2010年06月28日

音質の悪さにバイバイ

 服部祐民子のニューシングル、「4号線/バイバイ」が発売中です。

 彼女については以前もネタにしたことがあるけど、うちでの評価がとても高いアーティストです。Coccoや中島みゆき、松任谷由実をさしおいて、2006年さときん勝手にランキングの音楽部門で、大賞を取ったアーティストですよ。そしてこの地域はファンの巣窟(笑)。東京、大阪、金沢で全国ツアーとか、よくある話ですよ。

 今回のシングルのすごいところは、アマゾンも含む全国のCDショップで買えること。インディーズですから、全国流通網に乗せるだけでもそれなりの苦労があったはずです。

 そのシングルを、まずさとバイオに落として、iTunesで再生を始めました。始めましたけど、あまりの音質の悪さに寒気がする。というかこんな音質で聴くなんて、服部祐民子に失礼だ。確かにユーミンや中島みゆきやCoccoや吉井和哉のような、年季の入ったメジャーアーティストのようにはお金をかけてないだろう。しかしその再生環境は悪すぎる。1曲終わらないうちにすぐ止めろ。その機材では聴きたくない。

 さて、わたしのiMacG5+外付けスピーカーでの再生を試みました。ところがさとバイオよりマシとはいえ、どうもしっくり来ない。結局書斎にちんまりと鎮座する、3万円くらいで買ったミニミニコンポで再生。うん、これはいい音だ。パソコンに落として聴くことに、音質面で疑問を持った時期もありましたが、やはりある程度以上の機材で聴くべきですね。あっ、楽曲のよさはさすが服部祐民子クオリティですから。うちではメジャー時代も含む全音源を丁重に保管しておりますので、これを機に服部祐民子に触れたいという声も大歓迎ですよ。
posted by てつりん at 23:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
…PCからUSB(iPod?MP3?)に落とす際のサンプリングレートが低すぎるのでは?一度ご確認を。
 先日、Shopのデモカー(USBメモリ仕様)で試聴したときも、384kHzあたりの低いレートでは情報量が不足して...orz。
Posted by Tacke at 2010年07月04日 18:55
う〜ん、PCに落としただけなんですけどねぇ。
iTunesの設定とかも関係したりするんでしょうか。
Posted by てつりん at 2010年07月04日 21:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック