2012年02月19日

輸入車ショウに行く

 輸入車ショーじゃなくて、輸入車ショウ。事前に400円の前売り券を買って、きのう出かけてきました。家一軒分の高額なクルマも展示されてたけど、わたしの家に比べたら安かったなぁ(コラ)。

 後述の理由で輸入車を買うつもりはあんまりないけれど、欧州系の輸入車は国産とは違った発想で作られている部分があって、最近その部分にものすごく惹かれるんです。

 具体的には、車体に対して小型のエンジンを載せて、パワー不足をターボで補う。こういうモデルって、国産車には存在しないじゃない? スバル勢はターボ大好きだけど、NAでも必要十分なエンジンにターボを載せているからねぇ。エンジンが小さいからなのか、低速から太いトルクを出せるからなのか、結果としてある程度の燃費性能があったりする。そして試乗したことはないので正確なところはわからないけれど、きっとその低速トルクのおかげで、同クラスの国産車にはなかなかない乗りやすさがあるんじゃないかと思うんです。そういう考えの延長線上に、マツダのディーゼルに期待したりする考えが出たりするんだけどね。

 さて、入り口から反時計回りに見て回ります。場内のいろんなところから、「ぼふっ」って感じの、輸入車ならではの素敵な重厚感あるドアの開閉音が聞こえてきます。主要なブランドで出展してなかったのは、日産のお店でも買えるルノーと、アルファロメオやフィアットのイタリア勢、あとはフォードとそのグループ(ジャガーとか)かな。まずはボルボから。

 知りませんでしたがボルボも、小さめのエンジンをターボで補うコンセプトのモデルが増えてるんですね。しかも、S60とかV60とかを見ていましたが、意外と安い。といっても、2.5Lクラスのスペックのワゴンに、ボルボの味代とか豪華安全装備代とかを勝手に値踏みして考えると、実際のお値段はそれよりも50万くらい高い。「これくらいの内容で、この値段だったら、妥当だな(買ってもいいな)」と思える輸入車は結構少ない。まぁ、そんなことを考えて輸入車を買う人はいないか、味代にもっと高い金額をつけたりしてるんだろうけど。

 続いてはプジョー。フランス勢はそういう意味で、個人的には価格に納得できるモデルが多い。欲しくなったクルマその1、プジョー308の何だったかな? ターボモデルで100台限定だけど、300万円を軽く切るお買得価格。1.6Lのエンジンで、2.5Lクラスのトルクが低回転から沸き上がるような、国産には今のところ日産ジューク16GTくらいしか思い当たらないコンセプトのモデル。
2012021801.JPG

 シトロエンとポルシェを経て、フォルクスワーゲンへ。シトロエンはピカソが注目を集めていましたが、なかなかこのスタイルを乗りこなすのは、人を選ぶ気がするなぁ。そしてやっぱり欲しくなったクルマその2、以前も見に行って、いいなと思ったシャランに足が向きます。これも1.4Lのエンジンにターボをつけて、2.5Lクラスのトルクを出すというモデル。ちなみにスライドドアではないけれど、同じエンジンを搭載した1サイズ下のトゥーランは展示されていませんでした。ティグアンにもちょっと興味があったのに、展示されてなくて残念だったなぁ。
2012021803.JPG

 次はアウディ。A1が意外と安くてかっこよかった。このお値段なら買ってもいいなと思える、お買得モデルだと思うな。独身で今くらい稼いでいたら買うかな? いや、買うならもっと自己主張の激しい、ボルボC30を買う気がするけど。実は松任谷正隆氏絶賛のQ5(Q7だったかも?)を見たかったんだけど、これまた展示されておらず。

 一番奥はジープ。一時期よく道で見たチェロキーも、ずいぶん洗練されたデザインになったなぁと思いながら、ここまででかいとうちの自宅周りの環境から考えると非現実的過ぎる。大人気だったので近寄りにくかったミニ→BMWの1シリーズ→支社長が乗っているのでちょっと気になるX1→メルセデスと軽く流しながら終了しました。BMWとかメルセデスって、そうでないのに乗ってる人には申しわけないけど、オーナーの「どうだ!」って感じのドヤ顔が浮かぶようで微妙。なんて言えばいいんだろう?クラウンとか、レクサスとかのポジティブなイメージではなく、ネガティブなイメージがわたしにとってはより目について下品な感じがして嫌だって感じに似ていると言えばわかってもらえるんだろうか。

 最後に欲しくなったクルマその3。スマートの電気自動車。発売予定車につき、お値段は不明。スマートは、お値段がスマートじゃないくせに、内装はしょぼいからなぁ。ドアを閉めると「ぼふっ」って感じの音じゃなく、、昔の軽四みたいな実に情けない音がします。形は好きなんだけどねぇ。
2012021802.JPG


 会場を後にして、いつもお世話になっている近くのマツダ販売店へ。このクルマが、きょう見た中で一番価格妥当性もあって魅力的だったな。ちなみにまだ発表されただけで、正式なカタログも試乗車もないそうです。
2012021804.JPG

 ざっくり印象を話すと、写真で見るイメージより車高が高い。後部座席の快適性は、日産デュアリスなんて話にならないくらいしっかりしている。いまどきのクルマにしては珍しく、ボンネットからフロントグリルが絶壁になっているというか、フロントグリルが地面に対して垂直になっているというか。うちの担当営業マンは、CXー5を買いそうな夫婦と接客中だったので、さっさと帰ってきました。そのうちディーゼルモデルの試乗に行きます。
posted by てつりん at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 試乗記・クルマ談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック