2012年02月05日

シャトレーヌの夜(不発)

 Surf & Snow in Naeba 2012の終演後は、苗場プリンス館内にあるカクテルラウンジ、シャトレーヌで飲むつもりでした。

 もともとユーミンナンバーのピアノ生演奏があるってことで行きたかったのですが、キャピタルヴィレッジのブログを偶然見て、さらに行きたくなったのでした。

 というのもピアノ演奏者がかれこれ9年(上記ブログよりだから、今年で10年か)続けている人だそうで、しかも名前が斉藤久実ってのがポイント高い(笑)。久美じゃなくて、久実ってのがね。えぇ、わかる人だけわかってくれればいいんです(笑)。

 ところが。終演後は長蛇の列で、ラストオーダーの2時までに入店できるという確証もない。久実さんの生演奏は0時30分からと1時15分からってことで、聴ける可能性は限りなくゼロかと。入り口に掲げられたメニューの写真を撮って退散しました。17時からとか、20時30分ってのもあるみたいなので、来年はそのへんを狙いたいと思います。

 さて、今年のカクテル紹介。飲んでませんから、説明の文章で楽しむしかないけれど、こんな感じのようです。


【サーフ & スノウ】

 チョコレートとヨーグルトの甘い香りが新雪のゲレンデへ。グラスの底に沈めた真っ赤なイチゴの太陽が白砂のビーチへと貴女を誘(いざな)います。アルコール度数の低いパフェ感覚のデザートカクテル「食べるカクテル」を是非ご賞味ください。

【BRIZZARD】

 尾根も谷間も白く煙らせ、全てを包み込む苗場BRIZZARD。歌詞の中の甘い1組のカップルをグラスの中に、吹きすさぶ粉雪をグラスの外側の粉糖で表現しました。アルコール度数が比較的高いカクテル。シャープでスッキリした味の中にほのかな甘みが香ります。

【恋をリリース】

 大人の恋物語を歌う「恋をリリース」。甘酸っぱく爽やかながら後味にほんのり香るウイスキーで、大人の恋を表現しました。グラスの外側にあるハート型のレモンは次の恋を表しています。アルコール度数が比較的低いカクテルに仕上がっております。

【オーシャンブルー(ノンアルコール)】

 明け方のオーシャンブルーと溶け出すホライズン。デコレーションで、生まれたばかりの風が海を渡って歌詞の中の二人を包み込む様子をグラスの中に表現しました。グラスの中の美しいグラデーションが貴女を「オーシャンブルー」の世界へと導きます。ノンアルコールカクテル。スッキリとした清涼感のある味わいをお楽しみください。


 ・・・書きながら、ここに野郎ひとりで突撃しようと思っていた自分が少し恥ずかしくもなり。貴女でもなければ、カップルでもないしね。それでも来年は、開演前の生演奏を狙って行ってみたいところです。誰か一緒に行く(笑)?
posted by てつりん at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック