2012年06月06日

太陽面の金星通過

 「耐用面の近世通過」って、個人的には許しがたい頭の悪さだ。いつかATOK買ってやる!!

 それはさておき、表題のものを見ました。不覚にも先日の日食メガネを自宅に忘れてしまったものの、先日のわたしの逆パターンのように、誰かが持っているのを使ってみんなで観察できました。

 個人的にものすごく悔しかったのは、裸眼で見えなかったこと。「あれかな〜?」って感じのものは見えたけれど、日食メガネについたシミとか、自分の視界に映りこんだ目やにとか(爆)、その他よくわからない雑多なものとの見分けに自信がなくてねぇ。

 結局、夜にクルマを運転するときとか、夜に鉛筆の文字を見たりするときとか、映画やコンサートといった暗い場所での催し物を観る時くらいにしか使わないわたしのメガネと併用して、ようやく太陽のなかにある黒い点を見ることができたのでした。

 ちなみにさとは視力の関係で見えなかったそうです。きっと二度と見られないから、もっと執念を燃やしてもよかったのにみたいな話をしたら、どうせ長生きして次のチャンスがあったとしても視力の関係で見えないのは一緒だからどうでもいいとの答えが。ある意味、何かを超越してるコメントだと思ったね。
posted by てつりん at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック