2013年01月06日

ルンバくんがやってきた!

 正月気分も薄れつつあった4日。お互いに休みを取ってデートを楽しんだ後に、ちょっと家電量販店に立ち寄りました。

 実は、一緒に住むようになってかれこれ10年以上。その頃から使っていた掃除機が、そろそろダメっぽいということで、新しいものを品定めに来たのでした。

 ところがさとの心には、あのルンバがありまして。結構前からルンバを買うことを目標に掲げていた気がするし、ルンバが当たる懸賞には必ずそれなりの努力を重ねていました。。そして少し間をおいて、心を鎮めて(燃え上がらせて!?)、ポチったら本日到着しました。がんばって説明してくださった家電量販店のスタッフには申し訳ないけど、密林価格の魅力は捨てがたかった。
2013010602.jpg 2013010603.jpg

 普段使いの道具には結構お金をかけている家だと思うんだけど、それだけのお金を使うんだったら、ルンバを買うのと大差ないのではないか? そして、自動で動いてくれるのはとてもありがたい。そういうさとの判断によるのと、10万でお釣りがくるくらいだと思っていたルンバの価格が、そうねぇ、上位機種の一般的な掃除機と同じくらい、デザインがクールなサイクロン式掃除機の先駆け製品よりもかなり安いとなれば、もはや買うしかないでしょうってことで。

 ちなみにシャープのCOCOROBOとの比較で店員さんが説明してくださったのですが、ルンバは男の子でCOCOROBOは女の子なのだそうだ。ルンバだと壁にガシガシぶつかって障害物を検知するので、白い壁に傷をつけることがある(実際説明書には、漆喰や珪藻土などの塗り壁には向かない旨が書かれている)。実際に動いているところを見る限りは、ガシガシぶつかっていく時と、何を認識して動いているのかそ〜っと触るように動く時があるので、このへんの制御に改良の余地がある感じはします。で、COCOROBOは、赤外線だったかで障害物を検知するので、壁にガシガシぶつかって行ったりはしないらしい。音もややルンバより静かなんだったか。まぁ、うちの環境だとルンバで十分だな。心配されたソファーの下も、ぐいぐい入り込んでしっかり働いてくれます。
2013010604.jpg

 娘もルンバくんと呼んで、怖がってみたり怖いもの見たさで近寄って行ったり。ただし、ルンバ本体の清掃方法に、このようなことも書かれているので気をつけましょう。えぇ、いいことばっかり書くと、ステマかと思われますからね(笑)。

 「すき間のホコリを、一般的な掃除機で再び吸い取ります」。というわけで、これ1台ですべてが解決するというのは幻想であることをハッキリさせておきます。自動で掃除する機能がないエアコンのフィルター清掃とか、一般的な掃除機の働き場所はまだまだ残されています。
posted by てつりん at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック