2020年07月18日

立ちションから露出魔の話へ

 最近にしては長らくのごぶさたでした。書くヒマもなければ、書くネタもないといった感じですが、ちゃんと生きてますよ。

 さて、いまだ在宅ワークの日々を謳歌しているさと。窓を開けるとプライバシーが少なめとはいえ、開放的な窓辺でひとり黙々と働いているそうです。が先日、その窓から立ちションの現場を見てしまったのだとか。どうやらその人は窓の向こうに人がいることをわかっていない感じでしたね。感想は聞かなかったけど、バッチリ見てしまったのだとか。

 そういえばわたしも在宅で、カレンダー通りのGWを満喫していた頃に近所の人とこういう会話になったんだ。てつりん家と違って両隣の家はブロック塀があって、そのために見えにくいのか立ちションをする人がてつりん家の場所よりも多くて、そのせいかうちよりも雑草がよく生えているのだそうだ。だから定期的にそれを抜いているんだって。にもかかわらずさとは、ブロック塀のないところで立ちションをする人を見てしまったわけだ・・・。

 冗談っぽく「不幸にも成人男性3人目(親も含む)のチ○ポを見てしまったわけだ」と聞いたところ、想像を絶する答えが返ってきたなぁ。「そうでもないよ」ってね。続けて、「千葉県はそういうのが多いんだよ」と。もはや名物の域なのかどうなのか。確かに天気がいいから、露出はしやすいんだろうなぁ(爆)。このへんも確かに、天気が悪いと出ないし。高校生の頃からさとは目が悪く、何かを見せているらしいことはわからないでもなかったとはいえ、正直よく見えなかった。見てほしいなら蛍光色で塗るとか、キングキドラみたいにするとかしてくれないと見えないんだよって話を思い出してしまったのでした。
posted by てつりん at 23:39| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする