2010年01月01日

まいてまいて

 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。そして皆様によいことたくさんの2010年でありますように。ここをご覧のあなたにも、ご覧でないあなたにも。そして今は面識なくとも、やがて面識のできるあなたにも。ついでによいことがございましたら、後日ちょっとだけでよいのでぜひお裾分けを(笑)。


【うちのカウントダウン】

 とりあえず紅白を見て、無理矢理年末気分を盛り上げます。ただし、見始めたのが放送開始から2時間遅れの21時過ぎから。昨年地デジ化に際して導入したハードディスクに撮っておいたのを、遅れて見ていきます。

 かつて(レコード大賞とはしごできた頃)の紅白は、放送開始直後から舞台袖でディレクターが「まいてまいて」の指示を出していたそうです。最後の「蛍の光」が、ものすごい速さの指揮で演奏されてたりしましたよね。遅れて見ているため、紅白を見終わってから年が変わるようにと、テレビ前でさとディレクターが「まいてまいて」の指示を出します。具体的には、1.3倍速での視聴。出演歌手によっては、30秒スキップ×数回(爆)。

 一応、布施明は、紅白卒業宣言とそれに至る経緯や考え方に敬意を払って、標準速度で見ました。歌っている様子に、絢香と同じ意味での晴れ晴れしさのようなものを感じました。徳永英明はさとディレクターが、「この曲(壊れかけのRadio)って誰の曲だっけ?」と、無礼きわまりないことを言うので、説教しながら標準速度で見ました。もちろん矢沢永吉も標準速度で。出てくるだけでかっこいいねぇ。ただし歌唱中に時間を止めるという、録画ならではの荒技で2010年の到来を見届けました。結局うちでの紅白放送終了は、0時30分頃だったでしょうか。


【何もない一年の計は元旦にあるのか!?】

 天気が悪そうだったのでこの日の初詣はパス。2日に実家への来客があるのを避けるべく、1日のうちにわたしの実家へあいさつ。みっちゃんは部屋に入るなり号泣でした。さとにくっついて離れません。みっちゃん内弁慶説は本当かも知れません。世間話などしながら1時間近くいるうちに、みっちゃんが調子を出して、ライターなどに手を出し始めたので退散。
 
 ところでさとに、2010年の目標を示すように言われた。ところが、昨年のように思いつかない。考えてみるけど、やはり思いつかない。なんか先行きの暗そうなスタートかも知れません。

・ほぼ日手帳を昨年以上に有効に使う←うまく使えなくなったので
・旅行に2回以上行く←昨年は1回だった
・更新頻度激増 ・・・無理っぽいな(爆)
・新聞に顔写真を載せる ・・・いやいや、まだまだ
・数年来の念願、四国上陸 ・・・有り得ないだろう・・。

 ぱっとしないものばかりで、おもしろくない。やっぱり何も思いつかないぞ。困った。とりあえずよい1年でありますように。
posted by てつりん at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック