2007年01月20日

定期診察

 ちょっとブログの記事カテゴリを組み替えました。これで骨折から治癒までをたどりやすくなるかなと。

 さてきょうは定期診察の日でした。1か月前の定期診察で、部分的にコルセットをはずして生活することや、限定的ながらジム通いをすることにゴーサインが出ていましたが、それを踏まえてどうなのか。MRIも撮ることになっていました。

 結果。もう半年経ったんだから、もういいでしょうという感じでした。MRIで見るところでは、骨もほぼ結合しただけでなく、血も通い始めているらしい。骨の間の椎体がつぶれて骨にめり込み、「ヘルニアのようになっている(主治医談)」のはもはやどうしようもないらしいが、それでもまぁきれいに治ったと判断できるとのこと。事実日常生活上の動きにはほぼ制約がないところまで動けます。股関節まで硬くなってしまったらしく、靴下のはき方がおかしいのですが、それも訓練次第で戻していけるでしょうとのこと。そんなわけで次回は6月。ちょうど1年経ったところで様子を見て、それで最後の通院となる感じでした。

 現在のところコルセットは、半日程度までの外出ならつけていません。仕事は年明け最初の頃は、半日程度でも念のためにつけて行ってたのですが、つけなくてもなんとかなりそうな雰囲気になってきました。ジム通いも最初はストレッチすら難しい部分があったのですが、体を動かすことで鍛えられて、カバーされる部分もあるのでしょう。再び通い始めて1か月ほど経ちますが、背骨を折ったので痛いというレベルはすでに通り過ぎ、普通に(?)腰痛持ちで痛いこともありますというレベルにまで低減されております。あとは硬くなったカラダを、なんとかしたいところですな。
posted by てつりん at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 第一腰椎圧迫骨折 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック