2011年10月29日

最前線の攻防

 そこは韓国と北朝鮮の国境地帯。

 国際法上は今なお戦争状態にある両国。兵士が警戒に当たるなど、ものものしい場所です。

 不意に向こう(北朝鮮側)から、兵士が越境してきました! 戦闘が始まりそうです。ちなみに相手の武器は10円玉2枚。2枚を1セットにして、こっちに投げてきます。イメージとしては銭形平次そのものです。

 こっち(韓国側)も応戦します。ところがこっちの武器も、10円玉2枚。投げると、爆発します。相手の投げる10円玉も爆発します。6人の兵士が越境して、こちら側に陣地を構築しそうな勢いです。こっちも6人で押しとどめようと、陣地の構築はさせないぞと、10円玉を投げての激しい攻防戦が続きます。

 そうこうするうちに、全然別の場所から、兵士が1人越境してきました。もちろん武器は10円玉。ところが困ったことに、その1人の兵士に回す兵力がこっちにない。困ったと思ううちに、頭が覚醒してきました。

 結論としては、みっちゃんの頭がベッドの登り口の隙間を越えて、こっちに越境してこようとしていたらしいです。そっか、越境してくる北朝鮮軍兵士は、実はみっちゃんの頭だったのかと。お互い寝ながら頭をこすりつけあって、せめぎ合いをしていたようです。
posted by てつりん at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢を見た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック