2006年09月18日

服部祐民子ワンマンライブ'06「芯」

今年は、なんだかライブづいている1年だと思うんだけど、昨日はタイトルにある、服部祐民子ワンマンライブ'06「芯」に行ってきました。

ご存知ですか?服部祐民子。今は、インディーズで活動しているんだけど、さとはかなり好きです。低めのハリのあるとてもいい声で、とてもいい歌を歌います。「いいものを作れば勝手に売れるなどともはや思わないし」と、自分のBlogでも言っているけど、定員100名の会場には、まだまだ空きもありなんとも言えない複雑な気分になってみたり。

かなり好きといいつつ、ライブに行くのは実に5年ぶり。というのも、5年前のライブが、さと的にはあまり良くなかったのですよ。で、そのあと服部祐民子の方も、あまり活動してなかったりで、なんとなく離れていたという感じかな。で、久しぶりにライブに行くことにして、あわてて買い損なっていたCDを2枚購入したんだけど、これがまた良かった(笑)そのうちの1枚なんかは、てっちゃんがものすごく気に入ったようで、今までの中で一番!だそうな。
そして今回のライブ。ものすごく良かった!今まで聞いてなくてごめんなさいと心から思いました(笑)アットホームな雰囲気で、そして参加している人も、心から服部祐民子を好きなのが感じられたような気がするかな。

ライブ終了後には、公開打ち上げというお客さんも参加できる打ち上げがもっきりやという、これまたその筋では有名なお店で行われました。こんな機会もそうそうないだろうと、二人で行ってきたんだけど、同じテーブルについた人といろいろお話したり、酔っ払った服部祐民子が歌ったり、合唱したりで楽しかった。

打ち上げの場で、今は音楽にとってもいい時代になったという話をしてたんだけど、つまりネットがこれだけ発達したことによって発表の場も広がったし、ファンとしても情報を手に入れやすくなったということなんだけど、大手レコード会社に所属して、不本意な音楽作るぐらいなら、細々とでも作りたいものを作るというのもありだよねと。こんなにいいんだから、大々的に売り出しても絶対売れるさと思うんだけど、実際にそんなことになったら手の届かない人になっちゃったりして、それもイヤだな〜と思うのは、微妙なファンの心理。
posted by てつりん at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック