2008年10月17日

Remember

 きのうは急遽特休にしましたが、いつまでもそれを口実に休んでいるわけにはいきません。正直、母子ともに今のところ病院の管理下にあるわけですから、むしろわたしはそれに甘えて仕事とか、メジャー昇格+第一子誕生おめでとうの飲み会とか、やりたいようにスケジュールを組むことができます。

 そこできょうから出勤。急に休んで迷惑をかけたお客さんもいますし、きのうは何があったのかを説明しました。たまに頭の足りないやつがいて、そういう説明を受けたときに何をしたらよいのか、どういうリアクションをするのかがわかってなさそうな連中もいましたけど(笑)。仕切り直ししたら空気が読めたようで、それなりのリアクションを取っていただきました。その時にした話を、ここで披露させていただきます。

 
 今、みなさんはたいへんいい顔をして拍手してくださいました。ありがとうございます。みなさんが産まれたときにも、きっと今のように多くの人が喜んでくれたはずです。わたしが産まれたときも、きっとそうだったんだろうと思います。だから、そうやって多くの人に喜ばれながら産まれてきたことを、みなさんは絶対に忘れてはいけない。(話そのものはここまで)


 今のこの時じゃないと、絶対に話せないことだよね、と思った。同じことを数か月あとに話しても、ここまでのものは出せない。今、ここで文字にした段階で、すでに日中に発した言葉の輝きを失っているのではないかとさえ思える。ゆえに、ネタは鮮度が命ってことで。なんか寿司屋か刺身の話みたいだな(笑)。
posted by てつりん at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事っぽい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック