2006年12月14日

定期診察

 仕事を午後休みにして、病院に行ってきました。本来は16日の約束だったのですが、その時は旅行中だということで前倒しに。

 先日飲んでいる友人に、がんばって立位体前屈している写真を送りつけたこともあるくらいですから、経過は順調だと思います。医師にも「ようやくここまで来ましたね」と言われたし。ただここまで来るのに、半年かかるとは思わなかったのが正直なところ。全治と完治は違うんだということが、この一件でよくわかりました。だって立位体前屈、体育の時間風に測定したら、おそらくマイナス3〜40cmくらいだと思うし。膝に手が届くかどうかという感じ。

 そろそろコルセットは、はずす方向で生活していこうということになりました。体幹の筋力が弱っていくような自覚症状があるだけに、いつまでもコルセットに頼って動いているのはやはりよくないのだそうだ。起立筋(こんな字を書くのだろうか)が弱っているので、それを戻すために腹筋や背筋を鍛えていく必要があるのだそうです。したがって自宅にいる間くらいは、はずしていてもいいでしょうとのことでした。

 次回は1月20日。MRIの撮影をするそうです。
posted by てつりん at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 第一腰椎圧迫骨折 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック