2006年08月12日

退院

 2か月以上にわたる入院生活を経て、ようやく帰ってきました。入院前と退院後で何が一番変わったと思っているかというと、人の痛みがわかるようになったことかな。これまでわからなかったわけじゃないんだろうけど、よりわかるようになった。自分が痛い目に遭って、それなりにわかるようになったことってあると思うんです。「あぁ〜、そういうことだったんだ」ってね。あとは病院のなかという新しい世界を、ひとつ知ったことかな。もともと病院の世話になることも少なく、あっても外来で1日も行けば終わりだったから、2か月以上入院すること自体が新しい世界への突入なわけで。歩くことも食事も入浴も、些細な日常の動きすらおぼつかない。そこから歩くことを、食事を、入浴を再認識していく過程は、まさに第2の誕生って感じ。

 16時頃に帰ってきて、家に入ることなく、お見舞いに来てくれた隣の家に快気祝いを持参。その後ソファーでダラダラしながら、きょう我が家に入りたてのWOWOWでやってた、アイランドという映画をなぜか惰性で見てしまう。おもしろかったけど、細部の詰めの甘さというか、普通に見てるだけでついつい感じてしまう妙な疑問が、アメリカ的おおざっぱさを象徴しているのかも。19時過ぎにトンカツを食べに行く。ありがちですがけがに勝つとか、そんな感じです。帰ってきてからは、長らく聞いていなかったユーミンのうそラジオを聴きながらのんびりだらだら。そんな感じで退院初日も終わろうとしております。

 ところが帰ってきてからの、さとが冷たい感じがするんだよね〜(笑)。専業主夫としても使えない。下半身の着替えも怪しいし、靴下は自分ではけない。そんな使えない人間に対する冷たい視線?実際のところはどうなんだろう。
posted by てつりん at 22:57| Comment(6) | TrackBack(0) | 第一腰椎圧迫骨折 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いや〜、ようやく退院してよかったね!
視線が冷たい?そんなことはないと思うけどな〜。
でも、正直さとにとって大変なのはこれからという気が・・・今までは金銭面で大変なだけだったけどね・・・
Posted by さと at 2006年08月12日 23:25
退院おめでとうございます m(__)m
自分の思うように体が動いてくれないのは、
やっぱり辛いですよね。

あまり無理をなさらず、
でもスムーズに回復することを祈っております!
Posted by 恩田雅彦 at 2006年08月13日 01:40
・・・退院(出所?)おめでとうございます。

 くれぐれも、ベッドから落ちませんように...。
Posted by Tacke at 2006年08月13日 08:30
退院、おめでとうございます(^-^)
これから、家のこととかいろいろ大変なこと多いですが、ぼちぼちリハビリしつつ復活してくれることを期待しています☆
体が動くようになったら、また遊びましょう!!
Posted by annko at 2006年08月13日 09:50
皆様ありがとうございます。
とりあえず完全復活の暁には、
ここに立位体前屈の写真でも載せようかと思っています(笑)。
そのほか各種おもしろいアクロバティックなポーズに、
挑んでみようと思うかも。
完治してもカラダは硬いでしょうが、アイディア待ってます。
Posted by てつりん at 2006年08月13日 16:04
↑・・・あとで「ぎくっ」と・・・きても...しらないぞよ。
 差当り、温泉やプールの中だけにしておいてくださいませ。問題シーン撮影用の防水デジカメ、お貸ししますから(笑)
Posted by Tacke at 2006年08月13日 20:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック