2012年02月08日

2012年1月 月例報告

 月の初めは苗場関連特別編成(?)で後回しになっていましたが、月例報告のお時間でございます。

 いつものことながら、ご来場誠にありがとうございます。自己満足の世界にも至らない、個人的な備忘録みたいなことしか書いてない気がしてきたけど、それでもお越しいただけることに感謝。先月はこんな感じでお越しいただいてました。


1 中型限定解除 61(5)
2 プレマシー 57(4)
3 北野食堂 27(6)
4 福袋 26(1)
5 3can4on 17(3)
6 ウォルドルフ人形 16(14)
7 ネタバレ 15(2)
8 中型 限定解除 11(ー)
9 色情難 10(ー)
10 人形 9(20)

検索数 1,020 (12月1,180) 
訪問者数 2,170 (12月2,145)
ページビュー数 10,760 (12月10,280)


 福袋のネタバレフィーバーもおさまって、いつものトップ3が順当な位置に戻ったという感じ。平穏を取り戻したという感じなのでしょうか。それでもアクセス数、検索数、ページビュー数に特に大きな変化が見られないので、おそらくいつもの常連さんに支えられながらの数字なんだと思います。そして第一腰椎圧迫骨折は、20位圏外に消え去りました。

 20位までで気になるのは、まず9位の色情難。白山さんのおみくじで、よくわたしが引き当てるキーワードなのですが、同じように当ててしまった人がたくさんいるんじゃないかと(笑)。そういえば先日の苗場で、ちゃんこ谷川で人に話しかけて会話が弾んで、シャトレーヌ前でも再会したってことがあったけど、あっちはカップルでしたから色情難とは無縁のはず。

 あとは松任谷由実とか、帝国劇場が出てきました。10月に、貫地谷しほりと一緒に何かやるみたいですよ。タイトルは「夏休みの最後の日(仮題)」。「帝劇がユーミンの世界観で満たされる」とのこと。個人的には中島みゆきの夜会を観たことがあるので、お芝居と歌のコラボというと真っ先に浮かんでしまうのですが。中島みゆきは多分に実験的な要素を持っており、それが難解とも言われる所以なんだろう。わたしは初見の楽曲に浸りながら、「あぁ〜、中島みゆきっていいよね〜」、「夜会、すごいよね〜」と単純な感想を抱いて帰ってくるので、あんまり難しいことは考えないんだけれど。きっとユーミンは、もっと大衆的な、わかりやすいところを狙ってくると思います。それにしてもこの年になって、今年でデビュー40周年で、まだ新しいことをやろうってエネルギーに感心します。

 さて、2月。例年と違って苗場のネタバレを仕込んでみましたが、それがどう反映されるのでしょう。いや、別に、誰かに見てもらおうってつもりもなしに書いているから、別に反映されなくてもいいんだけれど。ここのネタバレ読むくらいなら、YーMODEと検索してネット配信がいいんじゃないかなぁ。観た上で、ほかの人の持った感想を収集して、いろんな価値観に触れることには、とっても意義があると思うけどね。
posted by てつりん at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 月例報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック