2010年10月20日

なんでもない日、おめでとう。

 きょうは書くネタがないです。

 昨日食べた二郎系ラーメンの脂が腹に来たのか、午前中はおなかの調子が悪かった。変な食べ物が翌日のカラダに影響を与えるなんて、もう若くはないんだということを思い知らされる。それでも負けずに、ジムで汗を流してきた。

 うちで応援するアーティスト、indigo blueのニューアルバムがリリースされたけど、まだきちんと聴いていないのでこれといって書きようがない。きちんと聴いていないのは、来週に迫った中島みゆきのライブに備えて、「真夜中の動物園」を集中的に聴いているから。本人は先日のラジオ番組で、「予習はいらないから」って言ってたけどね。

 来週といえば、ついでに京都に行こうと思っているんだけど、どこにどういう順番で回ろうか計画がまとまらない。適当に行けばいいじゃんって言われそうだけど、計画を立てるところから楽しみは始まっているからこういうのはやめられない。予約を取った西芳寺、慈照寺銀閣、坂本龍馬で知られる伏見寺田屋。全部バラバラの方角だし。

 そんなところでしかない1日でした。書くネタがないということをネタにしたくはないので(だったら書くなと言うことで)、こういう時は珍しく、無理矢理にでもネタをひねり出してみようかと。


 来年用のほぼ日手帳を開けました。あんまり早く開けると、もう来年というか、年末モードになる感じがするのがイヤで放置していたのですが。でも今のところ、すでに来年の予定が複数入っているので、それらを書くところからスタート。イヤなことは残さないようにと書かないようにしているけれど、いい予定とか、楽しかったこととか、たくさん書けるといいなぁ。仕事の関係上、情報を紛失したりすると極めてまずいので、仕事上のことはまず書かないだけに、そんなに活用しているわけではないと思うけど。きょう思ったことややったこと、考えたことを日記やメモのように書いてたり、入場した施設やライブなどの半券を貼ったり、最近だとライブのステージセットの絵を描いたりしてるなぁ。写真でお見せしようと思ったけど、まだ現在進行形のツアーばっかりだったし、過去のものはあんまりいい絵じゃないから見せないけど。もちろん今後の予定も書いていますよ。

 なお今年のものには、「ほぼ日手帳へようこそ」というタイトルの冊子がついています。手帳のいいところとか、使い方の例とか書いてあるけど、基本的には自由に使えばいいものだと思うし、それを許容してくれるのもこの手帳のいいところだ。個人的には冊子を見たからといって、何を今さらな内容ばっかりなのでまぁいい。わたしの使い方からすれば、もっと安い手帳でも、極論すれば文庫本サイズのノートでいいと思うんだけど、毎日毎日の下に書いてあるしょうもない文章が好きでねぇ。かれこれ来年で5冊目か。

 で、ネタがないという最初の話に戻るんだけど、その冊子の最初のページに書いてあるのが、きょうのタイトル。「ふしぎの国のアリス」というアニメ映画で歌われた曲の一節なんだそうです。何もないならないで、それでいいじゃないか、と。
posted by てつりん at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ほぼ日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック