2012年02月24日

頼られる気持ち

 仕事上、してはいけないとされていることを、しました。

 マスコミにリークしたりするのはやめてくださいね(笑)。法に触れることとか、法に触れないけど道徳に触れることとか、いわゆる悪事は働いておりませんので。

 何をしたかというと、今は担当していない顧客に対して、サービスを提供しました。ホストクラブとかだったら、自分のお客さんを取った取られたで泥沼の内部抗争になるのかもね。でも冷静に考えると、なんで自分のお客さんを取られるのか。そっちの方がサービスがいいからなんじゃないの? このクルマは気に入っているけど、あの人からは買いたくない。別の営業担当者を出してくれと言うことは、悪いことなんだろうか。それに応えた店側が、別の営業担当者を出して商談に当たらせることや、新しく出てきた営業担当者は、悪いわけではないだろう。

 それがいけないことと解釈される、うちの業界が古い。今はわたしではない、別の人間が担当しているのに、サービスを提供することは越権行為だというのでしょう。では、なぜ今の営業担当ではなく、過去の営業担当のところにお客さんが来るのか。わたしは別に、過去の顧客に手を回して、引き抜いたりなんてしていない。そのお客さんが自ら、別のお客さんを連れてまでわたしのところにやって来ることの背景を考えてもらわないと。わたしがこの期に及んで何もしないで、顧客に満足なサービスを提供できなかった結果、顧客に不利益が生じたら誰が責任を取るのか。いけないことをすることへのためらいはありましたが、顧客のことを思うと、依頼を断ることはできませんでした。

 文句があるなら、こういうことをされて悔しいなら、自身のサービスレベルをもっと引き上げればいいだけの話。こんなことでとやかく言われないようなところに、早く転職したいよ(笑)。
posted by てつりん at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事っぽい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック