2010年10月26日

京都の1日

 ぶっつりと日記が途切れましたな。ちょっと旅に出ておりました。

 夜行高速バスで大阪へ。寝ていて記憶が怪しかったんだけど、どうも飛行機で言うところの機材トラブルで停車中らしい。なんか代わりのバスを呼んだから待っててとか、乗り換えてもらいますとか、到着時間に影響はありませんとか言ってた気がする。GPSでどこにいるのか調べると、発車後2時間の1時近くなのに、1時間もあれば十分到達可能な場所にいる。確かにおかしい。結局別のバスに乗り換えました。


 6時大阪着。大阪なら早朝から何かあるだろうと思ったのに、早すぎてどこも開いてない。ネットカフェに行くのもなんだか敗北感があるということで、時間の押し迫るであろう帰りに備えて、バス乗り場と改札出口の位置関係、阪急とJR駅の位置関係などをしっかり確認した上で京阪淀屋橋へ。ところがこれまた思うような店が開いておらず、大阪まで来て朝マックという情けない事態に。本を読みながら時間を潰しましたが、大阪のビジネスマンは日経新聞を読むのが習慣みたいね。阪神が勝ってたら、デイリーを読むのかも知れないが(笑)。
 
 8時。京阪電車で中書島まで。初めての京阪電車。そういえばあとで三条へ向かうときに乗った8000系は、キレイで高級感があってかっこよかったなぁ。
2010102601.JPG

 ちょっと早いけど、伏見を散策。ここに来て知ったけど、伏見って川の港町なんだね。だから京都中心部から離れているのに、龍馬伝に出てくる伏見がにぎわっているのか。残念ながら公園になっているという港のあたりまでは行けなかったけど。朝早い上に時間もなくて乗れなかったけど、水路を巡る遊覧船もあるみたい。月桂冠大倉記念館の裏から1枚。
2010102602.JPG

 さて、最近のひとり旅のテーマは、ひとりじゃないと行けないようなところへ行くというもの。要するに、ちびっ子向けじゃないところに行くと。月桂冠大倉記念館はまさにその条件に当てはまる。昔ながらの酒造りに関する展示や、明治以降の近代化製法や全国流通網に乗せての発展などに関する展示もさることながら、やっぱここのメインは試飲でしょう(笑)。ちなみにお子様にはコースターだったか何かがもらえたはず。大人だったら缶入りの酒がおみやげにつきます。地元の酒がうまいのと、なんとなく安酒のイメージで避けてたけど、飲んでみるとうまいねぇ。試飲とはいえ、朝っぱらから飲めるなんてバスや電車の旅ならでは。写真奥の2本は同じもので、計3種類の試飲ができます。手前のプラムワインが特にうまかった。おばちゃんの手元が狂って(わざとかも?)、多めに注いでくれたのもあってなおうまかった。でも買わなかったのは、さとと飲めないから。
2010102603.JPG

 続いて旬なスポット、坂本龍馬が伏見にいた頃の定宿という寺田屋へ。警備員がいたり、入り口が行列になっていたり、修学旅行生(たぶん1クラスまるごと)が来たりと、今ならではの熱気がありました。鳥羽・伏見の戦いで燃えたようで再建らしいけれど、それでも古い建物としての雰囲気は十分。柱の刀傷とか、鉄砲の跡とか、ちょっと怪しい感じもあるけれど、お龍が京都奉行所の追っ手に気づき知らせたという風呂とかリアリティがあってよかった。行けなかったけど少し歩くと、襲撃後に坂本龍馬が身を隠したという薩摩藩邸跡もあります。う〜ん、もうちょっとじっくりと伏見を見たかったな。すぐ近くのキザクラカッパカントリーとか。←また酒か
2010102604.JPG

 三条で昼食をと思ったけど、調べるとしばらくすれば西芳寺行きのバスが来るということで、駅近くでパンを買って食べる。なんだか今思うと、とにかく食べ物に恵まれない旅だったな。うまくやれば京都か大阪で、うまいものが食べられたはずなのに。まぁいいけど。バスからは二条城の端っことか、国宝第1号の半跏思惟像がある広隆寺の門とか、嵐山の渡月橋とか見えてちょっと得した気分でした。

 さて、西芳寺。1人3000円ですよ。般若心経の写経をしなければならないので、絶対にちびっ子向きではない。でも、だからこそこういうときにでも行かないと今後10年以上行けないと思うので、気合い十分で行ってきました。3000円の賛否はあるかも知れませんが、入り口にはつぎのような掛札が。確かに周囲の道は狭いし、よくこんなところをバスが走るよなといったところを通ってきたので、本来観光地化されたくなかったのかも知れないな。
2010102605.JPG

 ここで写経をします。13時からでしたが、早めに着いてすでに写経を始めている人もたくさんいました。パッと見100人近くいたでしょうか。西洋人もいましたね。一生懸命漢字を写す様子を思うと、多めにご加護があってもいいと思ったりしました。ちなみに写経中の写真も含め、内部のみ撮影禁止。外は見ての通り、机と椅子なので足が悪くても平気ですが、中は結構詰められた状態で入れられるので大柄だったり荷物が多かったりすると難儀します。わりとゆっくり丁寧に写経して60分。願い事もしっかり書いて、いざ庭へ。
2010102606.JPG

 う〜ん、苔。とにかく苔。すべってこける、、、わけない(笑)。こける様子が、こっけい(もういい)。キレイなんだけど、この緑の美しさを写真でというのは難しそう。とりあえずいろいろ撮ったなかから、苔のすごさがわかりそうなものを1枚。庭もさることながら、心静かに写経する非日常の雰囲気も含めて3000円なら、まぁそんなものかと思います。わたしは次を急いでいたので、普通に庭を1周して出てきましたが、ほかの人たちは3000円の元を取ろうとしていたのか(笑)、かなりじっくりと堪能しておられました。
2010102607.JPG

 やっぱ京都いいなぁ。竜安寺の庭も見たかったけど、時間不足で行けなかったし。せめて1泊2日くらいしたいぞ。最寄り駅でバスから阪急電車に乗り換えて大阪へ。JRなしで京阪間を往復したのは初めて。
2010102608.JPG

 大阪に戻ったこの続きが、実は今回の旅のメインイベント。それについては別項で。
posted by てつりん at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック