2013年08月13日

ペルセウス座流星群 2013

 今年も見てきました。ひとりですけどね。ちなみに昨年の模様はこちらから、2010年の時の模様はこちら(ただし別の内容を多く含む)からどうぞ。

 みっちゃんはわかるんじゃないかと思うんだけど、なっちゃんはまだわからないだろうな。そんなわけでって理由だけでもないけど、さとと一緒に寝ながら留守番していてもらいました。

 さて、昨年見つけた某穴場スポット。市街地から少し外れた、でも遠いなど交通の便が悪いわけではない。そして周囲に明かりはなく、ほぼ真っ暗。誰もいないだろうと思って行ったところ、なんと1時過ぎだったにもかかわらず先客が2〜3人。正直こんな場所を知っているのは、歩いてでも来られるような地元民か、ここの関係者だった人に限られるだろうし、わたしがそこにいても問題はないんだろうけど、なんとなく秘密の場所を取っちゃうような気がしたのでひとまず退散することにしました。

 そこで、ちょっと悩んだんだけど、市内有名星見スポットのキゴ山へ。昨年来たときは、それはもう劣悪な環境で、正直「二度と行くか!」ってまで思ったんだけど、どうも今年の関連イベントは前日の日曜夜からだったらしくて。確かに駐車場所に困るくらいクルマは多いし誘導員もいるけれど、投光機をガンガン動かして広大な臨時駐車場を作って、その明かりが漏れまくりってことがないだけまだマシ。帰るクルマのヘッドライトが目つぶし光線ってのはあいかわらずだったけど。赤いセロファン貼るとか、赤マジックで塗りつぶすかすればいいのに(笑)。

 1時30分から2時間近くいたでしょうか。30個以上見られました。でかいのが視界を横切った際に、周囲から漏れる「おぉ〜」って声も、聞いてて楽しいなぁって思った。同時に、そんな声が聞こえたのに、わたしの見ていた方角が違っていたみたいでわからなかった時のがっかり感も、また楽しいって思った。あとは見知らぬ周囲の人の、他愛もない雑談とか。会話の内容から、面識はないけど高校の後輩みたいなのもいた気がしたなぁ。そんなわけで、ひとり静かに見るのもいいけど、同じ場所を共有して、同じテーマで盛り上がるってのもいいなぁって思いました。ただ、もうちょっと、帰るクルマの目つぶし光線のないところがいいなぁ。

 帰ってから、自宅裏の駐車場でも見てみました。昨年、ふたご座流星群を見ることができたのでね。アスファルトの上に、大の字になって空を見上げました。空気の澄んでる感じは、山とは全然違いました。それでも5分の間に1個見えたので、がんばればなんとかなる気がしたけれど、待っている間の、いつもの星空だけどこういう時でもないとまじまじと見ない星空がいつもと同じレベルでしか見えないのは惜しい感じがするので、やっぱいいところで見るのがいいと思うな。来年は遠征でも考えてみるか!?
posted by てつりん at 06:24| Comment(5) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
遠く離れていても、
同じ流星群の話題で繋がり合えるのが、良いところ。

今年はキゴ山だったんですね。
雲の切れ間に流れ星を探した数年前を思い出します。

少人数でひっそり、
大人数でワイワイ、
方向は違うながら、僕も両方とも好きです。

思わず「おおっ」と声が出てしまうのは、
やっぱりみんな同じなんですよね。
聞いてて面白かったり、悔しかったり。

そしてやっぱり、
穴場は誰にも教えたくないような、
みんなで見たいような、
という気持ちでいつも葛藤しています。(笑)

結局みんなで行ってしまうのですが。
Posted by 恩田雅彦 at 2013年08月26日 03:40
今回は星を見ながらも、
周囲の会話がおもしろくて楽しませてもらいました。

はじめは、夜になるとテンションが上がるらしく、
ラジオの深夜放送もそんな心理を活かして作られているらしいってのを
地で行くようなしょうもないバカトークの数々。
途中からは、大きな夜空に包まれているように思えるからなのか、
それとも周囲の誰の顔も見えなくて一人の世界に近づくからなのか、
カミングアウトモードになっていく人たち。

どちらもおもしろかったので、大勢で見るのもいいなぁと。
なので来年は観音平に行けるよう、時間を取ろうと考えています。
Posted by てつりん at 2013年08月26日 22:06
来年も直前までアタフタしそうですが、
どうにか企画だけは続けたいと思っています(笑)

今年は女性が多かったので、
あまりハードな、、、とは思っていたのですが、
結果的にかなりハードになってしまいました。
かなり寒かったことと、居住空間(車)がなかったので、
寝落ちをさせてあげられなかった事とか。

と言うことで、
ひょっとすると来年は観測場所が変更になるかもしれません。

今回参加の方の中に、
裏磐梯に物件をお持ちの方がいて、
観測場所にも就寝場所にも苦労しないよ、とのお誘いが。
まだ確定ではないのですが、
もし出来るなら、そちらをお借りする事にしたいなぁと。

また、そのあたりにアナウンスを出しますので、
ご都合が合えば、宜しく御願いします。
Posted by 恩田雅彦 at 2013年08月30日 01:27
クルマは出せますよ。
というか、こういう時には出せる人が出さないと(笑)。
通常なら5人、がんばれば6人、わたし以外に乗れます。

行き当たりばったりもいいんですけど、
人が増えると事前の準備は重要になってきますね。
こっちはそのへんをあけておくようにして、
前々日とかに告知が出ても
飛び込めるようにしておきたいところです。
Posted by てつりん at 2013年08月30日 23:24
お、車が出るという事で俄然やる気になってきました。(笑)

とまぁ、冗談はさておき、
有り難いことに、ここ最近、参加希望者が増えてきています。
来年の規模がどのくらいか、まだ見当も付かないのですが、
(ひょっとしたら独りになってしまうかもしれませんけど)
ある程度の方向性は絞ろうと思っています。

実を言うと、
今回はそれなりに人数が集まってしまった事で、
星見とは関係のない登山者の皆さんの白眼を浴びたのでは?
と、思う場面があったりもしました。
仮眠中とおぼしきの皆様もチラホラ居る中で、
夜通し話をしていたに近い状況でしたので、、、

確かに、星猛者もかなり集う場所で、
観測者と登山者が半々、という状況でしたので
問題は無かったと信じていますが、、、(正直微妙)

諸問題を洗い出して、来年までに練り直します。
Posted by 恩田雅彦 at 2013年09月02日 02:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック