2009年02月11日

単独行動

 すっかりさかのぼり更新が定例化してます。いつの間にか記事が増えていても気にしないでください。さとの評判はよくないみたいですけど。

 さて、3年連続3回目の苗場に行ってきました。昨年はさとと行って、帰ってきてから妊娠が発覚したという縁起のよい(?)イベント。さすがに今年も妊娠発覚というのは避けたいところだけど、絶好調だった2008年の序盤を飾ったイベントですし。今年も手堅く平日狙いで、しかも1人で、苗場まで行ってきました。

 仕事からうまく逃げ出せないなどの事情で意外と出発に手こずり、家を出たのが14時過ぎ。給油を済ませ、苗場のために昨年導入したETCで料金所を突破。昨年行って好評だった雪ささの湯に、今年も浸かろうと思って北陸道を捕まらない程度の速さで巡航。しかし苗場は遠く、到着は4時間後の18時10分。とりあえず今年もお約束として、この写真は撮っておく。

2009021001.JPG

 雪ささの湯の割引券までゲットしていたのに、これでは19時からのグッズ販売に間に合わない。今年も紅茶と、パウンドケーキを買って、自宅でさとと苗場の余韻に浸ろうと思っていたのに。そんなわけでお風呂セットをロッカーに入れて、すぐに列に並ぶ。苗場プリンスの館内に不似合いと思われる「愛 直江兼続」の文字が(笑)。確かにここは超ご当地なんだけど。周辺山城の観光案内チラシもあったけど、この季節にこのエリアの山城を攻める剛の者がどれほどいるだろうかと考えて笑ってしまった。

 無事にパウンドケーキと紅茶を手に入れた段階で19時30分を過ぎたところ。その後浪花屋製菓の柿チョコ(うまいんだな〜これが)を、関係方面へのおみやげとして買い込む。背中に「愛」と赤字で書いてある、みっちゃんサイズのTシャツがあったけれど、買いそうになる気持ちをぐっとガマン(笑)。買ったグッズとおみやげをロッカーに入れて、お風呂セットを取り出して、手早く食べられそうな館内の端にあるフードコートへ。ちなみに歩いて5〜6分かかるんですね。食事はできましたが、20時閉店で、昨年に引き続きモカソフトは食べられませんでした。

 そのままフードコート奥にある苗場温泉へ。ホテル内の温泉で、ちっとも期待してなかったんですけど、泉質的には雪ささの湯を彷彿とさせる赤いお湯。効能のありそうなニオイもします。ただし循環。露天風呂にいた子連れの父親が、「♪よそゆきがお〜で〜〜 すれちがあった〜ら〜〜」と歌いながら出て行ったのが実に苗場らしい。お風呂セットをロッカーに入れて、会場のブリザーディウムに入ったのが15分前。なんとか間に合いました。

 さて本題の29回目の苗場。内容はネット中継などで見てください。または後日、内容を追記するかも。で、今年の三菱車はこれ。なんと10台限定で、販売もしちゃうそうです。

2009021001.JPG
posted by てつりん at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック