2020年05月05日

10年ぶりにiMacを

 先日、さとに言われました。Macが重いと。かなり長い間使ってるんじゃないの?と。続けて、50万円(うちは5人いるので)が出たら、新しいMac買ってもいいよと。

 今のiMacは確かに重いと思うことはあるけれど、重くて困るほどかと言うとそうでもない。基本的なデザインは長い間変わっていないので、最新のデザインに憧れるということもない。だから新しいiMacについて考えたこともなかったんだよね。でもなぁ、せっかくそういうんだったら調べてみるか。

 というわけで、たまに見ているとはいえ、「このMacについて」でいつ頃買ったのかを確認する。う〜ん、6〜7年か7〜8年かと思っていましたが、もっと長かったようです。まさか2011年の前期モデルだったとは。
2020050401.jpg

 iMacの新製品情報は定期的に見ているつもりでしたが、公式サイトにあたるというよりも新製品の報道を読むという感じで、正直そこまで詳しくありませんでした。だから見た目が変わらないなんて思っていたけれど、いつの間にか筐体の薄さは劇的に変化したね。21.5インチモデルか、27インチモデルか。悩んだけれど、27インチはでかすぎるし置き場に困ると思ったので、21.5インチかなぁ。というわけで、アップル公式サイトで、21.5インチモデルの最上位機種で見積もりを出したらこうなった。キーボードはテンキー付きのものにしてあります。
2020050402.jpg

 ところですっかり新製品に疎くなってしまっていたのか、知っていたけど忘れていたのかはわからないけれど、なんといつの間にかドライブがなくなっていた! 調べたところ、わたしが前回iMacを買ったあとくらいの、かなり早い時期なのではなかろうか。まぁ、今どきCDを読み込んだり、DVDディスクを入れて観たりってのが時代遅れだってのはわからないではないんだけど、でもなぁ。昭和的なのはわかっているけれど、ソフトはやっぱりパッケージで買いたい。お気に入りのアーティストだったらなおさら。ということは、ドライブがないと取り込めない。う〜ん、外付けで買うか。マウスもキーボードもワイヤレスで、シンプルイズベストな感じの見た目にちょっと逆行するけどなぁ。秋冬モデルでどれほど変化するのかはわからないけれど、それを待って買おうかなぁってところですかね
posted by てつりん at 16:46| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする