2020年05月10日

日本の歴史

 ひょんなことから、うちでも日本の歴史な学習マンガを買うことになりました。娘たちが読むだろうというのと、さとも読んでみたそうだったのでね。まずはネットを使っての品定めです。

 う〜ん、1社はビリギャルで知られるようですが、うちの娘が読むことを考えると細かすぎる。あと、絵が古い。内容の濃さはビリギャルがお墨付きを与えているくらいで、確かにいいのはわかるんだけどね。というわけで速やかに脱落。続いて、絵が平板な感じがする(4社のうち2番めに古い)ことを理由に1社も脱落。あと、表紙の絵と中身の絵の差が大きいのも脱落の理由です。表紙で期待して、中身でがっかりするのもなんだかねって思うし。ちなみに近現代史が全体の4割って、まるで4割がすごいことであるかのように書いてありますが、最近の教科書で確認するとむしろ普通です。

 というわけで残ったのが、学研と角川。う〜ん、学研は絵が美しいなぁ。上記リンクの卑弥呼の絵を見て思わず、「邪馬台国の女王だった頃は、かなりのババアだったらしいけどな(笑)」とつぶやいてしまいましたがね。まぁでもそんな女王卑弥呼にも、おねぇさんの頃があったんだよということで。ところが、姉が見て一言。「あ〜、これ、学童で読んだ〜」。うん、これで学研は脱落しました。学研が悪いのではありません。もちろん学童が悪いわけでもありません。ただ、ご縁がなかったのでしょう。というわけで角川に決定。近現代追加セットもあわせて、一気に大人買い。
2020051001.jpg

 おまけもなかなかそそられます。戦国すごろく、やりたいなぁ・・・。
2020051002.jpg

 なお角川は、唯一のハードカバーではないものなんです。上記リンクによると、みんなが手にとってすぐボロボロになるようで、塾では採用しないと。ということは、学校でも見る機会が少ないだろう。したがって、家に置く価値もあるだろうということで、購入に至ったのでした。内容? 確かに歴史の流れをつかむことを主眼においた構成だってのがすごくよくわかります。一番安いってのも魅力でしたね。
posted by てつりん at 15:15| Comment(0) | 読書・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする