2012年02月13日

古式と現代式

 ひな人形を飾ったというのがきのうの話。1才5か月でも触らないように言えば触らないんだということに感心しつつ、今のところお内裏さまが抱っこされてたとか、頭をあむあむされてたとかいう悲喜劇は起こらずにいます。

 それでもなっちゃんが触りたそうなのが、きのう近所のスーパーで買ってきたひなあられ。やはり食い意地が張っているだけあって、食べ物のニオイがわかるのか!? 食べ物の絵とか写真のカードといった紙製のものは、順番にあむあむされて廃棄処分になってるし。

 ところでこのひなあられ。いや、右側はマシュマロなんだけど、京雛と現代雛の、2種類の並びがあることに気がついた。お内裏様が向かって左に来るのが現代雛だったか。
2012021301.JPG

 こういうのを見ると、どこで製造されたお菓子なのかってのが気になる。調べてみたくなる。まぁ、そんなどうでもいいことを気にする体質なんです。飲み会のネタになるかも知れないしね。もっとも飲み会でそんな話をしているヤツは嫌われそうだけど、新潟県から東側で売られているカップ麺と、西側で売られているカップ麺は、同じ銘柄の同じ味でも、微妙に味が違うんだぞ(実食して確認済み)。

 結論。現代風の並びをしている左側のひなあられは新潟市の栗山米菓製造。京風(古式とも言うらしい)の並びをしている右側のマシュマロは、世田谷区のエイワ製造。どういうこだわりでそういうパッケージにしているのかは謎です。
posted by てつりん at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事っぽい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック