは、まぁ、別の意味をも含んでいるからですが、ここで書くことはないんじゃないかなぁ。あるかなぁ。なお40周年に行ってきたことは書いていますが、今日現在月間4位につけています。

 でもなぁ、あとはそんなに代わり映えしないランキングだなぁ。でもね、あまりにも1位を取りまくるので、改めて読んでみた。自分で言うのも何だけど、ライブのレポとしては、なかなかちゃんとかけてる気がしないでもない(笑)。それでもそろそろ、ほかの回のものも読んでみませんか? と、どこから流れてきているのかもわからないような読者様に訴えかけてみるのでした。
posted by てつりん at 14:46| Comment(0) | 月例報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月22日

苗場の休日(その1)

 先日書いたとおり、当日券で苗場に潜り込んできました。ここでは、ライブ以外のナエバカンスのことについて書きます。
2020022201.jpg

 今回のグッズはこんな感じ。わたしはいつもの紅茶とパウンドケーキ、そのほかとしては40周年だからってことで作られたパンフレットと、マグネットのガチャガチャ、そしてなかなかかっこいいと思ったハンカチも買いました。
2020022202.jpg

 マグネットはこんな感じです。どれが出てもいいと思って買ったんだけど、あたったのは写真の左上から右に2つ、下に1つの位置にある、91年のvol.11のものでした。当時のわたしは、ユーミンは聴いてたけど、苗場でライブを恒例でやってるなんてことは知らなかったなぁ。
2020022203.jpg

 会場のブリザーディウムへの階段右側では、マグネットと同じ写真の展示がありました。
2020022204.jpg

 展示と階段の間、階段のすぐ右側には、毎年のポスターと30周年記念プレートのほかに、40周年記念のプレートも掲げられていました。
2020022205.jpg

 最初のライブは、ホテル側からはあんまりよく思われてなかったっぽいです。なんだったかなぁ、ポスターを館内に貼るのはやめてくれって言われてたんだったかなぁ。小さい男の子と女の子がキスしてるのがまずいって。それがいつの間にか恒例になって、ブリザーディウムの名前はユーミンの命名で、ブリザーディウムの作りも、「君たち(正隆氏やユーミン以下、苗場のスタッフのことね)のやりたいように設計してくれ」って、堤さんに言ってもらえたんだったか。

 ちなみに40周年記念プレートは、これです。勝利の女神、NIKE(ニーキ)をモチーフにしたのだとか。
2020022206.jpg

 40周年ということで、いつもよりもお祝いのお花が多かった気がするなぁ。aikoとか、NHKのSONGSスタッフといった、いつもの人たちのお花ももちろんあったけれど、個人的にはこの写真の右から2番目のお花が気になった。樋熊隆夫さんからのものなんだけど、これまでは「ちゃんこ谷川 樋熊隆夫より」になってたんです。お店がなくなっちゃったのは残念で、ユーミン自身もいろんなところで話したりしてる気がしますが、それでも大将が元気ならそれはそれでいいんです。
2020022207.jpg

 最近は、滑らなくてもとりあえず外に出るようにしています。せっかくスキー場に来たんだからね。でも、これだけ土が出ているのは記憶にないなぁ。
2020022208.jpg

 そしてここが、ブリザーディウムの入り口。ここの少し手前に、当日券引き換え窓口があったのでした。
2020022209.jpg
posted by てつりん at 15:33| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月16日

ついに出会えました!

 長いこと、須田帆布のショルダーバッグを愛用していました。でもだいぶ劣化が進んでいるのと、長年の使用でいよいよ穴が空き始めたので、新しいのを探していました。わたしの誕生日プレゼントにほしいという名目で所望していたのですが、実は須田帆布では同じような商品を作らなくなってしまいました。A4が入ると、どこかに行ったときにかなり重宝するんだけど、それよりももう少し小さいサイズのショルダーになってしまったのです。実際には須田帆布のものもなくはないんだけど、いまいちこれだ!って思えるものがなかったので、この件については半年以上放置プレイになっていたのです。

 ところが、ついに見つけましたよ。しかも同じ店に少し前に別の用件で行ったときにも見ているはずなのに、そのときは目に留まらなかった。実はさともリュックを探していて、その流れの中でこの商品の場所を移動させたのだとか。なんというご縁でしょうか。
2020021601.jpg

 ちょっと大きめかなぁとも思いますが、だからこそどこかに行くときに重宝するサイズだと思います。
2020021602.jpg

 これで結構前から密かに考えていた、よっしーとの乗り鉄の旅に出られます。でもなぁ、行くヒマがなさそうな雰囲気になってきたぞ・・・。
posted by てつりん at 14:18| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月15日

5才になってました

 ようやくよっしーの誕生会をすることができました! 誕生日なら、とっくに過ぎておりますよ(爆)。

2020021501.jpg

 まぁ、一番の候補日は急遽苗場に行くことになったから。次の候補日は、県外に出張に行ってたから。これらはある程度わかっていたので、別の候補日もあったけど、そこはあまりに早すぎて準備不足でお流れに。それ以外にも、娘の一輪車がなかなか多忙で、練習がたくさんあってそれどころではなかったってのも大きい。

 誕生会プレゼントは、事前に渡っていました。本人がお店で見つけて買った、フェラーリのラジコン。

2020021502.jpg

 車種は、ラ・フェラーリのアペルタ。これを書くためにちょっとだけ調べたけど、値段の割になかなかの再現性だと思ったなぁ。ちゃんと所有欲をくすぐってくる感じですよ。ドリフトできるらしいし、ブレーキランプだって点灯する。さとの忠告を聞かず外に持ち出して、初日で早速プロポのアンテナを折ってました。でもそれからかなー? 室内で、かなり慎重に運転してます(笑)。
posted by てつりん at 15:54| Comment(0) | 育児(おもちゃ・絵本・買い物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月11日

松葉総本店

 出張に行ってきました。出張の内容については、わたしの正体にも関わるのでパスで。でも楽しかったなぁ。自分の日頃やっていることや考えていることは、やっぱり間違いなかったんだと思うとともに、いろいろと勉強になりました。
2020021101.jpg

 上の写真もそうなのですが、いかにもディープなこの街らしさを表す写真かなぁと思ってね。これほど山が海に近い街って、ほかだと尾道とか? あっ、函館もこんな感じだったかなぁ。そんなにたくさんはないと思うんだよね。
2020021102.jpg

 で、出張を終えて帰るのですが、タダでは帰りたくないなぁと。前の日は京都で飲んでいるのですが、きょうは大阪で飲もうかと。実は2軒とも行きたくて、どう動いたらうまく回れるのかとか、何時の電車を取ればいいのかとかを、出張の申請段階でかなりまじめに考えていましたね。

 たどり着いたのは、大阪駅近くの串カツ屋、松葉総本店。立ちのみスタイルです。でもね、その雑多な感じが大阪って感じ。しかも、ひとりだからこそ行けるような店だし。阪急梅田駅の下(地下ではない)、新梅田食道街の中にあります。迷路のようなところに多数の飲食店がひしめく、なかなかディープなエリアでした。恥ずかしながら、新梅田食道街の中で道に迷ったし。
2020021103.jpg

 注文して揚げてくれるわけではないのですが、注文したものがどこかにあれば、温め直してくれます。そして目の前にはたくさんの串カツが。冷めているものも、これはこれですぐ食べられておいしい。もちろん断続的に新しいものが揚げられていくので、店員さんが「〇〇揚げたてですよ〜 いかがですか〜?」って聞いてくれます。1時間近くの滞在で、焼酎水割り2杯。すっかりできあがってきました。

 実は前の日、京都でお花屋さんの店先で滝ゲロする瞬間を見てしまったり、大阪の駅の中で泥酔+嘔吐で動けなくなってて駅員さんのお世話になっているところを見てしまっているので、なんとなくわたしも気をつけて飲んでいました。前者は男性が嘔吐して、一緒にいた2人のおねぇさんが平然と「あ〜あ〜、だいじょうぶ〜?」って聞くのがものすごく印象的だった。ちょっとした大事件だと思うけどなぁ。よりによって、飲食店よりはマシだと思うけど、お花屋さんの前でなんて。後者は、嘔吐物に特殊なおがくずのようなものをかけたあとだった。それの成分や効能がとっても気になる。そういえば苗場でも、ライブ中に具合が悪くなって、もしかして出ちゃってたのかも?な人がいたなぁ。そういう縁に取り憑かれているんだろうか・・・。

 さいわいリバースすることもなく、帰りはもちろんサンダーバードで。でもなぁ、こうやってサンダーバードに乗って、関西方面に行くのってもしかしたら人生最後だったかもしれないなぁ。いや、もう1〜2回くらいあるのかなぁ。敦賀までの開業は、2023年春だそうです。
2020021104.jpg

 あくまで仕事でしたが、ついでにかなり乗り鉄もしました。大阪から京都まで、行きは阪急で、帰りは京阪とか。この日も大阪から神戸まで、行きは阪急で、終わったらそのまま三宮まで行って、帰りは阪神とか。阪神電車って、初めて乗ったんじゃないのかなぁ。こんなにハイドラのテリトリーポイントがたまったのは初めてですよ。
2020021105.jpg
posted by てつりん at 19:18| Comment(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月10日

京都の夜を

 関西方面へ出張に行くことになりました。ものすごく気合を入れれば日帰りだってできるんだけど、会社の旅費規定によると前泊の対象ということで、大阪に宿を取りました。

 でもね、せっかくなんだから、ひさしぶりに行きたい店ってのもあるんですよ。だから阪急に乗って京都へ。

2020021001.jpg

まずは、「きみなき世界」。あっ、カクテルの名前ね。

 ホントは食事してから行くような店なんだろうけど、ピザもなかなかうまいです。しらすとレモンのピザだそうだ。あと、この店はピーナッツ食べ放題。そして殻は床に落とすというスタイル。

2020021004.jpg

 続いては、「緑の町に舞い降りて」。

2020021002.jpg

 お店を知らなくても、気づく方は気づくのでしょうが、実はここ、ユーミン の曲しか流れないというバー、「Caramel Mama」。そして6年前、これまた出張のついでにこの店に来た時の記録によると、その2杯の順番までまったく同じだった! まぁ、それらの曲にはなにかしらの思うところがあるのでしょう。それとも6年前とわたしが変わっていないのか。そのうちまた、リクエストコーナーでそういったことを話してたりして(笑)。

 そこで、これならかぶらないだろうと、「Varentin’s RADIO 」を。2月の限定カクテルなんだって。まさにバレンタインな、甘いけど酔いそうな味。

2020021003.jpg

 この店はユーミンナンバーをリクエストできたりもします。そして、アルバム「昨晩お会いしましょう」が流れ終えて、しばらく無音の時間帯があったので、もしかしてレコード?レコードプレーヤーもあるし。とマスターに聞いてみました。実際にはCDなんだって。でも、そこ(マスターの後ろ)にあるのって間違いなくLPだよね? もしかして、「ALBUM 」もあります? なんと、あるそうで、現物を初めて見ることができました。おぉ〜、一瞬しか見られなかったけれど、写真で見たことがあるものと同じだ。ということは、もしかして「DA・DI・DA」のライブ盤もある? さすがに流さないらしいし、見ることもできなかったけど、あるんだって。もっと早くそのことに気づけば、「ALBUM」まるまるリクエストとかもできたのかなぁ。ちなみにどちらも、廃盤になってたり限定モノだったりして、しかもわたしがリアルタイムでユーミンを聴くようになる前の作品なので、そもそも知る由もなかったようなものなのです。

 ちなみにリクエストは、いい意味ですぐにかけない感じ。まぁ、春が来てほしい感じとか、友達にこんにちはとか、いわゆる松の曲とされているものを所望するからかもしれませんが。でも、そういうところにマスターのユーミン愛を感じて、好印象だなぁ。6年前と違って、ひとりで来たからか、よりユーミンの楽曲の世界に浸ることができました。いい機材を使ってるのか、音もかなりいいし。気づいてなかったかもしれないような、楽曲のよさを感じられる気がします。オーディオのことは正直、よくわかりませんがね(笑)。

 21時近くなって、混んできたので帰りましたが、マスターは3日の苗場に行ったんだって。またそのうちに、来たいと思います。そうそう、貴重なものを見せてもらえたので、わたしも貴重なものをお見せして帰ってきました。そのへんにいたお客さんにも、「おめでとうございます〜」って言われたりするのって、なんだかいいものですね。こういう流儀は覚えておきたいと思いました。
posted by てつりん at 21:22| Comment(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月06日

歌志軒

 会社で、ふいに油そばの話になりました。もとは名古屋方面の店なんだけど、最近地元にもできたのだとか。

 そういうのを聞くと、行きたくなっちゃうんだな〜。というわけで、休日出勤後のランチとして、さっそく行ってきました。桜田町の歌志軒(かじけん)へ。
202002061.jpg

 実はこういった話題のラーメン屋において、よくあるものながらわたしには苦手なものがあります。ひとつは、券売機。文字情報しかなくて選びにくい上に、後ろにお客さんが並んだりしたらかなりのプレッシャー。正直、文字だけでは判断しかねるものもあるしねぇ。そしてもうひとつは、各種のトッピング。なんかねぇ、デフォルトでうまいものを出してくれればそれでいいのに、トッピングとか味変とか、カスタム前提でやられちゃうとなんだかねぇ。失敗して、おいしくなかったら客のせい? そんなバカな。

 でも、会社での会話で、ここはうまいと信じて、大盛りと、目についてシンプルにうまそうに思えたスタミナセットのトッピングを。なんとなく、いい意味で味が予想できたので、そんなにおかしなことにはならないだろうと。

 麺をゆでるのに時間がかかるのか、わたしの前に入った注文が多かったのか。ラーメン屋にしては待ったかなという時間を経て、到着。
202002062.jpg

 ラー油と酢を入れて、よくかきまぜます。うーん、なんとも言えないうまそうな香りが漂います。そしてトッピングの具材も投入して、さらに混ぜます。これはうまい。混ぜたあとの写真も撮ったんだけど、うまさに大興奮でブレまくって使えないので、またそのうちに。
posted by てつりん at 21:41| Comment(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月02日

SURF&SNOW in Naeba Vol.40 に行ってきた

 きょう(2月2日)は苗場の初日。前日に当日券があることを確認し、日月で万全を期するため、夜中に会社に行き、だいたい仕事は片付けました。さらに、月曜の年休もとっくに確保済み。

 そして前日に、ファンクラブ会員に届いていた記念品を開けてみる。うーん、ユーミンファンクラブはグッズもかなりいいけれど、想像以上のクオリティ。なんかいいことありそうな予感とともに、苗場の記念品があってもチケットはないのになぁ、、、と微妙な気分に。

 受付開始の12時に先立つこと1時間ほど前。固定電話とiPhoneで、受付の電話番号にかけてみる。「営業は終了しました」との音声を聞いて、さらには時報で時計も合わせて、Macにも時計を大映しにして準備完了。ところが、つながらない。固定電話とiPhoneの二刀流で、何度NTTにつながったことか。さらには、履歴の1個下にあった同僚にも、ワン切りになるかならないかの着信をうっかり2発。かかって来ませんように(爆)。

 話し中になることが出てきて、もしかして予定枚数終了か⁈と思っていた12時12分、なんと電話がつながります。希望枚数は、1枚。一瞬の間を置いて、オペレーターさんの「あります」との声。5年連続 13回目の苗場行きが、開演初日で開演9時間を切った段階にしてようやく確定した瞬間でした。

 かねてよりのさととの打ち合わせ通り、ヴォクシーで出発。車泊の利便性はデミオを圧倒するからね。終演後、大急ぎで帰宅して翌日出勤だったなら、走りやすさでデミオを取る予定でしたが、それでも好天と例年にない雪の少なさに助けられ、北陸道から国道253、353号線経由で4時間を切りました。17時40分頃からグッズ販売の列へ。

 グッズを買って、ピザーラでさっと食事して、当日券も購入して、かなり早めの入場。中央やや後方の、まれに見る良席。去年はちっとも見えなかった、ストリングスの皆様もちゃんと見えた。
202002021.jpg

 ステージの内容は、まだ初日が始まったばかりだし、ネットでも見られるのでここではパスで。でもねぇ、最初っからあの曲をやっちゃうし、さすが40回目ってことでなのか、あのアルバムからもたくさんの曲をやっちゃうし、新曲だって飛び出しちゃうよ。アルバム制作も順調なんだって。

 そして今年は、特にステキな思い出に残る苗場になりました。さとに、「明日死ぬんじゃないか」と言われました(爆)。また来年も、来られますように。
202002022.jpg
posted by てつりん at 23:57| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする