2011年08月01日

てっぱくへGo!

 さとの実家をあとにして、成田線→常磐線→武蔵野線→京浜東北線と乗り継いで、大宮にある鉄道博物館へ行ってきました。そういえば大宮から1駅だけ乗るニューシャトルは、名前のイメージとは全然違って、なんだかおもちゃみたいだったな(笑)。古い車両に乗ったせいもあったんだろうけど。

2011080101.JPG2011080102.JPG

 大宮という土地柄なのでしょう。上越方面とか東北方面の車両が多い気がしました。館内には新潟駅もあったりします。九州から東京へ走ってきていたという、鮮魚輸送列車も展示されていました。

 各車両の説明を、文章ではなく箇条書きでしてあるところに、今風の博物館であることを実感しました。そのためシンプルでわかりやすいのですが、難しい用語が出てくると意味がわからなかったり。

 この日は夏休み中ということで、それなりの混雑かと思ったのですが、意外なほどにすいていた気がします。ゆったりとした感じで、のんびりと展示を見て回ることもできました。

 屋上に上がると、東北、上越新幹線の線路が見えます。ここにいればJR東日本の、全新幹線車両だけでなく、上越線を行き交う近郊列車や貨物列車も見ることができます。
2011080103.JPG

 入館直後からいきなりミュージアムショップに20分近く居座ったりと、館内余すところなくのんびりと見て回って6時間くらいいました(笑)。あの日本食堂のレストランがあったりと、その筋の人ならきっとどこかが心に刺さってくるようなスポットだと思います。


 そして東京に戻り、銀座パノラマへ。Nゲージの走行シーンを眺めながら、いい雰囲気でお酒と料理を味わうことのできる、大人のバーって感じの店です。エレベーターの前に立った瞬間、前にいた人はかなり濃い「鉄」だと思ったなぁ。あれだけじゃらじゃらと駅名キーホルダーをカバンに提げなくても。申し訳ないけど、濃すぎて店の雰囲気に不釣り合いだったかもよ。

 その点、あとからやってきたにぎやかなオヤジ達はおもしろかった。すでに1軒終わらせて、できあがってたんじゃないのかなぁ。「蒸機走ってないの?」とか、「(蒸機走らせないから)オーナーここに連れてきてよ」とか、バーテンダーに聞いてるし。「Nゲージはやめたんだ。今はZゲージをやってる」という話を、酔いの回り過ぎか3周くらいしてたり。後ろの棚からNゲージをお買い上げすれば、さっそく走らせることができるそうです。家に持って帰ると奥さんに怒られるからと、隠し子のようにここにいる車両もあるとかないとか。

 ちなみにこの日は157系あまぎ、伊豆急行2100系リゾート21、185系踊り子、そして不調で動いてなかったけど251系スーパービュー踊り子の4編成。夏だからでしょうか。伊豆へ向かう電車特集だったみたいです。

 なお、いつも座らせてもらっていたカウンター角の一番いい席ではなく、バーテンダーの正面に当たる席に座りました。いつも同じところに座っているので、今夜は違うところに座りたいと思ったのでね。そうすると、飾られている酒がよく見える。何本か気になった酒があったんだけど、その中の1本カカオリキュールを使って、アレクサンダーを頂いて終了でした。ここで鉄なカクテル以外のものを飲んだのは初めて。ちなみにそのほかの酒は深い緑色が印象的なトワイライトエクスプレス、なぜかスイカリキュールで作られている鉄子の旅の、計3杯でした。また行きたいな。
posted by てつりん at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック