2021年08月01日

府のつくところをもうひとつ?

 「北海道、青森」と言われてなんの違和感もないのが普通だと思います。でも、「北海、青森県」と言われると違和感ありありではないでしょうか。都府県を省略されてもさほど違和感はないのに、道だけは省略されるとなぜか違和感が出ちゃうんですよね。

 なお、都道府県のキャッチコピーでも、北海道は「試される大地 北海道」のようにちゃんと北海道なのですが、そのほかの都府県は多くが都府県を抜いた形になっています。例外的なのは長野県ですね。「青森=青森県」の図式が北海道以外はほぼ通用しますが、長野県については「長野=長野県」ではないのだとか。
2021080102.jpg

 と思っていただけに、これは衝撃だったなぁ。公式がそう言っちゃうのかと。ずっと「長野=長野市」であって、長野県のことを指したいなら「信州」という言い方をしたほうがいいと聞いてきたのに。「長野県へ行こう」は許されても、「Go NAGANO」は長野県民全体としては許されないと思っていたのに。
2021080101.jpg

 さて前フリはさておき、個人的には「北海だとなんかヘン理論」(今勝手に名付けた)に基づき、口で言う時は青森とか言ったとしても、書く時は青森県って書く習慣があったほうがいいと思うタイプです。そういうところを手抜きすると、大阪県とか京都県とか言っちゃうものなんですよ。そんなわけないよって思うかもしれませんが、そんなわけあるよねと。先日そんな場面に遭遇してしまいました。

 都道府県の名前が覚えられないという次女。府のつくところから言ってみればと聞くさと。で、まず大阪府はすんなりと出たのですが、もう1つが出ない。ほらね、そういうものなんだよ。じゃぁ、府のつくところはいいから、近畿地方のを全部言ってみれば? というさとに対して出てきた答えがこれでした。

京・・・都・・・?

 おおっ、それは、京都府民が泣いて喜ぶ答えかもしれないぞ。大阪という府があるように、東京という都があるように、京という都があるわけだ。しょせん東京なんて東の都であって、都は千年の都、京都なんだよと。東京という地名の成り立ちから考えるに、西東京市という自治体名にものすごく違和感があるという話を思い出すなぁ。そう考えると大阪府が大阪都になろうとすることはあっても、京都府が京都都になろうなんてことは絶対にしないだろうな。京都のプライドにかけても。いっそ府を取って、京都府は京都になりますってのもいいかもよ。
posted by てつりん at 19:32| Comment(0) | 迷将言行録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年7月 月例報告

 めずらしくさかのぼり更新をしないで書いてますよ。それがなんの自慢になるというのかはさておきね。自慢にすらなりませんよ。というわけで先月はこんな感じでお越しいただいておりました。この場をお借りしてではありますが、ご来場の皆様には厚く御礼申し上げます。数字はアクセス数で、カッコ内の数字は先月の順位です。

1.Yuming Surf & Snow in Naeba Vol.32 647(1)
2.カテゴリ:粉瘤との戦い 21(2)
3.カテゴリ:ヴォクシー(3代目80系) 10(ー)
4.カテゴリ:鉄分補給
5.メガネ作った 10(ー)
6.人の不安で飯を食う奴等 9(ー)
7.あこがれの品 9(ー)
8.カテゴリ:プレマシー(2代目CR型) 10(ー)
9.新たなる展開 7(ー)
10. 新しいスマホホルダーを探して 7(18)


※訪問者数の差で、アクセス数が同じでも順位に差がある場合があります

訪問者数 625(6月 670)
ページビュー数 2,968(6月 3,020)


 多様性を重んじたい者としては、特定のものが上位であり続けることがあんまりおもしろくないわけですよ。ましてや、古くに書かれたものを軽視するつもりはないけれど、もっと新しく書かれたものもあるのでね。そんななかでトップ3に飛び込んできたのがヴォクシーの話。どんなこと書いてたんだっけ?と読み返してみたところ、最近だとキリ番を取った話ばっかりですがね。あっ、でもきょう、ようやく墓参りに行って(※金沢の墓参りは一般的には7月が多い)、10km以上乗りましたよ。さともきょう、同じくらい乗っていると思いますよ。プレマシーよりもヴォクシーの話が上位に来るということに対しても、時代の流れなんだなぁって考えさせられてしまいます。一応ここは、その筋ではある程度知られていたプレマシー関連サイトの末裔のはずだからこそ。

 あと、意外と今月書かれたものがちゃんと誰かに読まれているんだなぁと。もちろんトップページにもたくさんのアクセスを頂いているので、そこからも読まれていると思いますけどね。で、気になったのが9位の新たなる展開。・・・何の話だろう。ついにヴォクシーを買うことになった話だろうか。もしかしたら、長い低迷とかご乱心(?)とかで長期通院を余儀なくされた頃の、終わりの話だろうか。それとも、もはや記憶の彼方に埋もれていった、当時の新たなる展開だろうか。と思ったら、粉瘤の話だった! 意外と粉瘤、しつこいですね(笑)。わたしの粉瘤はその後、何もなく今に至っておりますよ。
posted by てつりん at 17:47| Comment(0) | 月例報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする