2010年06月20日

今週も北野食堂

 ついに北野食堂のカテゴリが新設されました。えぇ、本気で全品制覇を狙いますよ。もちろん全品大盛りで。麺類は単に2倍になるだけなので、おもしろみに欠けますが。

 さて、今週の休日出勤のお供も北野食堂。近所の大学(これ実は隠語)の女子学生が2人、先客で焼きめしとカレーだったかな。普通盛りを食べていました。わたしはカツ丼にしようかとも思ったのですが、天丼(680円)があるのを発見して注文。もちろん80円を追加して大盛りで。

 運ばれてくる前に、4人のこれまた近所の学生風の来客が。やはり、結構繁盛しているようです。で、この中の1人が昔のお客さんだったということで、思い出話に花が咲く。というか、会話の内容からわたしの正体が店内にいる人にバレバレ。世を忍ぶ仮の姿でいたというのに(笑)。オーラだって消していたのに。

 そうこうするうちに、わたしが注文した天丼の大が到着。普通のどんぶりに対して、抵抗するように大盛りにするから、へたに手をつけると雪崩を起こしそう。まさにビック・天丼・ザ・マウンテン。ちょうどこの頃、あとから来た4人の学生に注文を聞いており、昔のお客さんが天丼を注文したのを聞いて、

IMG_2010062001.jpg

「大だったら、↑こんな感じだけど、注文しないの?」


 と大きな世話を焼いて見るもスルーされた。これしきにびびって腰が引けるなんて。何しに北野食堂に来ているのか。漢(おとこ)じゃないなぁ(笑)。

 とあるサイトで見たカツ丼攻略法に従い、とりあえず上のエビ天を待避させようとするも、一緒に盛られたネギや天かすが崩落を起こしそうだったので作戦変更。サイドから削り取るように食べ、スペースを稼ぎ、そこに人為的に雪崩を発生させて落とし込む。埋まったスペースに対して再びサイドから削り取るように食べ、スペースを稼ぎ(以下省略)。稼ぐスペースを拡大させながら繰り返すこと3〜4回。ようやく普通に食べられそうなところまで、容量を減らすことができました。ちなみに同じく天丼の普通盛りを頼んだ昔のお客さんは、食べにくさのあまりかスプーンを頼んでいました。確かに、山を崩すだけで一苦労だ。

 お味の方は、まんべんなくかけられた天かすと天つゆで、結構いける。天丼の具としては、さほど大きくないエビ天が2尾だけなんだけど、丁寧に揚げられたエビ天と天かすの絶妙なコラボレーションのなせる業か、終盤までおいしくいただけました。


 さて、本日判明した北野食堂情報。
・本文中にあるとおり、麺類は単に2倍になるだけ。
・ごはんは30円引きで少なめにすることもできる。
・ごはんは望み次第で、大盛り以上に増やすこともできるとか。
・焼きめしだけでなく、食べ残したカレーも持ち帰れる。

 160円(大盛り追加料金×2)を払うと、麺が3倍量にできるのかどうかについては、今後の研究課題にしたいと思います(笑)。なお、来週の北野食堂情報は、別の場所で休日出勤につき、ありません。
posted by てつりん at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 北野食堂全品制覇への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック