2011年04月17日

近所の売家

 もう2〜3年くらい前になるのでしょうか。3軒隣の家が引っ越していきました。といっても、引っ越し先は同じ町内の班内なので、すぐそこなのですが。

 で、不在になった家は、子どもに譲るつもりだったのか、そのままになっていました。

 ところがついに、その家が売りに出されました。買うわけじゃないけど、気になるよね〜。そんな話をさととしていましたが、みっちゃんとの散歩のついでに見てきたらしいです。

 1階は物置と駐車場。縦に長いので使い勝手は考える余地がありますが、3台駐車可能です。家は2階から。リビングのほか、6畳間がひとつだったかな。そして3階に4部屋。30坪を少し切るくらいの地面に、87年築の家があって、1280万だったかな。

 わたしも見てきました。親が妹家族と住むのにいいかなって、ちらっと思ったのでね。手狭な今住んでいるところを処分して、若干追加料金で、部屋数の多い家にみんなで住めるのなら悪くはないのかなって。そんなような話を母親からさとへのまた聞きで聞いたこともあったので。あっ、当然わたしの今の家は売りませんから。

 でもねぇ、あの家は速攻売れる気がする。まず場所がいい。バス停まですぐだし、歩いていける範囲にはコンビニもスーパーもJRの駅も金融機関も総合病院もある。近くにあって欲しいのにないものは、小学校くらいだな。さと情報で13組のお客さんが見に来ていたらしいけど、たぶんさとが見ていたときにいたお客さんが、わたしが見に行ったときに親を連れてもう1回見に来ていたと思う。もう、その場で買いそうな勢いだったぞ。

 ちなみにこの界隈には、売りには出てないけどほかにも3軒の空き家らしきものがあります。2軒はお年寄りのひとり暮らしだったんだけど、体調を崩したのか見かけなくなってそれっきり。もう1軒は、同じくお年寄りのひとり暮らしだったんだけど、訪ねてきた人が不審に思って警察だったかを呼んで無理矢理カギのかかった家を開けたら、亡くなってたって。問題はどれも小さな地面にめいっぱい古い家が建っているので、ビフォアー・アフター状態のリフォームをしないと住めなさそうなことだな。
posted by てつりん at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック