2010年04月24日

+2?

 教習の無断キャンセルという失態をかまし、その翌週の教習も押さえられず、2週間ぶりの日野レンジャー。最短5時間のうち、5時間目の教習です。

 「あぁ、この先生は、よく大型の教習をしてる人だ・・・」。見て一発でわかりましたが、相手も「あぁ、この教習生は中型の人だ・・・」と思ったんでしょうね。なんか、指導されればされるほどダメになっていくというか、萎縮してしまいそうになる前半でした。きっと2週間ぶりで、感覚を取り戻すのに苦労していたのでしょう。クランクで脱輪しそうになり、というかダブルタイヤの外側がはみ出しているからすでに脱輪だ。バックしてやり直し。あぁ。。。まだまだ車輌に慣れてないから操作が遅い。したがってもっと練習しましょう。そんなお言葉を頂戴して5時間中の5時間目が終了。この先は自腹(?)補習街道まっしぐらです。

 1時間開けて、5時間中の6時間目へ。意識しててきぱきとした運転操作を心がけます。しかし日頃からアクセルをあまり踏まない運転をしているので、教習コースのバックストレートで時速40km出せというのもなかなか。そのために時速40km到達が遅れ、結果として4速から3速の減速チェンジも遅くなる。そこで先生が手本を見せる。なるほど、そうするわけね。ところが感覚を取り戻しつつあるところで、操作にも慣れてきた頃に落とし穴が。

 ちょっと雑に、並列駐車のライン取りをしたかな。そう思ったんです。そのまま寄せていくと、ものの見事にぶつけてはいけないポールにミラーをパコンパコンパコン(泣)。愛車のドアミラーだったら号泣ものですが、教習所のトラックだし(爆)。でもこの一件で気を取り直したのか、それとも2週間のブランクを埋められたのか、難なく終了。

 次回、5時間中の7時間目に、見きわめだそうです。これまでの教習の成果をチェック。うまくいけば卒業検定だったかな? 当初予定より遅れ気味ですが、いよいよゴールが見えてきました。
posted by てつりん at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 中型限定解除への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック