2012年04月16日

でんしゃはうたう

 先日行った福音館書店で、こういう本を買ってきました。わたしのオススメじゃなく、さとが選んだんだけどね。
2012041601.jpg

 わたしが選んだわけではないので、内容についてはまったく知りません。で、さとが「この本はパパに読んでもらうといいよ〜」と娘たちに言うのと、「よんで〜」と言ってくるので、内容未確認の段階で読むことにしました。

 いや〜、なかなか音読が難しい。読むのが難しい絵本っていろいろあるけれどね。言葉遊びみたいなのでうまく読めないとか、語感やリズムを大事にしているみたいでそこを意識したほうがうまく読めるとか。ちなみにこの絵本は、語感やリズムも大事だけど、それよりまず知識がいる気がする。

 例えば、本文は次のような感じ。括弧内はわたしの解説です。
とろるるるー(発車ベルの音) はっしゃしまあす(車掌の声)
ぷしっ ごろろー(ドアが空気圧で閉まる際に、ドアが動く音) ぽっ(閉まりきった音?)
とっ どだっとおーん どだっととーん どだっととーん(走行音)
たたっ つつっつつ たたっ つつっつつ どどん(速度を増した走行音)
ぼっ しょん しょん しょん ふっ しょん しょん しょん たたっ(対向列車とすれ違った音)
ごどん どどっどど ででん だだっだだ だだん(鉄橋を渡る音)
ぎぃー ぎょぎょぎょぎょ だだっ だだどどん(急カーブを曲がった音)
ととててかかっ つたつたかかん ぐぐぐぐぐー つたつたかかん とててこかっか(駅構内のポイントを通過する音)

 確かにさとが読むには難しいだろうなぁ。絵があるとはいえ、何の音かをイメージしながら読む必要があるし、そもそも電車の走行音だからある程度のスピードもないと。この本をうまく読める、鉄な方を広く募集いたします。我こそは!というかたは、自宅またはどこかで、娘たちを前に読んでいただくという形でオーディションをしたいと思います(笑)。
posted by てつりん at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児(おもちゃ・絵本・買い物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック