2020年07月09日

高級?な焼肉店

 ボーナスも出たし、定額給付金も振り込まれたということで、ゴージャス?なお店へ出かけることにしました。

 一時期はかなりよく行ったんだけど、正直結構いいお値段がする。あと、よく行ってた頃は、会社の先輩に連れて行ってもらってた部分が多分にあって、少なくない部分をその先輩方が払ってくださったんだ。しかも同じ会社ってわけでもないのに、さとも来てもいいよって快く言ってくださってたりもしてたんだ。かれこれ10年くらい行ってないんじゃないのかなぁ。いつしかすっかり、行くのはいつもの食べ放題系の店へ。その店に不満があったわけじゃないんだけど、たまにはゴージャスなお店に行こうということで、予算上限2万円で行ってきました。

 でも、リニューアルされてから行くのは初めてだなぁ。創業50年以上という、地域の名店だそうです。
2020070901.jpg

 店内はかなり賑わっていました。でも、半個室の囲まれ感がなかなか心地よい。手前は巨大なご飯、タカシマ盛りだそうです。あとになって、このタカシマ盛りが重要なポイントになることに気付かされるのでした。
2020070902.jpg

 タン。いつもの店よりも厚みが気持ち2〜3倍。高い店って、それなりにいいものですね。でもこの店が取り立てて高級なんじゃなくて、日頃行く店が庶民的すぎるんだきっと。あっ、でも、お店の名前を冠するいわタンは高いぞ〜。厚みもすごくて、せっかくだから食べたかったけど、びびって避けちゃった。
2020070903.jpg

 そしてこの店を高いと思うのは実際に高いからというよりも、自分たちがあまりに食べすぎることで結果的に高くなっているんだきっと。さとの記憶によると、かつて2人で行って1万円超えだったんだとか。だから大人2人+子ども3人で、予算上限2万円。
2020070904.jpg

 上カルビだったかなぁ。うちの子どもたちも大絶賛。いつもの店とどっちがいい?と姉に聞いたところ、こっちと即答していました。
2020070905.jpg

 骨付きカルビ。焼肉に骨がついてるってのが、息子には斬新だった感じでした。
2020070906.jpg

 さとの大好きなホルモン系。でも、娘たちも食べてたなぁ。わたしの記憶では、いつもの店ではそんなに娘たちは食べてないと思うんだ。それだけおいしいってことなんだろうな。
2020070907.jpg

 牛すじの焼肉。ちょっと珍しいなぁと思って頼みました。写真の通り丁寧な切込みのおかげか、とっても食べやすいです。安くておいしい、隠れた一品って感じがしたなぁ。
2020070908.jpg

 さんざん食べました。酒は、さとが1杯飲んだだけだったけれど、これだけ食べて想定予算を大幅に下回る1万円代前半。きっとご飯のタカシマ盛りが効いたに違いない(笑)。さとが言うには、姉が中学生になったら、いつもの食べ放題系の店では大人料金を請求されるようになる。であるなら、ここで1万円代前半くらいで飲食したほうが満足感が高いのではないかと。うん、わたしもそう思うなぁ。それなりにお金を出せば、いいものが食べられるんだよ。

 というわけでそのまま向かいのスーパー銭湯へ。ここは以前から、妹が行きたいと言っていた場所で、ついに念願かなったという感じ。さらにはデザートも食べるという、至福のフルコース。これほど大量のかき氷を食べたのもひさしぶりだなぁ。ちなみにこれで420円ですよ。
2020070909.jpg
posted by てつりん at 00:35| Comment(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする