2011年12月27日

保育参観

 なっちゃんの保育参観に行って来ました。

 ホントはみっちゃんと較べられるからって理由でさとも行きたそうだったんだけど、わたしも保育園の雰囲気を一度じっくりと見てみたかったので。結論から言うとなかなか興味深く、おもしろかったです。

 娘たちの通う保育園は、たぶん少し変わったところがあるんじゃないかと思います。って、保育園選びに際してほかの園を見たりしないで、一点集中で決めちゃったので実際のところはわかりませんが。

 まず具体的には、イベントに力を入れない。別に、手を抜いているという意味ではないですが、保育園で過ごすいつもの日々、いつもの時間が平穏に流れることを重視しています。それが子どもの心の安定につながるとの考えからのようです。だから運動会とか、まだ参加してないけど表現会とかのために、園が親にいいとこ見せたいからって意図があるのかわかりませんが練習をガンガンやってる感じがしない。普段の園での生活を犠牲にしてまで、そうしたイベントに備えるという発想がありません。

 あとは、昨今珍しいんじゃないかと思いますが、いわゆるお勉強にも力を入れません。早期教育とかに興味のある親御さんとかだと、娘たちの保育園にはかなり不満が出るんでしょうねぇ。さとと勝手にカテゴライズした分類でいくと、お勉強系ではなくてのびのび系の保育園。以前話した、「6歳までに育てたい5つの力」ってのに、集約されて表現されている気がします。

 さて、保育参観。参加ではなくて参観なので、なっちゃんに見られないようにこっそりと参観します。見られてしまうと、「おむかえがきたからかえれるんだ♪」と思うらしく、それはご法度なのだとか。そのため、別室の物陰から覗くように見ます。まるで不審者。でも、必ずしもほかの子に見られてはいけないというわけでもないみたい。当初はわたしの気配に怯えて泣いていた子が近寄ってきたので、タッチしたりしてました。

 いつもより遅めの、9時保育開始。なっちゃんのクラスはホールで遊びますが、どうも調子が上がらないみたいで、ぼへぇ〜っと座ってました。連絡帳などの情報では、かなり力いっぱい遊んでいるのか、食事をしながら寝ることもあるらしいのですが、この雰囲気ではそうも見えない。30分ほどして調子が出てきたようで、滑り台をおしりから頭からと何度も滑る。

 9時40分。上の年代のクラスがホールに来るのと入れ替わるように、クラスの部屋へ。ここではカップを積み上げるタワーが好きとのことですが、見ている限り積んだものを破壊するのが好きな気が(笑)。ロンディ(丸いプラスチック製のおもちゃ)を持ってくるも、まだ組めないので触るだけ。そして、ままごと。ほかの子と見つめ合ったり、コップの取り合いみたいな場面もあったけど、なっちゃんまったく動じず。その後ひも通し、またロンディに戻るなどして遊ぶ。

 10時40分から再びホールへ。今度は別の滑り台の下に潜り込んでじっとする。BRIOの手押し車(品番31350)で少し遊ぶ。

 11時、部屋に戻って絵本を読んでもらったりする。途中、座布団に倒れこんで寝そうな雰囲気を出すものの、すぐに保育士に起こされる(笑)。しばらくして給食。保育士の支援もあるんだろうけど、自宅ではありえないほどキレイに食べる。嫌いなものを手づかみで投げ捨てたりもしない。一緒に食べていた男子がわたしの存在に気づいたようで(参観後の懇談で知った)、なぜかやたらハイテンションになって、なっちゃんも彼の見る方向に何かあるのかとしきりに右を向くようになり、保育士に手で目隠しされる。

 11時45分、給食終了。例によって土下座のつぶれたような変な姿勢で寝る。

 その後保育士と給食を食べながら懇談。まぁ、見たかっただけのことで、正直保育士に聞きたいことも話したいこともないんです〜ははは〜これからもよろしくお願いします〜って感じで、半分は世間話だった気がします。なっちゃんも落ち着いていて、何の問題もないそうです。自宅ではみっちゃんの遊びに興味津々で、関わろうとして、「なっちゃんだめ〜(泣)」ってみっちゃんを泣かしているのに。

 あとはみっちゃんも知っている保育士だけに、2人の違いを感じるって。曰く、みっちゃんは考える前に動くタイプで、なっちゃんは慎重にじっと見てから動き出すって。下の子は上の子をよく観察してるって言うけど、なるほどね〜。
posted by てつりん at 23:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
みっちゃんは考える前に…というより、そもそも何も考えてないような(笑)
Posted by さと at 2011年12月29日 07:46
あ〜、わかる〜。
実は天才肌で、一瞬だけど一応考えているんだと信じたいところがあるけれど。
Posted by てつりん at 2011年12月29日 21:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック