2011年07月27日

トリプルコール

 ユーミンのライブに行ってきました。

 4月から始まっているツアー。前の日にはわたしの取った絶景チケット(笑)で、会社の同僚が富山公演へ行っていて、すごくよかったと言ってたので期待も充分。追加公演の11月まで続くので、ネタバレが見たいなら自分でチケット取って観に行ってくださいね。

 そんなわけで具体的な表現は避けて、ネタバレにはならない範囲での感想のみ。

 アルバム「Road Show」をひっさげてのツアーだけに、ステージセットも映画を意識したものでした。選曲に関しては、数曲を1セットにアメリカ、ヨーロッパ、日本(しかも夏)、SF映画の順で意識して構成したように感じられました。日本映画の部分は、映像でしか観たことはないけど逗子のライブとか、それのオマージュと言われる「THE LAST WEDNESDAY TOUR 2006」の雰囲気もあったと思う。

 セットに関しては、大きく分けて3パターンかな。2種類の幕とステージの背景を使って展開させていると思うんだけど、幕だけではできなさそうな部分(序盤のセット)もあったので、どうやって作っているのか。さとの予想では、上が布で下が実物なのではないかと言ってたけど、ステージ上方に収納されることを考えると実物なのかなぁ。

 今回は前から4列目でしたが、見事に隅っこでキーボードの武部さんがちっとも見えませんでした。ユーミンの視線がどこを向いているのかとか、舞台袖の見えないところで裏方のスタッフがどれだけ盛り上がっているのかとか、セットにこっそり(?)「KIRARA FILMS」って書いてあるとか、それなりに見えるものはあるけどもう1回離れたところから観たいライブでした。さとはすみっこ過ぎて、女性4人が登場する某有名ドラマ(映画)を意識したような映像が流れる場面があるけど、その映像が見えなかったって。

 特筆すべきは、ダブルコールだけじゃなくてトリプルコールもあったことだな。かれこれ10年くらい、金沢に来れば観に行くようになった気がするけど、ずいぶん金沢も熱くなったじゃないの。ユーミンに限らず、金沢は盛り上がらないとかそのためにアーティストが来ないんだとかいう話をよく聞いたものだけど、老後の移住先に金沢を選んでくれると信じて(笑)。
posted by てつりん at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック