2012年12月26日

Back to the 1974

 会社の冬休みは、カレンダー通りの29日からです。仕事納めが28日。

 ところが今年は28日に、さとが数年来の念願かなって吉井武道館に遠征。それに付随して帰省したらどうよ?ってことで、28〜30日まで千葉県内に滞在予定。正月を実家で過ごさないのは、いつもと違う年末年始を過ごした年はろくなことがないからです。

 で、31日に大掃除とかってのは慌ただしいので、わたしは28日のほかに27日も休暇をとって大掃除大会。そして26日には会社の大掃除をしていたのでした。

 すると出てきたのが、1974年の新聞。わたしの産まれる少し前ですよ。会社の同僚が見つけて、わたしに教えてくれたのでした。

 いや〜、読んでると興味深すぎです。1面の左上には、田中首相がどうたらこうたら。別のところではベア(ベースアップのことで、定期昇給とは別に給料が上がる)がどうたらこうたら。これを見なかったら、ベアなんて一生忘れた言葉になっていたかも知れません。さらには、月給が2万とか3万とか上がるって話も載ってた。でも、それを吸収する勢いで物価が上がっているので、首相には物価対策もお願いしたいという市民の声が。あとは10万円を5年間預けたら、15万くらいになるよって大手銀行などの広告が。今だったらどんな怪しい金融商品だよって思うけど、この頃はまとまった資産があれば、それの銀行利息だけで飯が食えたんでしょう。テレビ欄を見れば1時間番組はすべて00分からのスタートで、美しい時刻表のよう。NHK教育は14時30分から17時まで放送休止だし、民放は7時スタート。24時過ぎには砂嵐の世界へ。

 でもねぇ、今とちっとも変わらないところもあって、ある意味感心しましたね。

 non-noとan・anがある。宝くじがあたったら、会社を辞めてぶらぶらしたいと語っている人がいる。生活の不安を訴える人がいる。政府与党が憲法改正を目論んでいる。ピラミッドの中だったかに、最近の若いものはどうたらこうたらって内容の落書きがあるって話を思い出しました。
posted by てつりん at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事っぽい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック