2008年09月06日

はじめての育児 最新版

既に「シアーズ博士夫妻のベビーブック」という育児書を買ったので、他に買うつもりはなかったんだけど、本屋で立ち読みしたら、とても見やすかったの買っちゃいました。

はじめての育児 最新版―生まれたてから3才までの育児はこの1冊におまかせ! (暮らしの実用シリーズ Mama&Baby) /学習研究社



赤ちゃんの発達・発育はもちろん、食や生活リズム、生活習慣のしつけ、Q&Aなんかがジャンル別、月齢別に書かれています。
その他、お世話の基本や病気のことなど、写真が多く、文字も大きめで、とても見やすいです。情報量が多すぎないことも好感度大。

めずらしく(?)、てっちゃんにもいい本買ったねーとお褒めの言葉を頂きました(笑)

といっても、このブログのお客さんに育児書情報が必要な人は、ほとんどいなさそうなので、もう一冊おススメの本を紹介。

ママお話きかせて 秋の巻/小学館


これは秋の巻なので9月から11月まで1日1話見開きでお話がのってます。
挿絵が半分くらいかな。文字は小さめなので、完璧読み聞かせの本です。
でも、古今東西、日本昔話からイソップ童話やアンデルセンなど、有名どころのお話がきっちり載ってます。

実は、さとの実家には、おそらくさとのために買ったであろう「冬の巻」と妹のために買ったであろう「夏の巻」があったりします。
この2冊は、間違いなくさとの本好きのベースにあると思うので、我が子にも買って読んであげたいなーと思っていたのでした。
良書ですので、ぜひ。
posted by てつりん at 13:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 妊娠・出産(第一子) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
育児はやっぱり過保護に育てないって
事なんだね。

知り合いは小さい時からあれもダメこれもダメやってたら病気がちになってしまったよ。
Posted by ぐっじょぶ at 2008年09月06日 13:48
あんまり神経質には、ならない方がいいだろうねー。
なるべく気をつけないと。
Posted by さと at 2008年09月06日 22:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック