2006年09月02日

近況報告

 病院に行ってきました。しかも骨折以来3か月ぶり、ひっさしぶりに運転しました。誰もわたしの前を歩かないで!の気分でした

 とりあえずずいぶん前から医師の許可はもらっているのですが、「運転をすることが可能である」というレベルでしかないことがよくわかりました。だってシートにきちんと座れないし(肩と尻がシートに密着し、背中は浮いている)。だって見通しの悪い角で、クルマを動かさずに頭だけを動かして安全確認することができないし。そしてとどめは押せないスイッチがあって、もし窓が曇ったら目隠し運転上海雑伎団ですし。たぶん後方確認が完全じゃないから、バックも怪しい。さとが助手席にいましたが、安全上の理由で運転を極力させたくない模様。わたしも現状では、あまりしたくないです。それでも無難に7分ほど走り、病院に到着。

 レントゲンとMRIを撮りました。退院直前に撮ったレントゲンでは、三角形に欠けた骨が遊離とまでは行かないけれどくっついてないっぽいのが見えたのです。でも今回は見る限りくっついた模様。座る、寝ると姿勢を変化させて撮影しても、骨を含めた周辺に動きがないことから、おおむね固定されたと判断できるようです。MRIに関しても、治ってきていると判断できる模様。しかしそろそろ痛みもなくなっていい時期らしいのですが、実のところまだ痛いことがある。折れたあたりを指でぐりぐりする主治医。ガマンできない痛みじゃないけれど、やっぱり痛いし。ただ、長く座っていたりすると腰や背中が痛くなったりしてたんだけど、でもどうもそれは折れたところが痛いんじゃなくて、その姿勢を維持することに起因する筋肉系の痛みのような感じ。折れたところは点で痛いのに対して、こういうのは面で痛いからね。

 正直言って退院後、よくなっていくという実感が乏しかったのです。でもきょうは靴下だってはけました。バスにも乗りました。きのうは退院後、最長距離を歩きました。時間は2倍ほどかかりますが、自宅から徒歩圏内の多くの場所に到達できる距離です。やっぱりよくなっていってるんですね。
posted by てつりん at 15:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 第一腰椎圧迫骨折 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
・・・赤い彗星もまだまだ「地球の重力」に囚われているようですね。
Posted by Tacke at 2006年09月03日 01:07
あと1か月で日常生活上の完全復活、
さらに1〜2か月ですべて完全復活かと思います。
ただ筋力が落ちちゃってねぇ。
まさか焼きそば作るフライパンが、こうも重いとは・・・。
Posted by てつりん at 2006年09月03日 15:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック