2012年02月27日

くだらないのできょうは無題

 苗場で買ってきたものはいろいろありますが、なかにコーヒーの酒というものがあります。「ゆきくら 珈琲酒」とでも検索すれば、情報は得られると思います。

 若干コーヒー味が薄い気がしますが、牛乳と割って飲んだりすると、酔えるライトな感じのカフェオレみたいでなかなかうまいです。カルアとも、また違った味わいで、これはこれでうまいなと。ただ、アルコール度数14度と日本酒並みなのに、アイスコーヒーかカフェオレのように飲めてしまうのもある意味危険。結構酔ってしまいました。しかもなぜかお腹が挙動不審になって急降下状態に。コーヒーなんとかってのは、わたしにとってお腹が緩くなったりする鬼門なんだろうか(爆)。

 と、ここまでがきのうの話。きょうの朝食の時間に話は飛びます。


【おならの音】

 なっちゃんはまだまだちびっこなので、椅子の下に古新聞を敷いて、食事でこぼしたものは古新聞ごとまるめて捨てています。この古新聞に、読んだはずなのにたまに気になる記事があって、読んだりするんですね。で、食べた後になっちゃんの後ろでカラダを横に倒して古新聞を読んでいると、前の日の挙動不審なお腹が帰ってきたのか、やたらとおならが出ました。ぷ〜、ぷ〜って、何回も。

 すると、食事中のなっちゃんも口でぷ〜、ぷ〜と。まねまね姉妹なので、みっちゃんもそれを見てぷ〜、ぷ〜と。大変申し訳ありません。みっちゃんのしたことを、なっちゃんが真似するってパターンも多いんだけどね。


【安いおひなさま】

 こどもちゃれんじもみっちゃんくらいの年代になってくると、結構内容が高度になってきます。ひらがなの読み(本人やなっちゃん、保育園のお友達など、身近な人物の頭文字くらいまでは読める)とか、はさみやのりを使うとか。

 で、とあるページには、ひな人形を飾ろうというのがありました。しまじろうの妹のはなちゃんのものなのですが、五人囃子まで揃っている一般的な段飾りです。三人官女とお内裏さま、お雛様、ぼんぼりを、まだ直線だけですがはさみで切って、のりで貼っていきます。

てつ「これは三人官女って言うよ〜。ほら、1、2、3。3人いるでしょう?」
  「これは五人囃子。1、2、3、4、5。5人いるでしょう?」
  「ちなみにこれは安いおひなさま(コラ)だから、こんなにたくさんいるんだよ〜」
  「ほら、うちのは、ふたりしかいないでしょ〜(笑)?」

 ちなみにうちのおひなさまは、こんな感じです。きちんとした段飾りを飾っているご家庭の皆様、安いおひなさまだなんて言ってごめんなさい。
posted by てつりん at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 迷将言行録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック